アルツハイマー型痴呆とは 3 

May 29 [Tue], 2007, 11:22
予防できるなら予防したいのですが
確実な情報がないため今後の
検査を期待したいものです。

リスクファクター
大規模な調査によって緑黄色野菜、魚介類の摂取はアルツハイマー型痴呆の発症リスクを減少させ、肉類の摂取はリスクを上昇させるという結果が出ている。

喫煙を含むニコチンの摂取がニコチン性アセチルコリン受容体よりドパミン神経系に作用し、アルツハイマー型痴呆の発症を減少させるという説もあった(→[2])が、喫煙自体が他の疾病リスクを高める性質があるほか、大規模なコホート研究によって現在では否定されている。なお『脳のお手入れ』(きこ書房。ケネス・ジュフレ、テレサ・フォイ・ディジェロニモ共著)によれば、喫煙によるニコチン摂取が脳細胞にダメージを与え、アルツハイマー病発症率を二倍に高めるといった研究結果が示されている。

アルミニウム原因説
アルミニウムイオンの摂取がアルツハイマー型痴呆の原因のひとつであるという説がある(この説は現在では一般的に認められていない)。

アルツハイマー患者の脳にアルミニウムイオンが健常者の数十倍の濃度で検出されているが、それがアルツハイマーが原因で起こる症状なのかは不明である。

この説は、第二次世界大戦後、グアム島を統治した米軍が老人の痴呆の率が異常に高いことに気がつき、地下水の検査をしたところアルミニウムイオンが非常に多いことがわかったことによる。天水と他島からの給水によってその率が激減したこと、また紀伊半島のある地域でのアルツハイマー患者が突出して多かったのが上水道の完備により解決したことがその根拠とされている。後者も地下水中のアルミニウムイオンが非常に多かったことが示されている。

従来は脳血液関門によってアルミニウムイオンは脳に達しないという見方もあったが、今では脳血液関門を突破することが明らかになっている。

アルミニウムイオンを多く含む植物は、オオイタドリやカラマツの新芽などで、硫酸アルミニウムとして土壌の10倍〜20倍含まれている。また、タマネギにも硫酸アルミニウムとして多く含まれており、生体内に自然に取り込まれている。

本来なら水に溶出しないアルミニウムイオンが、粘土鉱物からバーク堆肥や家畜堆肥の再利用により、カリウムやナトリウムの過剰からくる浸透圧で溶出している。産業廃棄物である有機物の過剰投入が土壌の緩衝能を超えることでおきる現象である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PR:メタボリックシンドロームって??

アルツハイマー型痴呆とは 2 

May 21 [Mon], 2007, 16:00
もし痴呆症が家族に出てしまっても
家族は家族なんです。
愛情を忘れないようにしましょう。

疫学
冒頭に記したように、常染色体優性の遺伝をする、ごくまれな「家族性アルツハイマー病」(FAD)と、そうでないタイプがある。

FADは、常染色体優性遺伝、つまり片方の親がFADであれば子供は性別に関係なく2分の1の確率でFADに罹患するというものである。そうでない大部分のアルツハイマー型痴呆にも、遺伝的要因は少し影響する。ある調査では、80歳になると15%の人が何らかの痴呆性疾患に罹患するという。そのうちの何割かがアルツハイマー型痴呆であるとすると、80歳では数%の人が罹患することになる。親族にアルツハイマー型痴呆の患者がいる場合、多少罹患のリスクが上昇すると言われている。

概略
症状は、徐々に進行する認知障害(記憶障害、見当識障害、学習の障害、注意の障害、空間認知機能、問題解決能力の障害など)であり、社会的に適応できなくなる。重度になると摂食や着替え、意思疎通などもできなくなり最終的には寝たきりになる。

階段状に進行する(すなわち、ある時点を境にはっきりと症状が悪化する)脳血管性痴呆と異なり、徐々に進行する点が特徴的。症状経過の途中で、被害妄想や幻覚(とくに幻視)が出現する場合もある。暴言・暴力・徘徊・不潔行為などの問題行動(いわゆる周辺症状)が見られることもあり、介護の上で大きな困難を伴う。


病期分類
アルツハイマー病の病気の進行は大きく3段階に分かれる。根本的治療法の無い疾患なので下記のように慢性進行性の経過をとる。

第1期
記銘力低下で始まり、学習障害、失見当識、感情の動揺が認められるが、人格は保たれ、ニコニコしており愛想はよい。

第2期
記憶、記銘力の著明な障害に加えて高次機能障害が目立つ時期で、病理学的な異常が前頭葉に顕著なことを反映して視空間失認や地誌的見当識障害が見られる。この時期には、このような症状を反映して外出すると家に帰れなくなることが多い。更に周囲に無頓着となったり徘徊や夜間せん妄もみとめられる。特に初老期発症例では、感覚失語、構成失行、観念失行、観念運動失行、着衣失行などの高次機能障害も稀ではない。

第3期
前頭葉症状、小刻み歩行や前傾姿勢などの運動障害もみられ、最終的には失外套症候群に至る。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PR:頭痛のメカニズム

アルツハイマー型痴呆とは 1 

May 18 [Fri], 2007, 14:29
「アルツハイマー」、よく聞く言葉ですが詳細をご存知ですか?
知ってるようで意外と難しい病気なんです。

アルツハイマー型痴呆(あるつはいまーがたちほう、Alzheimer's disease; AD)は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする痴呆性疾患の一種である。日本では、痴呆性疾患のうちでも脳血管性痴呆、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。

アルツハイマー型痴呆には、以下の2つのタイプがある。

家族性アルツハイマー病(Familial AD; FAD)
アルツハイマー型痴呆の中でもごく少数を占める。常染色体優性のメンデル型の遺伝パターンを示し、30〜60歳代で発症するもの。
アルツハイマー型老年痴呆(Senile dementia with Alzheimer's type; SDAT)
アルツハイマー型痴呆の中でほとんどを占める。老年期(通常60歳以上)に発症する。

歴史
「アルツハイマー型」の名は、最初の症例報告を行ったドイツの精神医学者アロイス・アルツハイマーに由来している。アルツハイマーはドイツ精神医学の大家、エミール・クレペリンの指導のもと、ルードウィヒ・マキシミリアン大学で研究活動に従事していた(なお、「レビー小体型痴呆」にその名を残すフレデリック・レビーも同じ時期同教室に在籍している)。アルツハイマーは、1901年に嫉妬妄想などを主訴としてはじめてアルツハイマーの元を訪れた、世界最初の患者アウグステ・D(Auguste Deter)に関する症例を、1906年にチュービンゲンのドイツ南西医学会で発表した。その後、この症例はクレペリンの著述になる精神医学の教科書で大きく取り上げられ、「アルツハイマー型痴呆(アルツハイマー病)」として広く知られるようになった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PR:脱毛症の悩み
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tondeke
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる