小寺だけど長さん

December 27 [Tue], 2016, 14:28
ダイエットをする時は無理をし過ぎないことです。

食事を抜くダイエットは確実に痩せるのですが、実はデメリットもあるのです。

私の話で言うと、生理が止まってしまったのです。

排卵がストップして、産婦人科で薬をもらい治療しました。

ですので、最初から無理をしすぎると長続きしないというのが自論です。

日常歩く時にお尻に力を入れて大股で歩くよう心がけるだけでも意外と、違うのです。

職場の人間関係の精神的負担で、ここ数か月、私は一体どうしたのでしょう、というくらいに、食べてしまっています。

ほっぺや顎や二の腕やウエストにもお肉がついてぷよぷよで、何とか体重を減らしたいなと思うのですが、なかなか、運動する余裕がありません。

こういう場合には、あまり苦労しないで痩せられる薬が、存在したらいいのになって思います。

簡単な方法で、痩せる薬があるのなら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありますね。

そんな風に思うくらい本気です。

体を絞るには有酸素運動がお手軽に出来るので、やってみると良いです。

踏み台昇降を家の中で私はしています。

これは長時間続けると、心拍数が上昇しますし、腿やふくらはぎの筋肉も伸び縮みするので、その動きよりもずっとクタクタになります。

これはテレビを観ながら楽しく出来ますが、すごく体が締まりました。

どうしてもやって来るのが痩せなくなってしまう時期です。

この時期にどうしたらいいのかと言うと、そのまま痩せることを休んでしまう人もいますが、無理のない範囲で継続するのが大切です。

もし、運動量が減ったのなら、食事だけでもカロリーに気を配ったり、食事を気に掛けないのなら、身体を動かすことだけでも続けましょう。

有酸素運動は20分以上持続しないと効果がないといわれてきましたが、今は、休まず運動しなくても20分より長く運動していてばききめがあるといわれています。

と同時に、筋トレのほとんどはぐっと息をつめて激しく動く運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動を順々に行うことでそれぞれの効果を引き上げることができるわけですね。

年齢を重ねるにつれて、運動をすることも減り、基礎代謝が下がっていく気がします。

そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、思うように体重が軽くなりません。

やはり、体質改善を先にやらないとやらないとダメですね。

まずは、体温を上げるために、生姜湯から始めたいと思います。

寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。

健康的にダイエットしたい場合には、マラソンを実施するのが効果があります。

どういったものかというと、これは水泳、歩行、走行といった運動です。

栄養面で留意すべきはプロテイン、つまり、質の優れたタンパク質を吸収させることです。

脂肪を燃焼させるためにはやはりタンパク質が必須なのです。

ダイエットには有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の違いといいますか、区別ができません。

普通、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが違いのようです。

でも、発汗の仕方は気候によっても変わりますよね。

もっとちゃんとした境界線などがあると痩せやすいと思います。

基礎代謝量をあげるためには有酸素運動が効果的だと一般的に知られています。

簡単に取り組めて効果もあげやすいのはウォーキングだとされています。

といってももちろん、ダラダラ歩くだけでは基礎代謝を上げることは難しいです。

たとえば、下腹部に力を入れながら、顎をしっかり引いて前を向くなど、意識的に筋肉を使って歩くことでウォーキングの効果があげることができます。

ダイエットの間、私がどうしても甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に飲食する物は、ずっと昔から寒天です。

寒天は色々な味付けにできるので、飽きずに食べられます。

とりわけ、缶詰みかん入りの牛乳寒天と、さいの目に切った味なし寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものがしょっちゅう食べているものです。

ダイエットとずっと継続していると、いつの間にか、カロリー計算なしでも、大まかですが、摂取カロリーが予想できるようになっちゃうもんです。

肉に米、野菜をこのくらい摂取したので、今日のお昼の摂取カロリーはこのくらいといった具合に計算できるのです。

私も太っていた時代があるので、どうしようもないのですが、ちょっぴり切なくなります。

健康のため歩くことによって痩せる時の注意点は、40分以上は必ず歩き続ける事です。

有酸素運動であるウォーキングで、燃焼し始めるのは、約30分たってから始まります。

10分や20分ウォーキングするくらいでは、脂肪が燃やされる事はなく、痩せる効果はかなり薄くなってしまうので、気をつけましょう。

本格的腹式呼吸を身につければ、基礎代謝アップを達成できるといいます。

しょうがをすってお湯に溶かして飲んだり、身体をほぐすストレッチをしたり、お風呂で上半身だけゆっくりとつかったり、代謝を上げるということも結構大変だなと考え始めていたので、まずは呼吸方法を取得して、いつでも手軽に代謝を上げたいと期待します。

体重を減らそうと思っても継続して走ったり徒歩したりするのはやっぱり、どちらかというと面倒な気持ちが感じられますよね。

ということで、お教えしたいのが室内でのゆっくりと継続する運動です。

ラジオ体操も効果的な有酸素運動なので、楽な服装でオーバーアクションで体操をすると、確実にカロリーも消費されます。

ダイエットは過去に何度かしてきました。

今もちょこちょこやってる方法でいうと、ちょっとした断食です。

1日予定が見られない日に 水以外は何も食さないようにします。

次の日の朝は胃にやさしい食事を取って、後は普通にやって行くのです。

胃の仕切り直しにもなって体にも負担がなくいいらしいですよ。

食事制限をしたくないし、時間が無くて運動もできません。

私が困っていた時、とてもいい物に出会ったのです。

それは痩せると言われているお茶です。

過度に食事を制限するダイエットは肌、髪にも悪影響を及ぼす可能性があるので、最低限度の、必要なカロリーを補給しながら、痩せる、お茶を飲用することによって、リバウンドすることなく美しく痩せることができました。

限られた短い期間で健康的にダイエットするには水泳が一番だと思います。

陸上競技はちょっと…という方でも、水泳ならば浮力が助けとなり、体も楽ですし、泳ぎ終わった後は疲れさえも心地よく感じます。

ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいようと全然恥ずかしくはないです。

水泳は想像以上にカロリーを消費するので、続ければ痩せられます。

綺麗な体になるには長い時間が必要ではないのではないでしょうか。

急激な体型変化は体が弱くなってしまうので、計画的、段階的に体型を変化させる方法を選びそれを繰り返して、少しずつ体重を落としていくのがいいでしょう。

すぐにダイエットに成功したといってやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、短くとも3ケ月は継続していきましょう。

体重を減らす為に朝食を抜くのは健康状態に良くないので、必ず食べる方が効果的です。

カロリーを考える場合はメインのご飯をグリーンスムージーやヨーグルトなどのミネラル食品に変えるといいです。

他にも、温野菜サラダや温かいスープも新陳代謝が上がりますし、肌も綺麗に保てます。

フルーツを朝に取ってもいいので、朝食は抜かずに食べて健康に痩せましょう。

私が痩せたいと思った時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て、腹筋、スクワットをして、筋肉の量を増やしてからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早くウォーキングを30分以上続けました。

これを毎日続けたおかげか、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、続けるのはとても難しかったです。

ダイエットに役立つ運動といえば、エアロビクスです。

ダイエットを貫徹させるためには、とにかくカロリーを使うことが大切なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビやジョギングなどの運動がいいと思います。

くわえて、身体を引き締めてかっこいいラインを作るためには筋肉トレーニングもおすすめです。

基礎代謝を上げるのは痩せることにも効果を発揮します。

普段あまり汗が出ない人は、体の中に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

老廃物が蓄積されていくと基礎代謝が下がってしまい、汗をあまりかかない人は太りやすくなります。

基礎代謝を良くする事によって汗をかきやすい体に、していくことが大切です。

すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その時、流行った外国製のダイエットサプリを挑戦してみたことがありました。

飲んでしばしすると、動悸が発生したり息切れが発生したりしました。

ききめがあると思えばいいのか、体に合わないのか判断できず怖くなり、一本で飲むのを止めることにしました。

体重も結局は何も変化しませんでした。

体重を落としていると自分に厳しい食べ物の制限を与えてしまう人もいるんですけど、断食などの無茶な減量は、懸命です。

食事制限をやっていても胃がカラになってしまったら我慢せずに食べるようにしましょう。

できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重が急に増えたりすることもありません。

世の中には、これを食べておけば痩せるという食べ物はないと言えます。

そうはいっても、単純にカロリーが低いものとか、食物繊維を多く含有していて、お通じを良くしてくれるものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。

特に、野菜やきのこ類、海藻類をたくさん摂取すると、ダイエット効果があると言われています。

加えて、できる限り、太りやすい食べ物を制限しなければなりません。

基礎代謝量が高い方についてですが、ダイエットには適しています。

イスに腰掛ける時に、背もたれにもたれかからず背筋を伸ばすようにしたり、歩き方を少々注意するだけでも、基礎代謝を上げることができます。

着座や歩き方が綺麗なれば、女性としてもプラスになります。

是非頑張ってみてください。

ダイエット中のおやつは絶対にいけません。

間食で食べたものが、例えスナック菓子などではないとしても、摂取すれば太るという事実を忘れないでください。

過度の我慢も良くないけれど、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食欲を抑制できるように体質を変えていきたいですね。

ダイエットで人気のある有酸素運動は、一番効果的と思われる心拍数を自分自身で把握することで自分の自身を効率よくエネルギーを燃焼して、脂肪の燃焼率を高めることが出来るようになります。

長時間続けて体を動かせば動かすほど痩せるということではなくて、特に激しいとされる運動は筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、反対の効果になってしまいます。

ダイエットをしようと思う人は運動によって減量を試みるのは普通ですが、時間を決めた状態で取り組んでいますか?出来ることなら毎日朝なら朝、夜なら夜にと決まった時間に運動を試みたほうが痩せやすくなる体にすることが出来ると思います。

最近、ぽっちゃりになったので、体重を減らそうと調べていたら、良いやり方、ダイエット法を見つけました。

それは、酸素を多く体にいれる運動です。

ご存知だと思いますが、有酸素運動の結果は素晴らしくて食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。

私も数週間前からウォーキングでダイエットに挑戦していますが、日に日に痩せてきて嬉しいです。

走ることはことのほかききめがあるんだなと思いました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒナタ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tonc5psuaibire/index1_0.rdf