ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

January 21 [Sat], 2006, 23:17
「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ 」 2005年 米

★★★☆

これは早く観たくてたまらなかった一作^^ 

ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニング共演のスリラー。

(ーΩー )ウゥーン この映画はこの2大スター競演なのに全く評判にならなかったので

期待しつつ多分そうでもないんだろうなぁと思って観ました。

それで「正解」(笑)

この手は私の好きな映画だけど・・・・鈍感な私でも「謎」が直ぐわかっちゃったんだよね。

ダコタ扮する9歳のエミリーは母親が自宅のバスタブで手首を切り血まみれになって
息絶えていた姿を目撃・・・・。以来、頑なに心を閉ざし病み始めた。

デニーロ扮するディビッドはエミリーの父親(祖父でもおかしくない年齢だが^^)は 
心理学者で、昔の教え子がエミリーの心のケアにあたっていたが

郊外のな〜んにもない静かな湖畔の家に環境を変えるために引越しをする。

この父子、対話が不自然で、韓国映画の「箪笥」をふと思い出した。

エミリーは ”頭の中で作った友達”チャーリーと 「かくれんぼ」をしたりゲームを

しているらしい。

バスタブに「お前が殺した」だの「またやったな」など異常者まがいの落書きやら

猫の死体・・・・果ては・・・。

チャーリーとは、果たして何者なのか?

ホワット・ライズ・ビニースに雰囲気が似ていると思ったけど・・・(あっちは夫婦こっちは父子)

後半にさしかかるまで欠伸が出たしストーリー的にもイマイチだったけど

ダコタちゃんの演技が素晴らしいので星4つにしました^^

でも期待しないほうがいいですよ(笑)

ネタバレになるけど「シークレット・ウィンドウ」に 激似です^^

【DVD観賞】
  • URL:http://yaplog.jp/tonton119/archive/1
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
私の簡単プロフ
■HN:とんちゃん
■趣味:映画鑑賞、工芸、水泳、ドライブなど
■当分ずっと激務です・・・(ノ_・、)シクシク
■blogについて:コメントもして廻りたいのですが
忙しい時はTBだけですみません
後TBし忘れていたら、ごめんなさい。
反論コメントは凹むのでお手柔らかにお願いします。
楽しくやっていきたいです★
■映画タイトルの横の年数は日本で公開された年数です

■BLOGのスキン、プロデュース:by d・mama
最新コメント
  • {$BlogCommentEntryTitle$}
    ⇒ {$BlogCommentAuthorLink type="Url"$} さん ({$BlogCommentDate format="%m/%d" language="jp"$})
P R
http://yaplog.jp/tonton119/index1_0.rdf
お気に入りのブログ★
SEO / RSS