豆乳を飲んだら更年期障害が悪化!?知らないと損する更年期障害!

February 23 [Tue], 2016, 21:05
「更年期障害に豆乳が効果的だと効いて飲んだのに、
 症状が悪化したんだけど…!?」

と、あなたは悩んでいませんか?



更年期障害は本当にツラいですよね。

それで、豆乳には女性ホルモンと同じような働きをする
大豆イソフラボンが配合されているので、
更年期障害に効果的だと言われていますよね。

それで、ツラい症状を少しでも緩和できたら、
と思って飲み続けたら…

なんと、更年期障害が悪化した、と悩む人が多いですよね。


「豆乳で悪化する更年期障害をなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■豆乳を飲むと更年期障害が悪化するワケとは?


豆乳に含まれている大豆イソフラボンには、
女性ホルモンと同じような働きをするわけですね。

ですから、女性ホルモンが減ることが原因の
更年期障害には豆乳が効果的だと言われています。


しかし、大豆イソフラボンを摂りすぎると、
逆にホルモンバランスが崩れてしまって
ますます調子が悪くなることがある
んです。

ですから、豆乳を飲み過ぎると
更年期障害が悪化することがあります。

あるいは普段から大豆製品や豆類をたくさん食べている場合、
それにプラス豆乳を飲むと大豆イソフラボンの摂りすぎで
更年期障害が悪化してしまいます。

大豆イソフラボンのサプリや健康食品を摂っていて、
それにプラス豆乳を飲んだら、
更年期障害が悪化する可能性がかなり高くなりますよ。


また、大豆製品を摂りすぎると
大豆アレルギーを引き起こすことがあります


ですから、豆乳を飲んだら更年期障害が悪化した場合、
大豆アレルギーにならないためにも
すぐに豆乳を飲むのをやめることをおススメします。


■更年期障害を改善するには?


更年期障害の症状は本当にたくさんありますよね。

イライラ、頭痛、倦怠感、ホットフラッシュ、動悸などなど…

実はこれらの症状はめぐりを良くすることで
ほぼ改善することができる
んです。


ウイルスなどが原因の急性的な症状はともかく、
慢性的な症状の場合はめぐりを良くすることで
改善されるものがほとんどなんです。

更年期障害は慢性的な症状ですよね。

ですから、めぐりを良くすることで
症状が緩和されることが多いんですよ。


めぐりを良くするには栄養バランスの良い食事と
適度な運動が大切です。

ただ、ただでさえ調子が悪いのに、
栄養バランスの取れた献立を毎日考えたり、
運動をしたりするのって考えただけでも憂鬱になりませんか?


そこで、手軽に摂れるサプリがおすすめです。

「白井田七。かめ」は、
めぐりを良くする成分をはじめ数十種類もの栄養が含まれている
田七人参から作られたサプリなんですよ。

実際に多くの人がこのサプリで「調子が良くなった!」と、
満足をしているんです。


ツラい日々から解放されて毎日元気に過ごしたい
そう思っているあなたに「白井田七。かめ」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。
【白井田七。かめ】詳しくはこちら



























.