となー、消耗品、格安、楽天、最安値、回収、買取、カートリッジ、市場、とは、動向、評判、シェア、無料、シャープ、汎用、海賊版、互換

トナーカートリッジ326@激安|最安値|リサイクル|キャノンの選び方 / 2016年02月24日(水)
トナーカートリッジ326

キャノンいわく
2,100枚で8,100円の

モノクロレーザープリンターのトナーです
(税抜き)

こちら純正品 >>> トナーカートリッジ326




トナーカートリッジ326の基礎知識


レーザープリンターや複合機に
コピー機の消耗品としてトナーがあります

メーカーは純正トナーを推進します
純正トナーは高品質で安定しているので

優秀な消耗品ですが
価格は高いです

ものによりますが
4万円以上や

8万円と高額トナーもあります
純正トナーは

メーカーにとって利益の源泉です
メーカーの他にも

メーカーの子会社
卸店
販売店
量販店


その裾野は広いのです

場合によっては
トータルで本体より

消耗品が高くなる
こんなことがおこります

では
純正トナー以外にリサイクルトナーがあります

こちらは
価格が安いのが大きな特徴です

>>> 【国内生産】キャノン Canon カートリッジ326 リサイクルトナー


トナーカートリッジ326はもともと
大型なプリンターではありません

むしろかなり小型です
なのでトナーカートリッジも小さめです

定価が4万円もしません
結果、リサイクル品も

純正に比べると安いです

リサイクルトナーは
メーカーとは関係ない業者が販売している

中古品です

よくあるのが
使用済みの純正トナーの空を引き取り

クリーニングや
部品の交換などをえて

粉を注入して
再販するもの

ラインで製造するのと違い
人件費がかかる

リサイクルトナーのいいところは
価格が安い

中古と考えれば
価格が安いのも納得

しかし
リサイクルトナーにはデメリットがあります

中古ということで
品質に劣る

メーカー以外の業者が様々なので
品質管理にばらつきがある可能性がある

どこまでクリーニングをしているかは
不明

即納品のリサイクルトナーは
もともとは誰がどこで使っていたものかわからない

メーカーと対の
リサイクル品は裁判が起こる可能性がある

初期不良でどこまで補償できるかわからない
何が原因を突き止めるまで時間がかかる
など

価格が安い以外に
結構何か問題が起こったら面倒なことが予想できました

これは
リスク管理しましょうということになります

純正トナーとリサイクル
実はもうひとつ共通トナーというのがあります

トナーは厳密にいえば3つあるということです

共通トナーは
メーカー同士のOEM供給なんかで流出するトナーで

高品質で価格も純正トナーより安くなる
場合によってはリサイクルトナーより安いルートがあります

複合機でもプリンターでも
根っこは同じメーカーでが作っている場合があるんです

そのプリンターの消耗品も
当然根っこのメーカーが作ります

そして
安い価格でメーカーに供給する

それが共通トナーとして
流通経路ができあがる

こんな感じです

共通トナーはメーカーの社員や管理職レベルでは
知らないことが多いはずです

共通トナーは高品質で価格も安いのですが
メーカー純正7万円以上のトナーが1万円以下

こういう価格もあるので
かなり魅力的です



トナーカートリッジ326まとめ


トナーには3種類ある
純正品以外はすべての機種が用意されているとは限らない

三者にはそれぞれ特徴がある
選ぶべきなのはどれか吟味が必要です

トナーカートリッジ326に関していえば
高価なトナーではない

純正品とリサイクルでは価格差はあるが
思ったほど大きくないはずだと

思っていましたが
なかなか差がありました

ということで
リサイクルトナーを使う場合は

リサイクルトナーのその価格だけ見るのではなく
出来れば業者を見たいですね

先ほどもリサイクルトナーのデメリットで紹介した
事項が起こった時の為に

適切に対応してくれる
リサイクル業者が好ましい



関連

トナー激安ルート公開
非常識なトナールートとは1本数千円がごろごろしています












 
   
Posted at 19:28/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!