東坡煮とは、豚の角煮のこと 

February 15 [Thu], 2007, 0:00

「東坡煮(とうばに)」とは、豚の角煮のこと。卓袱コースの中の、代表的料理のひとつです。中国の著名な詩人、蘇東坡が好んだことから、この名で呼ばれるようになったといわれています。
坂本屋の東坡煮(豚の角煮)の食感は「とろとろ ほろり」。
この食感の秘密は、長時間ゆでて徹底的に豚の脂を抜くことにあります。脂を抜くことによってゼラチン質だけが残り、旨みへと変化するのです。
そうして、脂を徹底的に抜いた後、特製のたれにつけ込んで、こまめにアクをとりながら煮込むこと数時間。さらに一晩寝かせて味を落ち着かせ、仕上げの味付けをしてようやく東坡煮(豚の角煮)は完成します。
この長時間の煮込みに耐えるには、良質な肉でなければいけません。

坂本屋の東坡煮(豚の角煮)は、厳選された豚肉(皮付き三枚バラ肉)を使用しています。 素材を吟味し、職人が手をかけ、時間をかけ、じっくりと煮込んだ味わいは、卓袱料理の老舗「坂本屋」ならではの伝統技です。

お買い求めいただく「東坡煮(豚の角煮)」は真空包装となっております。
そのまま10〜15分煮立てれば、できたての東坡煮(豚の角煮)をお召し上がりいただけます。

やっぱり本気の豚の角煮はおいしそうだなあ。
おすすめの豚の角煮のレシピはこちらだよ。
頑張ってトロトロ豚の角煮を作ってね。

水族館 

February 13 [Tue], 2007, 0:00
去年の春ごろ近くの水族館に行った。
まだ小さかったので、もう憶えてはいないだろうけど。
色々な魚を見て何を思ったのかな?

イルカのショーを見たとき、「おー、おー」って言ってたね。
イルカのダイナミックなジャンプを見て感動したのかな?
そういえば水族館のスタッフが私達の写真をパシャパシャ撮ってたね。

帰りに出口でその写真を売ってたね。
一枚2000円だったかな?
勝手に撮った写真をそんな高額で売るってすごいよね。
しかも出口をスタッフが囲んでたよね。

あまりの光景に少し負けそうになったけど買わなかったね。
だって自前のデジカメで沢山写真撮ったもんね。

また春になったら水族館に行こうね。