ポビーとディンガン

September 18 [Mon], 2006, 21:45
「ポビーとディンガン」 2006年 豪/英

★★★

世界的なオパールの採掘地として知られる、オーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。
引っ越してきて1年のウィリアムソン一家は、パパのレックス(ヴィンス・コロシモ
と、ママのアニー(ジャクリーン・マッケンジー)、お兄ちゃんのアシュモル(クリスチャン・ベチャース)そして9歳の妹ケリーアン(サファイア・ボイス)の4人暮らし・・・

しかし、ケリーアンは彼女にしか見えない友達のポビーとディンガンと常に一緒。
学校でも、レストランでも人目もはばからず、そこに本当に誰かいるかのような
言動で、親ももうそろそろ学校のお友達と遊んでくれないと・・・と、頭をいためていた。

とはいえ、オパールを採掘して、お金を儲けようだなんていってるパパも、それで
もOKしてこの町へついて来たママも夢見がちな人間だ。

オパールは何百年も昔に海だった、この地の(今は海は干上がり鉱山だけ)
どこかに眠り続け、目に見えなくても 夢が見れる。夢が膨らみ深く掘りたくなる。
でも掘りすぎると出れなくなる。夢から覚めなくなる・・・・。

ある日、苦肉の策で、パパとアシュモルが採掘に行く時に車にポビーとディンガン
も同乗させよう、その間ケリーアンはママと お友達の所で遊んでおいで、という
事にする。あたかも そこに乗せたようにシート・ベルトまでして・・・。
何だか見てるだけで疲れるかも^^

勿論、存在しないので気にもかけず帰ると、ケリーアンは「2人はどこ??
置いてきちゃったのね!!暗がりを怖がってきっと怯えているわ!!
パパ、連れてきて!ポビー達を捜して、お願い!」とヒスをおこす。

可愛い娘のために、真夜中の鉱山に行き「ポビー!何処だぁ??出ておいで〜」
「ディンガン〜〜!! キャンディあげるから おいで〜〜」などと大声で
捜していた所を彼を好ましく思っていない隣の鉱山の採掘権の持ち主シドが
「人の土地で何やってるんだ〜〜泥棒〜〜」と騒ぎ出す。

町の警察に保護され、「盗掘扱い」
余所者に対する、偏見が爆発し、町の人々の見る目も冷ややかになっていく。
シドがレックスを起訴したせいで、裁判所から出頭命令が出る。

まぁ真夜中にあんな不審な事していたら疑われても仕方ないかぁ・・・。
しかも娘の、いもしない“友達”を捜していた、だなんて誰も信じないよね。
ケリーアンは必死に2人を捜すが、体調を崩し日に日に弱っていってしまう。

毎晩苦しそうな妹を観て、アシュモルは「僕が捜しだしてくるよ!!」
妹の書いた似顔絵(めちゃめちゃ可愛いのよ♪)を コピーしてもらいあちこち
に「尋ね人」みたいに貼ったり・・・。
行方不明になった?坑道を調べてほしいと妹に懇願され(我儘な子!)
誰もが寝静まった真夜中1人で調査する。夜中に怖かったでしょうが・・・。

ところが、坑道にはいつもケリーアンがポビーにあげていた青いキャンディーの
包み紙とディンガンにあげてた赤いキャンディーの包み紙が落ちていたのだ。

しかも!!ディンガンのおへそにあるオパールまでが・・・。
御伽噺ですね〜〜★

2人を運ぶことは出来ないけどお葬式を出してあげると約束し、葬儀屋に
オパールと交換条件で空の棺を2つと お墓を用意して貰う。

そしてパパの裁判の日が来る。

これは実写版よりアニメの方が良かったんじゃないかなぁ?挿絵なんか
めちゃめちゃ可愛いのに・・・何だろう?ハートフルなお話、大好きなのに。

どうも大人がうんうんと、御伽噺に真面目になってるところが逆に
嘘っぽくて・・・・私にはイマイチでした^^

ポビーとディンガンの葬儀には、町の人達が沢山集まるのだった。葬儀の後、
オパールをそっと返すオジサンもいい人ね〜〜〜判事もいい人だったし。

可愛いお話ですよ。子供達も可愛いし。
とくに、アシュモルが健気ですね。 

台風が近づいているせいか・・・┗(-_-;)┛オ・・オモイ…  

【DVD観賞】
  • URL:http://yaplog.jp/tonton119/archive/150
P R
2006年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
http://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS