ブラッド・ダイヤモンド

April 12 [Thu], 2007, 1:13
「ブラッド・ダイヤモンド」 2007年 米

★★★★★



1990年代の後半、アフリカのシエラレオネでの激しい内戦を描いた社会派
アクション映画。
アフリカのあちこちで石油・象牙などを密輸されては国民の知らない所で「大金」
が動いている。ダイヤモンドもまたしかり・・・。

恐ろしいのは、アフリカ人の無知を白人が上手く利用している事実。
政府とそれに対抗する“反政府組織”RUFが戦うための資金源の1つがダイヤ
モンドで、彼らは意味もなく殺し合うためにダイヤを採掘している。

双方に武器を売り懐を肥やす人間がいるかと思えば、ダイヤを密輸して不正取引
で儲けている男達、その上さらにダイヤの値をつりあげるため、採れたダイヤを買
収、保管している大企業がある。表向きは「キンバリー・プロセス」にのっとたと
言いながら。

自分達の利益のために、アフリカ人を争わせ血を流させている事に悪びれる事
もないのである。「アフリカはどうせ病んでいるから。」

物語はある漁村での父子の会話から始まる。
漁師のソロモン(ハンスゥ)は自慢の息子ディア(クイパーズ)と帰路に着
いた。ある日の夕方、学校帰りのディアは今日の授業の内容などを話し一人
前の医者にしたいと夢を託しているソロモンは、目を細めながら聞いている。

と、そこに武装したRUFの男どもがジープに乗って現れ、村を襲撃。
兵士の中には子供も多数いて、平気な顔で撃ちまくっていた。
大抵の女子供は殺され、逃げ遅れた者を1人ずつ物色して射殺か、腕を切り
落としていく。
ソロモンは咄嗟に妻や子供達を逃がすが自らは捕まり、鋭い斧でその腕を切
り落とされる寸での所を、リーダー格が「ちょっと待て。そいつは使える」

働けそうな男は奴隷として使う。
RUFのメンバーは、武器を手に奴隷にした男達がダイヤモンドをくすねないか
見張るのも役目なのだ。(自分らの手で探せよ、このおたんこなす!)

襲撃の結果、家を焼かれ家族を失いそれでも生き残った人間らは難民となる。
政府も難民の収容には頭を抱えていた。

そして、レオの登場だ。
ダニー・アーチャー(ディカプリオ)は、ダイヤの密輸で稼ぐ傭兵上がりの冷酷な
男。ソロモンと監獄で出会うがそこで聞いた噂は大きなピンク・ダイヤモンドを
発見し埋めたらしいという事だった。

そのダイヤ、絶対に欲しい!
ジャーナリストのマディー(コネリー)、傭兵時代の上官コッツィー大佐(ボスロー
を上手く利用し、ソロモンの家族を救いピンクのダイヤを横取りしようと目論む。
こんなアフリカとは永久におさらばしたい。
ピンクのダイヤはその脱出資金に・・・。

かくしてそれぞれがそれぞれの思惑でダイヤを探して奮闘する。
手に汗握るアクションが多々あるものの、社会派のエッセンスが効いていて
ただのアクション映画ではなくなっている。

RUFにディア達少年が攫われて、チャイルド・ソルジャーとして洗脳されていく
サマもたっぷり描かれている。
子供達は、恐怖や薬漬けにされて「人殺し」へと変貌していく。
大人に利用されているにも拘らず、人を平気で殺した後、ミュージックにのせ
踊る子供達の姿がズッシリ来る。

ソロモンの息子を取り戻そうとする執念や家族愛、正義感に目覚めていくアーチ
ャーの心の機微、そして血塗られたダイヤモンドの行方を、スリリングな銃撃戦
を交えながら、しっかりと描いている良作。

アーチャーとマディーに生まれる特別な絆も忘れてはならない。
下手にくっついたりせず、その分記者の葛藤、真実の報道のあり方を問う一面
や、アフリカの難民やチャイルド・ソルジャーの実態を掘り下げて描いている
所が気に入りました。

ディカプリオも、渋い演技を見せるし、ジャイモン・フンスーも上手い!
その鍛え抜かれた胸筋・腹筋! ジェニファー・コネリーも才女で、タフな女
にピッタリ! 
最後にもう1つ。
ソロモンが、ショウ・ウインドウに飾られたダイヤモンドの首飾りを見るシーン。
こんなもののためにどれだけ多くの血が流されたのか、どれだけ多くの家族が
引き離さされたのか・・・そう思った事でしょう。

こんなもののために・・・。
だけど、「こんなもの」が好きなんですよね。女は・・・・。
(後「愛」本の愛田社長も!笑)

原題 BLOOD DIAMOND
製作年度 2006年
監督 エドワード・ズウィック
出演 レオナルド・ディカプリオ 、ジェニファー・コネリー 、
   ジャイモン・フンスー 、マイケル・シーン 、アーノルド・ヴォスルー 、
   カギソ・クイパーズ
   
【映画館での観賞】
  • URL:http://yaplog.jp/tonton119/archive/289
P R
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
http://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS