パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

May 27 [Sun], 2007, 23:53
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 2007年 米

★★★★★



   画像をクリックすると大きくなります★

超、面白かった!!
お話がごちゃごちゃしているので、解らなくなっちゃいそうでしたが、
帰りの車の中で、思い返してみたら、ちゃんと筋道が通っている。
若干、有り得ない所もあるものの、元々娯楽映画で、有り得ない事だらけなの
で良しとしましょう^^

さて、STORYはブラックパール号の乗組員とウィルそしてエリザベスらがバルボ
ッサを船長に迎え、ジャックを救出しようとする長旅から始まる。
カリブから舞台は世界へ・・・・。
ゾクゾクきますよ。
バルボッサを蘇らせたのは、前作で登場したジャックの元カノのティア・ダルマ
ハリス)。
イギリス政府は、いよいよ持って貧しい人々から自由を奪い不条理にも絞首刑
に処していた。手枷・足枷をはめられて死刑台に並ぶ市民達は精一杯の反抗を
見せる。
「ヨーホー ヨーホー 我らはみんな泥棒 ならず者でどうのこうの」
(ごめんなさい^^歌詞忘れちゃった)という海賊を称える歌だった。
自由に生きる海賊達を目の敵にするベケット卿の冷血な仕打ちはエスカレート
するばかり・・・。

国王から権限を貰い権力を得た男の狂乱。一見高貴な紳士風のベケット卿が
一番の悪党なのが、私的には笑える〜〜。蛸男も元ガイコツ男も、コイツには
敵わないのだ。ベケット卿には感情というものがなく、あるのは海賊を絶滅させ、
海を自由にし会社の利益をあげる事・・・。

バルボッサ率いる一行は、アジアの海を仕切る海賊の親玉サオ・フェン(ヨンファ
の居場所を突き止め、シンガポールの彼の根城に潜り込む。
サオ・フェンが、ジャックのいる「世界の果て」を記した「海図」を持っている
からだ。その上、ジャックを海の墓場から助け出し、世界中の海賊長9人を集め、
第4回海賊長評議会を開くという目的があった。サオ・フォンもその海賊長の1
人だ。

そこへベケット卿の軍が現れ屋敷を破壊。
彼らの好きにさせてはならない!海賊は海賊らしく戦おう!とサオ・フェンを説得。
ある場所で落ち合う事に。

一行は海図の謎解きを解いていざ、「世界の果て」の海の墓場へと向かう。
白夜で、だだっ広くな〜んにもない白い砂だけの土地に、古ぼけたブラックパー
ル号の中でジャックは、幻覚症状をおこし、何人ものジャック自身と1人何役もこ
なし自分の幻としゃべったり時には撃ち殺したりしていた。
すっごく可愛くて笑える〜〜。
そこへ一行が現れ、「海図」を解読したジャックの力で見事に蘇る。

海の彼方ではフライング・ダッチマン号の船長ジョーンズも、ベケット卿に心臓を
“人質”にとられ、彼の言いなりになっていた。

また、ウィルの父は船の壁に同化してしまい、時々身を起こすが頭がおかしくな
っている。ウィルが父を助けるためには、ジョーンズを殺さなくては呪いは解けな
い。が、ジョーンズを殺せばその殺した者がこの船の新しい船長=「海の死者を
死の国へ無事に送り届けるため陸には10年に1度しか上がれない」という運命
を背負う事になる・・・。

ウィルの父からその話を聞いたエリザベスは、呆然。
尤も、常に戦いが絶えず展開が速いので呆然としている暇もないのだが(笑)

バルボッサの考えは、第一回目の評議会で海の底に眠る女神カリプソを、皆で人間
の体に閉じ込め、その偉大な力を封じ込めたのだが、これから開く評議会でその
カリプソの呪いを解き、世に放てば、ジョーンズや脅威のベケット軍を撃退できる
だろう、という物だった。

こういうシリーズものには、お馴染みのキャラも楽しみなわけで^^
ギブス(マクナリー)に、義眼のオヤセさん、ラゲッティ(クルック)と禿げでチビ
デブのピンテル(アレンバーグ)バルボッサのペットの猿のジャックなどなど、
今回もいい味を出します。後半海賊になってる2人組にも笑えたし。
勿論新キャラも。チョン・ユンファは貫禄ばっちりでした。
ジャックの父というそっくりな男もカメオ出演します。

そして今回一番の大活躍は、“海賊の王”に任命されるエリザベスことキーラかな?
アクションてんこもり。誰かが言うんだよね。「お前たちは行き当たりばったりか?」
でも案外そうでもない。深く考えてはいないかもしれないけど真っ直ぐに彼らの信念
は通っている(一見そう見えないんだけど。そこがまたいいのよね★)
ラブもあり。海賊のプライドを賭けた(金じゃないのよね)戦いあり。

そうそうカリプソが彼女だった事は意外で、ちょっと納得いなかい点でした。
しかも・・・蟹?女神の復活はもっと神々しいものであって欲しかったかも^^
だけど、辻褄はあってるんだよねぇ・・・良く練られた構成です。
見所も満載!ちょっとした仕掛けにもにんまり★

「敗北」を悟った時の呆然としたベケット卿の顔が良かった!
まだまだ書き足りないのですが、時間の方がないのでこの辺で失礼♪
ヨーホー ヨーホー!!

製作年度 2007年
上映時間 170分
監督 ゴア・ヴァービンスキー
出演 ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ
ジェフリー・ラッシュ 、ジョナサン・プライス 、ビル・ナイ
チョウ・ユンファ 、ステラン・スカルスガルド 、ジャック・ダヴェンポート
トム・ホランダー 、ナオミ・ハリス 、デヴィッド・スコフィールド
ケヴィン・R・マクナリー 、リー・アレンバーグ 、マッケンジー・クルック
デヴィッド・ベイリー 、キース・リチャーズ

【映画館での観賞】
あの子供、超可愛かったですね★
箇条書きで思い出しながらの追記です(笑)

それと、ウィルとエリザベスはあ〜いう形になってしまいましたが(でもそれで
幸せそうなのでOK!)
ジャックは、またもバルボッサに船を奪われてしまいますねぇ・・・(='m') ウププ

ジャックの「冒険」は一生続くのでしょうね。

パート3で完結だと思っていたのに、まだ続くそうです。

大好きな彼らに会えなくなるのは淋しいけど、いつまでもダラダラ続くのには

賛成しないなぁ・・・・。「LOR」のように潔く終わって「伝説」になってほしいのが

1ファンである私の望みです
  • URL:http://yaplog.jp/tonton119/archive/316
P R
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
http://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS