彼女は菜食主義者

October 11 [Fri], 2013, 17:20
彼女と出かけるでしょ、それで食事に行くってのは普通の流れなんだけど、店選びが非常に大変なのだ。というのも彼女は菜食主義者で肉を一切口にしないようにしているからだ。

菜食主義者といっても種類がいくつかあり、卵や牛乳といったものは口にするが、生き物の肉を口にしない乳卵菜食主義者、ラクト・オボ・ベジタリアンというタイプらしい。

彼女の菜食主義歴は非常に長く、小学生の頃からすでに肉を食べないようにしていたらしい。でも、小学から中学にかけては給食だったためにどうしても肉を食べなければならず、辛い思いをしたそうだ。中学を卒業してからは完全に肉を絶ったとのこと。

菜食主義になったのは色々理由があるみたいで、まずは母親が肉を好まなかったということ。菜食主義者のように肉を完全に絶つというわけでなく、純粋に肉が苦手だったということ。子どもが野菜嫌いみたいなのと同じ意味。

それから、どこかの健康集会に母親と参加したときに屠殺の映像を観てしまったそうだ。屠殺というのは人間が食べるために動物を殺す行為のこと。小学生の時にその衝撃的な映像を観てトラウマになってしまったとのことだ。

僕的には彼女の菜食主義は悪いことではないと思う。中にはエゴや不健康と称する人はいるが、自分が正しいと思うことを実践して悪いことはない。むしろ自分を通していて素晴らしいとさえ思う。動物愛護団体が毛皮や皮ジャンを反対する行動もあるが、それも同じく批判すべき活動ではないと思う。まぁ、僕は皮ジャンが好きだけど(苦笑)。

彼女の菜食主義のため、食事の場所は非常に限られてしまう。野菜料理を中心にしたレストランや、最近は知人に教えてもらった大豆料理屋もよく行く。後は彼女が知っている自然食店だ。出先で「ここ美味しそう!」と僕が思うレストランがあっても素直に入れないのは少々辛いかな。ファミレスやファーストフード店は行けない。ほとんど肉が入っているからね。

ベジタリアンの女性と聞くと華奢なイメージをもたれそうだが、彼女は骨格はしっかりしてるし筋肉もちゃんとあるし普通だ。中学高校と陸上をやってたくらいだし、スポーツも普通だ。有名人でもベジタリアンで健康的な人も多いしね。僕が知ってるのでは、キャメロン・ディアスがベジタリアン。綺麗だし健康的だ。

ようは栄養をしっかり取れて入れば問題ないってことなのだろう。たんぱく質をはじめ、カルシウムにビタミン、ミネラルなどの不足しがちな栄養を摂取していれば肉を抜いても大丈夫なのだろう。

最近、脱毛エステに通っているのですが、ネットで脱毛で起きたトラブル色々あるのか調べてみました。
すると、一度脱毛サロンに体験キャンペーンで行くと、そのあとの勧誘がしつこいなど問題があるそうです。
これから、行く人はしっかり考えた方がよいでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tookuikitai122
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tookuikitai122/index1_0.rdf