気分を変えて 

June 06 [Wed], 2007, 23:16
昨日は朝から大変な一日。
特に朝一番でお客様からクレームをもらった。
その対応でおおわらわ。なんとか収拾したが、精神的にずいぶん疲れた。

そんなことを同僚に軽くこぼしたら、オロナミンCをおごってくれた。
(実は疲れたときや心が落ち着かないとき気分転換にのんでいるのを同僚がみて、知っていたからだ)
のんで一気に心がやすらいだ。同僚の心遣いがありがたかった。

偶然なのかもしれないがそんなテーマのキャンペーンを大塚製薬が実施していた。
オロナミンCプレゼンツ「キモチスイッチキャンペーン」というのがそれ。

オロナミンCが提唱している「キモチスイッチ」について引用すると、
----
「キモチスイッチ」とは、前向きな気持ちへ切り替えるときの合言葉。
何気ない毎日の中にも、受験や恋愛、就職などの人生の節目にも、
きっと「キモチスイッチ」で頑張れる瞬間があるはず。 そんな一歩先に進もうとするあなたの前向きなキモチを一年間応援する プロジェクトです。
----

サイトの中でもプロジェクトのテーマに沿ってキモチスイッチをするためのコンテンツも各種掲載されている。

さらに、キャンペーンで気持ちを前向きにスイッチしてくれる賞品を12,070名にプレゼントも実施!
いろんなキモチスイッチグッズがそろえられている。
そこで一番興味を引いたのは B賞(スキマスイッチ セレクト)の iPod nano。

音楽が一番気分転換にもってこい。ちょっと心を開いて、きいているとすぐにリラックスできる。
いまは会社にいる時間が長いので、そこでほんの数分の気分転換をするなら、このように気軽に音楽を楽しめるものが最適。

製品自体はもっているのだが今の容量より大きい2Gが欲しい。
容量サイズが大きいといろんなテーマで曲をいれておけるから。
例えば、白熱した議論を交わしたミーティング後の曲のテーマは落ち着き。
もう一度冷静に次の手を考えたいから。
そんなときにはモーツアルトのピアノ曲があう。

ちょっと元気がない朝のテーマはパッション。ボーカルがのびのびと歌い上げるロックを聞く。
そんな風に自分の気分を自由にアレンジできそう。



興味をお持ちの人はキモチスイッチのサイトをチェック!



Gyao NEXT登場! 

June 04 [Mon], 2007, 23:56
今日も仕事から帰ってきたらこんな時間。
1. 家(起きる)→ 2. 仕事→ 3. 家(寝る)→ (1にもどる。)
あれ!では自分の時間は寝る時間だけ!?

まだ続けられるだけ仕事に打ち込もうと思うが、たまには息抜きも必要。
ビジュアルと音楽が好きだから、その両方を一度に満たしてくれる息抜きの一番は映画。
なんかいい映画を見たい。

そこで問題なのが、借り方。
レンタルビデオで借りようと思うと最新作や人気作はいつも貸し出し中。
これでは気分は晴れない。
また、借りた後返しに行くのがおっくう。

そんなわけでどんどん日常が固定化されていく。
すくなくても映画でいつもは体験できない世界を(架空とはいえ)体験できれば、自分に刺激になり、気晴らし以上に脳の刺激になって、いい効果がうまれそうなのだが・・・・

そんななか6月1日サービス開始でGyaO NEXT(ギャオネクスト)という新しいサービスが登場。
Gyao はすでに PC で体験していてその便利さに感心していたのだが、さらに進化したのが Gyao NEXT だ。

具体的には

1. タイトルが増えて15,000本なった。(色んな映画がみれそう)
2. 定額制で好きなだけ映画などが視聴できる。(これなら遠慮なしにどんどん見れる)
3. PCからより大画面のテレビでみれる。(映画の迫力が増す)
4. リモコンでかんたんに巻き戻し・早送り・一時停止などの操作ができ、使い勝手が向上。(PCだとキーボードで操作がやっかい)

なお今ならスタートキャンペーン(6月30日まで)が適用されるので初期登録料(3,150円)無料+月額視聴料(3,900円)1ヶ月分が無料!

もともと料金も良心的だが、いまならもっとお得というわけ。契約したい!いつから見れるんだろう。


ご興味をお持ちの人はGyaO NEXT(ギャオネクスト)のサイトをチェック!




シューティングゲーム 

May 22 [Tue], 2007, 10:51
自己達成感というのが人には大切だそうだ。
なにかを成し遂げる。人に喜ばれる。人に好かれる。

むずかしい。
だって1人だけでものごとはすまないから。
でも心はそんな欲求の充足を渇望している。
そこで人間はいろんなことを考える。

例えば小説を読む。自分が主人公になって悪人をやっけたり、犯罪を解決したり、絶世の美女とロマンにおちる。
(これらのカテゴリーの小説をエスケープノベルというらしい)

これはかなり知的なアプローチではあるが、時間がかかったり、想像力に限界があるのでかならずしも100% の効果があるわけでもない。

ではてっとりばやく自己重要感や達成感を得るには?
それのこたえはゲーム。
それも単純でかつ、リアリティーがあれば一番いい。
特に自分の世界の呪縛から開放されてできるのがアクション関連のゲーム。

シューティングゲームの「スペシャルフォース」というのがある。
これはその中でもとてもよくできたものと思う。
まず、これをすることによる開放感(実生活で銃をうちまくったら大変だけど。シューティングゲームなら大丈夫)、まとに当たったときの爽快感は格別でそれによる自己達成感はなんともいえないものだ。

現実感をもたせる仕組みとして、3D でその世界の奥行きを感じさせてくれる。確かに現実はフラットではないからこれはとても有効だ。
さらに実在する銃器、リアルな足音を体感できるサウンド効果がそなわっている。

おどろくのは、「ハンゲーム」初の基本プレイ料金が無料で遊べるということ。
ちなみにゲームには団体戦と個人戦の2つのモードがある。
これも自分の気分に合わせてチョイスできるので、ゲームの楽しみ方がさらにひろがる。

現在会員登録者数 100万突破ということでキャンペーンも実施されている。(今月末締め切り)
ぜひスペシャルフォースのサイトで詳細をご確認のこと


KODA KUMI 「FEVER LIVE IN HALL」 

May 21 [Mon], 2007, 12:50
自分ではビジュアルにこだわる人間だと思っている。
なので美術館にいったり、映像の美しい映画をみたりする。
特に映画ではヨーロッパの風景や町並みが美しい。
それはきちんと文化として認識して残しているからだろう。

ヨーロッパではキリスト教や伝説による美術が秀逸だ。特にイエス誕生やビーナス誕生がなにか心や哲学の奥の深さを感じさせるのだ。

こんなことを思っていたら、TV CF でちょっと気になるのがでたきた。
倖田來未のKODA KUMI 「FEVER LIVE IN HALL」というのがそれ。
なにかビーナスの誕生ににていませんか?

もちろん、ビジュアルも美しいのだが、それ以上に人間の美しさや生命の気高さを感じさせて圧倒された。

出ているのは倖田來未。
でも彼女は仮のすがたで、生命や美を代表しているものと理解した。
もちろんバックに流れている曲はまぎれもない彼女の曲

そしてそれがはばたくのだ。
それは美のさらなるひろがりと、未来への希望をいだかせられる。
きっとなにかいいことがおきそうなそんなことを暗示している。

このCFを流しているのはサンキョーという会社。
こちらはパチンコの台をつくっている会社。
ここでKODA KUMI 「FEVER LIVE IN HALL」という台を作成したのだ。

そこには倖田來未のイメージの画像が流れたり、そもそも台自体も七色に光るフレームや音質にこだわったステレオスピーカがそなわっている。
パチンコしながら、哲学にふけるのもいいかも。
ちょっとはあせりやプレッシャーから開放されてゲームや体験そのものを楽しめそうだ。

ちなみに画像がとても美しいのだが、これもパチンコの会社の画像処理テクノロジーを想像させてくれてたのしみだ。


ご興味をお持ちの人はKODA KUMI 「FEVER LIVE IN HALL」のサイトをチェック!

歌で再認識 - 心 

May 16 [Wed], 2007, 21:18
生きていく中でいろんな出会いがある。
一度は心を通わせたが、いつのまにか離れていってしまった人。
いま、いっしょにいると楽しい人。
それぞれが自分の人生になんらかの影響を与えてくれている。

人とのめぐり合いはありがたい。
こころが豊かになるから。
めぐり合いの時間を大切にして、いい思い出を心にきざんでおきたい。
いつか別れがくるときがあるのだから。
その瞬間瞬間を大切にしたい。
そのためには恥ずかしくない自分でいる必要がある。
心がきれいになりたい。

実はそんな思いを感じたのは5月23日発売の高野健一の「さくら」という曲を聴いたから。
ちょっとつらい歌ではある。
亡くしたこどもへ語りかける歌。
そこにはあふれるほどの愛情に満ちている。
こどもに対する、見返りをもとめない純粋な愛がそこにある。

人はもっと純粋なのだと改めて感じた。
自分のことを考えずに、ただ相手のためだけを考えた愛情を人は持てるのだ。

こんな清らかな歌をもっとみんなが聞くことで人間はもっともっと清らかになれそうなそんな思いがしている。

オフィシャルサイト → http://www.takanokenichi.com


フィジー5万円語学留学 

April 30 [Mon], 2007, 23:08
すごいインパクトのニュースリリース発見!

いまフィジーで5万円で語学留学できるのだそうだ。
これはサウスパシフィックフリーバードが提供するもの。
フィジー短期留学(1週間)が49,800円、1年間なら793,000円なのだそうだ。

ちょっとまってよ!いまどき5万円で3連休やっと近場ですごすのが精一杯なのに。
それがフィジーだし、語学留学だし。まったく比較の対象にもならない。
同じ5万円でもずいぶん付加価値がついたものだ。

よく語学留学に米国の大学に入る話を聞く。
でもこの間の事件のように米国本土はかなり危険が多そうだ。
単に銃の乱射があるかもというより、生活の格差や麻薬など身近に危険がありそうな気がする。
それならばこのフィジーのような南の島にリゾートに行きならが語学留学するのが最高ではないのかな。

理由はカンタン。リラックスして語学が学べそうだから。
南の島は住んでいる人がおおらか、フレンドリーで陽気だから、こちらもそれにあわせて心が開放されていくだろう。
そうなると相当下手な英語でも、どんどん話しかけてみたくなる。いろんな国の人たちを受け入れているから、こころも広く、せっかちでないから、つっかえながらでも、文法を考えながらでも、聞いてくれそうだ。
ここには安心してコミュニケーションできる環境があるのではないか。
だとしたらきっと英語がうまくなるだろう。
これこそが一番効果的な語学留学かもしれない。

まずはフィジーのサイトをチェック!


ウィルコム トリプルプラン 

April 29 [Sun], 2007, 22:58
デッカーという経済学者が「会社の存在意義はイノベーションとマーケティングを行なうことだ」といっている。マーケティングとはこの場合営業活動といいかえられるだろう。

つまり、イノベーションをおこし、新しい製品やサービスを開発しても、きっちりと営業活動ができていなくては意義がないのである。
とはいえ最近の営業活動も変化してきた。ネットやメールだけで成り立つビジネスモデルもずいぶん出てきた。
そんな中ででもやっぱり生き残るのは対面営業。
やはり人と人との結びつきの追求が究極の営業モデルなのだ。ではいかにこれの生産性をあげるかがいま課題とされている。

一番重要なのはコミュニケーション手段の確保。これで課題のほとんどの部分がカバーされる。
これはいい携帯電話があればできる。
携帯電話のおかげでどんどん便利な時代になってきた、これで外にいながらオフィスと同じように即座に常にコミュニケーションがとれるからだ。

便利さの裏側には意外な問題が隠れている。
こちらも会社から携帯電話を支給されているが、
1) つかいこんでいくと料金がたかい
2) つかいこんでいくとあっという間にバッテリー切れ
3) メールも大量に対応してるのでキーボードでうったほうが生産性が高い

特に悩みは2 と 3 だ。
ほとんどサイトに接続しっぱなしなので、携帯だとあっというまにバッテリーが消耗してしまうのだ。
また、直接1人のお客様と連絡をとる場合を除いて履歴を残す意味で、メールを多用していると携帯の入力方法ではさすがにストレスがたまる。

また、会社の方もやすい料金プランがあれば乗り換えたいのだろうと思われるので、この機会に
「ウィルコム(WILLCOM)」の「トリプルプラン」をすすめてみようか?

これならば月額料金1,900円でどんなにつかっても070の番号なら無料だ。また携帯や固定電話には10円/30秒、さらにメールならば送受信すべて無料なので、会社にとってもメリットだし、
以下の機種みたいにキーボード付の端末があるのでメールも楽に打てそうだ。
さらにさらに、PHS はバッテリーのもちがいいと聞いている。(電波の出力が弱いから、電気をくわない)。これならば長時間の利用にも耐えそう。

ウィルコムのサイトをチェック!

「家でDVD」と「映画館」あなたはどっち 

April 26 [Thu], 2007, 10:54
そりゃーやはり DVD でしょう。
なぜってコストパフォーマンス。2回以上映画をみるならばっちり。
それに自由気ままに鑑賞できるのがいい。
自由な時間に、1人でも仲間といっしょでも、ご飯食べながらでも、呑みながらでも、ねころびながらでも本当に自由にみれるからだ。
それにじっくりみることによっていろんな発見がある。
なるほどこのシーンは次のこれにつながる布石だったんだとか。
(けっこう映画も奥が深い)
その後特典映像とかで監督の解説をきいて「やっぱり!そうだったんだ」とか納得するわけ。
またメイキング・シーンも満載されているので、より一層楽しめるというものだ。

でも映画館を完全に否定するわけではない。
たまにはできたての映画を見て、友達との共通の話題でもりあがりたい。
それに臨場感がちがうので、心にぐっときて感動することが多い。
大好きな友達といって見れれば最高!

ああ。映画見に行きたくなった。

ちょっと話題を変えよう。
ちなみにいまなら 20世紀フォックスのDVDを買うと特典がついてくる。
これは、『20世紀フォックス 史上最大の作戦』キャンペーンというもの。
DVDに同封されているキャンペーンカードのIDナンバーを使ってキャンペーンサイトで、ゲーム。それに勝利すると豪華賞品をゲットできるのだ。

他にもコンビニ限定の W チャンスがある。
これはゲームではずれた人から100人を安めぐみと一緒に観るプレミアム試写会にご招待というもの。さらに、試写会当日には、スペシャルイベントが企画されていて、さらに抽選で豪華景品があたるというもの。これはぜひ当てなくては。(ゲームに外れたほうがいいかも)

なごみ系↓


コンチェルトゲート 

April 25 [Wed], 2007, 13:07
ゲームってなんか暗く部屋に閉じこもって無機質な機械相手に戦ったりして、ちょっと変!? って思われがち。

でも、けっこう前からインターネットで多人数同時参加型というのが登場。
みんなで助け合いながら RPG をクリアしていくというのが出てきた。

インターネット多人数同時参加型オンラインゲームの「ハンゲーム」というサイトがある。ここはさらに無料で参加可能というありがたいもの。
ここでオンラインRPG「コンチェルトゲート」が本格サービススタート。

このゲームは「スクエニ」(スクウェア・エニックス)とNHN Japan がタッグを組んで提供するもの。

ゲーム自体も面白いが今回あえて言いたいのは、このゲームがさらに広がりをもってきたということ。
最初に書いたように1人の世界から同時にみんなと広がったゲームがここではメディアも巻き込んで一層の広がりを実現した。

その広がりは感覚の広がりだ。
音、イメージ、体験の共感、試し、そして触覚。

これらは AM ラジオの文化方法、インターネットテレビ「インプレスTV」、インターネットラジオの「音泉」、そしてゲームキャラの製造販売の Yujin がタイアップしているのだ。

これらの詳細は「コンチェルトゲート」の HP で確認してもらうとして、これらからゲームをしながら同時にさらに楽しむというあたらしい体験方法が実現したことが驚きだ。それもゲームをしていないときにもそのイメージを保持できる仕掛けもよういされている。

ぜひゲームだけでなく全部を体験してほしいおすすめのイベント。(いまやイベントといったほうが正しい気がした)




すてきな旅行口コミサイト 

April 09 [Mon], 2007, 11:27
旅行にいきたい。
それもいままで行ったことのないところへ。

ひさしぶりにあてのないたびにでてみようか。
航空券だけ入手して、飛行場から適当なホテルを予約する。
どこかの本で読んだが、日常生活から離れ、旅に出て迷子になったりするのは、かなりの脳のトレーニングになるそうだ。
そこまでもしなくても、ざっと旅の予定を決めて、部分的に情報を仕入れて想像するのも相当頭を使う。

ではどこにいくか?
ちょっと視野を広げて世界地図を見てみたい。
それをクリックしたら、だんだん目的地が選べて、ざっとどこにいくか選べたらとずーっと思っていた。

そんないい旅行情報サイトないのかな。

旅行のクチコミ投稿ポータルサイト「CoRichトラベル!」というサイトがある。ここはまさに望みどおりにトップ画面で世界地図が用意されている。
ここをクリックしていけばなんかにたどりつけそうだ。

とりあえずこれから季節の良くなる西欧。
あまり行く人のいなさそうなベルギーはどうだろう。
あっ!ここに10件の書き込みあり。
実は当てのないたびといってもちょっと不安。以前かなりはずしたことがある。それに戻ってきてから、いってない押さえどころ名所があると聞いたらがっかり。

そんな意味でこの書き込みは非常に参考になる。
見ていて興味深かったのはブルージュ。
照会文の引用
「暫し中世にタイムスリップです。朝靄の湖面に白鳥が羽を休ませています。昼間は観光客で大変賑わうので、早朝の散歩がお薦めです。 」
なるほど、これならはずさない。
とくにこんな情景は日本では一生お目にかからないはず。
それならば無理をしてでも早起きして散歩だ。
それに昼間は込まないところをあらかじめホテルで教えてもらえる。
このコメントだけで非常に助かる。
時間の使い方がばっちりわかったからだ。
これで朝はブルージュ散歩、昼はホテルに推薦されたところ、夜も同じくでまずは人ごみを避けて疲労を軽減だ。


この記事はブログクリップからの依頼で作成しています。
P R
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像モブログランキング
» はじまりはじまりーーー (2006年06月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tomtomcat
読者になる
Yapme!一覧
読者になる