邦画3本

September 05 [Wed], 2007, 16:37
「さくらん」 2007年 日

★★☆

う〜ん、劇場で無理して観なくて良かった^^;
斬新な色使いなど時代劇にしては、変わってて良い点もあったけどストーリーが全
然面白くなかったです 

菅野美穂と木村佳乃の濡れ場シーンはやってくれるねぇ♪と嬉しくもなり^^
菅野美穂は演技が上手いし、この先主役張るにはとうがたち過ぎだし、もっとバン
バン、恥ずかしがらずに脱いで女優魂を見せて欲しいですね。
木村佳乃は、花魁に見えないじょ〜〜!!
土屋アンナ・・・・綺麗で、こういうお転婆な役は合ってるのかもしれないけど
声が潰れてて勿体無いなぁ。ハスキーすぎるのよね。
この声だと色んな役は無理かもね。
廓は金魚蜂の中と同じ。
出たくても出れない。
この映画には、そこらへんをあっけらかんと生きる主人公を描きたかったのか、
それとも悲しい女郎達の姿なのか、さっぱりわかりませんね。
椎名桔平に求婚されて、吉原に花まで咲かせて貰っておいて、逃げるなんてなぁ。
手練手管もみれなかったし、主人公に感情移入できず、ただの我儘花魁としか・・。

製作年度 2007年
上映時間 111分
監督 蜷川実花
出演 土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃 、菅野美穂 、永瀬正敏

「どろろ」 2007年 日

★★☆

妻夫木聡 に柴咲コウと来れば、もう私はただでさえ可愛くてこの2人応援したいの
に週刊誌を賑わす噂のビッグ・カップルでしょ?
お似合いよね〜〜うんうん。
だけど、映画の採点はシビアにいきます^^

こ〜いう暗いタイプには妻夫木君の元気キャラは合わないんじゃないのかなぁ?
伊勢谷友介なんかなら良かったのに。。。。残念!
あと妖怪には呆れるようなものもあり、死ぬ際に血しぶきのようなものを爆発させ
て消える、ってのもちょっとなぁ^^
どろろ役のコウちゃんは、めっちゃ可愛かったけどネ!あんな男まさりの役がホン
ト合ってるねぇ^^

上映時間 138分
監督 塩田明彦
出演 妻夫木聡 、柴咲コウ 、瑛太 、杉本哲太 、土屋アンナ 、麻生久美子

「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」 2006年 日

★★★

23歳のまゆみ(広末)が、母の真理子(薬師丸)を探すため、母が作ったという
ドラム式洗濯機で17年前にタイムスリップ。
好景気に浮かれて、華やかで活気があった東京の街へと・・・・。
ディスコへ行くと飯島愛が先頭切って踊っているし、TVではオノヤスシが古いギャ
グの連発。
女の子の眉は太く、肩パットが入ったボディコンワンピが大流行の時代。前髪を立た
せるのよね!
1990年ってこんな感じだったっけ?
いや〜〜折角だからもっと見せて欲しかったなぁ。
この時代に阿部ちゃんがモテタのは、わかったから(笑)
ライバルの風間トオルなんかも出したって良かったんじゃないのぉ?
飯島直子、八木亜希子なんかも本人役でちょい出。
何でもありぃのバブルの頃に携帯電話がまだ普及されてなかったり、ローライズの
ジーンズを「下がってるよ」と指摘される所は可笑しかった^^

製作年度 2006年
上映時間 116分
監督 馬場康夫
出演 阿部寛 、広末涼子 、吹石一恵 、伊藤裕子 、劇団ひとり 、小木茂光
   薬師丸ひろこ

【DVD観賞】
  • URL:http://yaplog.jp/tonton119/archive/373
P R
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
http://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS