子ども達の笑顔はいいですね。 

2006年04月14日(金) 17時34分
 保育園の日々は、子ども達の生き生きとした姿にあふれています。

 私達は、子どもだちのこうした健やかな育ちを守り、安心して子どもを生み育てられる環境を作るために努力を続けています。

 子どもたちの みちたりた毎日が、この国の平和で希望にあふれた明るい未来につながるよう、皆様方と一緒に考えていただければうれしく思います。

 こどもの 今が、この町と この国の 未来です。

 毎日が子育てで大変でしょうが、ご自分のお子さんを抱きしめて愛しく、豊かな親子の時間を過ごされた分だけ、豊かな親子の絆ができると考えています。

 いま。いまこそを大切にお子さんの言葉に、心の言葉に、耳を傾けてください。

子ども達を見つめながら思うこと 

2006年04月06日(木) 13時48分
 新年度の保育が始まり1週間近く経とうとしています。
大切なお子さんを お預かりしまして、心とからだが健やかに成長し、いつの日か保育園を巣立っていく姿を皆様とともに喜び合える日が来る日まで、職員一同心を込めて保育していきたいと思います。
 職員は、一人ひとりのその成長の過程を、しっかりと見つめて養護をし、心と体の基礎を培っております。
 しかし、保育園の力だけでは充分ではありません。行政、地域の皆様、保護者の皆さんのご理解とご協力があって、子どもたちは豊かな時間と、多くの体験を得ることができます。

 いま日本は、少子高齢化という流れの中で、子どもの育ちが危ぶまれ、この国の将来が心配されています。
 これからも、子どもたちの育ちを守るために、しっかりと家庭と連携を図り、地域の皆様と町行政のご協力のもとに家庭養育を補い、子どもたちが、豊かで健全な心と身体の発達を図ることができるように、私たちは努力をしていくべきだと思っています。

 この国の将来を、この町のかたちをつくるのは、この町の子どもたちです。
 子ども達は、これからたくさんの栄養を必要とします。食事の栄養はもちろんですが、愛情という栄養、社会のルールを守る栄養、自ら学ぶ力という栄養、規則正しい生活のリズムという栄養、自主性という栄養、このようなたくさんの心の栄養がとても大切です。
そしてこれは、皆さん方のご家庭で静かに少しずつ少しずつ、日々の中でしっかりと育まれ、培われていくものです。
 たくさんの 心と体の栄養を 甘やかすことなく 与えてあげてください。子どもさんは、親を見て育ちます。    
 
 私達みんなで、 子どもさんたちの夢を育み、豊かな成長を見守っていけたらと願います。  大切な次世代・未来の夢、この町の将来のかたちが子ども達です。育て上げましょう。 

みなさん、こんにちは。 

2006年04月04日(火) 13時54分
みなさん、こんにちは。
 4月1日より新年度がスタートしました。子ども達は、きらきらした瞳で、元気に保育園生活を楽しんでおります。
 子ども達には限りない可能性が秘められております。自然や人々とのふれあいの中で、たくましく、豊かに正しく生きていける力を急がずに、しっかりと身につけてあげたいと思います。
 職員一同、誠心誠意を持って努力しますので、皆様のご協力のほど、よろしくお願いいたします。質問等ありましたら、いつでもお気軽にお申し出ください。

子ども達のいる風景 

2006年04月02日(日) 10時47分
 こんにちわ。 福島保育園の桑原岳洋です。
これから、ゆっくりと、このコーナーを作り上げたいと思っています。

今日のところは、これで失礼いたします。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
社会福祉法人 福島保育園
園長 桑原岳洋
熊本県球磨郡錦町一武
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tooisora
読者になる
Yapme!一覧
読者になる