(無題) 

January 05 [Mon], 2009, 22:47
俺んだ!2に移行します

(無題) 

December 28 [Sun], 2008, 17:12
諸行無常の響きあり
されど人は悲しむのですね美しくないですか

嫌いという言葉による正当性付記 

December 27 [Sat], 2008, 21:46
まず、人は本気で自身のことを嫌いにはならないと定義してみる。

おそらく反対意見がでるので「絶望していない人間は本気で自己嫌悪には陥っていない」としよう

逆に「絶望している人間はすべて自己嫌悪している」とは言いきれないわけで、そこは意を汲み取ってほしい。

つまり、言い直すと、通常時の人間(つまり絶望していない人間)は本気で自己嫌悪しない、というわけである。

さて、話を戻すが、「嫌い」という言葉の魅力について少し話そう。
なにかを「嫌い」と言うことは、ほとんど直接的に自身のモラルとの拒絶を意味する。
例えばいじめを「嫌い」と言う人は、つまり「私はいじめとは無縁です」と言うことであると言えるだろう。
ここまでは「嫌い」という意味の美しさを語ってきたわけだが、これを昇華させると、自身のモラルの正当化に大いに役立つことになる。

例えば嫉妬深い人が「私の嫉妬深いところが嫌い」と公言したとしよう。その人が暗に意味していることは、良心的な解釈によると「私は自分の嫉妬深いところを改善したいです。そんな私を分かってください」という意味となるかもしれない。
しかし懐疑的な目から見ればこうである。
「私は自分では嫉妬深いところが嫌いなのです。思うように自分をコントロールできていないだけであって、私の心自体は綺麗なのです分かってください。」
これは一例であるが、要するに自分の心と体の分離を表す表現となり得る。

…(まだまだ書きたいけどもう少し意見をまとめます)

(無題) 

December 25 [Thu], 2008, 22:03
うーむ。ダメだな俺

(無題) 

December 18 [Thu], 2008, 21:08
新しい世界に住みたい
なんか全部関係ないとこ
あーだりぃ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tomoz
読者になる
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる