糖尿病患者に有効とされる玄米食を続けるととんでもないことに・・玄米で糖尿病は治らない!根本式糖尿病治療法
2011.04.07 [Thu] 15:44


糖尿病その他20もの合併症を抱え薬漬けの毎日、失明
・足の切断しなければならないという危機的状況からほ
とんどの症状を無くすことに成功した治療法があります。



この治療法は国立大医学部の教授らによって高い評価を
受け、医学会へ提出され、特許出願中の治療法です。



この治療法の開発者は日本ホリスティック医学協会の
根本武雄さん。



根本武雄さんがこの治療法にたどりついたのは、自身も
糖尿病にかかり、玄米食に変えて運動も始めた時に起き
たのです。



糖尿病に効くと一般的に言われている玄米食を続けて
いた根本さん、その内に冷え性などの体調不良が表れ
始めたのです。



根本さんの研究結果では、玄米食はミネラルなどの有効成
分を体から排出させてしまう働きがあるということでした。



さらに、玄米や他のいくつかの食品、野菜にはアブシジン酸
という物質が含まれており、体の中で活性酸素を増やす働き
があるのです。


活性酸素は病原菌やウイルスなどを攻撃する物質ですが、
必要以上に作られると正常な細胞まで攻撃してしまう厄介
なしろものです。


このように通常の玄米食を糖尿病患者が食べ続けると、症状
を悪化させてしまうのです。



それから根本さんが3年かけて試行錯誤を繰り返し完成させた
のが「根本式○○玄米」でした。
詳細はこちら ⇒






糖尿病予防 食事療法、間違いだらけの血糖値対策

糖尿病を食事療法で治す

糖尿病予防、糖尿病症状を緩和する食事etc.

 

糖尿病はカロリー制限や玄米食で良くならないって知ってましたか?
2011.02.14 [Mon] 16:27


糖尿病は食事制限して血糖値を上げ
ないようにすることが一般的です。



ですが、血糖値をコントロールするのは
毎日大変でいつまでつづくのか途方に
暮れている人がたくさんいます。



糖尿病の人は玄米食を勧められます。



玄米は白米や食パンより血糖値を上げない食材
なんですが・・



実は、糖尿病はカロリー制限や玄米食で良くならない
って知ってましたか?



江戸時代に玄米食から白米食が広がり、脚気(かっけ)
で死ぬ人が増加しました。


ビタミンB1不足になったためです。


肉食が一般的でなかった時代にはビタミンB1は主に
玄米で摂っていましたが、現代ではビタミンB1不足
を気にする必要はなくなりました。



玄米食が身体に良いと一般的に言われていますが、
玄米食を長期間続けている人の中に、様々な病気を
発症する人が目立ってきたのです。



本来人間の身体には免疫細胞があり、病原菌やウイルスを
活性酸素で攻撃しています。



しかし、この活性酸素、量が増えすぎると、正常な細胞まで
攻撃し、様々な病気や症状を引き起こすのです。



そして、玄米食を長期間食べ続けると、体内の活性酸素量が
増加することが分かったのです。
玄米で糖尿病は治らない!根本式糖尿病治療法





食事だけで糖尿病を治す「日本食養会」会長 藤城博のたったの3日でも血糖値が下がる「薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法」の口コミ、内容情報