さらば 

December 31 [Sun], 2006, 16:49
 今日は、大晦日。ついに今日で、2006年に終止符が打たれる。「1年間、早かったなぁ」っていう思いもあるけど、満足できる1年だったと思う。

 2005年の年末に、「来年は、今までとはぜんぜん違う1年にしたい」という目標を立てた。今までは、「去年の自分を超せますように」なんて曖昧な(?)目標を掲げていたけど、いざ2006年を振り返ると、今までとはまったく異なる1年を過ごすことが出来たと思っている。満足できる1年だった。


 もちろん、それを実現できたのは、周りにいてくれる友達のおかげだし、一緒の目標を持った、親友(と思っているのは俺だけ?(笑))のおかげだと確信している。そして、その親友に心からお礼を言いたい
 そして、そのことで知り合ったいろんな方にも、お礼を言いたい。これからも、どうかよろしくお願いします


 さらに、友達に占いカフェを教えてもらったことで、自分の中で、気持ちに大きな変化が起こった12年前、ある映画をきっかけに、考え方を是正することができた自分。でも、長い時間の変化とともに「ぜひ、もう一度、大きな気持ちの変化が必要な気がする」と思ってきた。

 そして、その願いは、占いカフェで教わったことなどで、実現したと思っている今の俺の考えは、去年の俺のものとは桁違いだと思う占いカフェを教えてくれた友達、そして占いカフェでいろいろ教えてくださった先生方、いろんな方々にも、とっても感謝してます


 2007年は、もっともっと、いろんな方々に感謝をしていきたいな、と思います。そして、今年蒔いた種から芽が出て、それを来年は順調に育てていきたいな、と思っています。


 今年も、あと数時間で終わってしまいます。どうか、来年もよろしくお願いいたします

まだまだ… 

December 25 [Mon], 2006, 21:44
 今日はクリスマス。といっても、俺には特別な予定は無く、美容院に行って来たクリスマスに美容院…なんかオツな感じもするけど、ただ個人的に「クリスマスに美容院かぁ〜」と気分を高揚させていただけだったりする。

 友達と一緒に美容院に行って、楽しいひとときを過ごすことが出来た。美容師のお姉さん方とワイワイ話をしながら、サッパリと仕上げてもらった。うん、すっきりしました。ありがとうございました

 そして、帰り。一緒に行った友達の家の前で別れて、何も予定の無い俺は、とりあえず帰宅することに。そして、その帰路の途中、とんでもないことに気が付いた…

 ポケットに入れたはずのサイフがないすべてのポケットを探しても、かばんの中を探しても、どこにもないのだこれには、さすがに驚いてしまった。そして、今まで進んできた道を、逆戻りし始めた。
 しかし、行けど暮らせど、サイフは見つからないま、マジで……?半ば諦めモードになってしまった俺の頭の中では、サイフに入っていたカード類のことで、電話をしたりしなきゃいけない…どこに電話しなきゃいけないのか、ということを考えていた。銀行郵便局免許証の再発行の手続きもしなくちゃいけない…って。面倒くさいけど、悪用されてしまうよりは、まだマシか

 実は、今まででも何度かサイフを落としたことがあったりした。でも、それは友達の車の中だったりしたから、大事には至らなかった。でも今回は、普通に落としてしまっているそれでも、どこか焦りきらない自分がいたのも確か。どうしてなんだろう……

 美容院にまで戻って、「もしかして、落ちてませんでした…よね?」と尋ねてみたりした。でも、やっぱり美容院にもナシ。「交番に届けを出しておいた方がいいですよ」と美容院の店長さんに助言をいただき、交番に行くことにした。

 たどり着いた交番。そこで、お巡りさんにサイフを落としたという届けを出した。そのとき、お巡りさんが他の交番に聞いてみてくださった免許証の名前を元に、「落し物の届けが出てませんか?」って。

 すると…「えっ、ありますか。はい、はい…」とお巡りさん。えっ、もしや…?なんて期待をしていたら「落し物で届いてるそうですよ」とおっしゃるではないですかまっ、マジっすか〜〜〜

 そして、そう離れてない、違う交番に行ってみると、本当に届いているではないですか…中身も、そのままで。あ、ありがとうございます……
 「おばちゃんが届けてくださったんだよ。おばちゃんに感謝するんだよ〜。そして、今度は同じように、(サイフを拾ったりしたら)助けてあげてね」とお巡りさん。もちろんです今までも、何度もサイフを拾って届けたことありますから

 そういうことで、無事にサイフが戻ってきたよかった…と、とりあえずホッ。…拾ってくださった方、届けてくださった方(同一の方だと思いますが)、ありがとうございました…。なんとお礼を言ったらいいのか。本当に、ありがとうございました

 そう心で想いながら、どうも腑に落ちないことがある。俺は、まだまだ感謝を仕切れていないことが多すぎるもっともっともっと、感謝をできるようになりたい。心から、お礼を言ったり感謝したり出来るようになりたいと思う。「感謝する」ことを「バッチリ感謝できている」というふうに思うことは、きっとずっと出来ないんだと思う。だから、「まだ、感謝し足りない」という気持ちで…ハングリー精神旺盛でいるくらいの方が、感謝できるんだと思う。そういう話を、占いカフェで教えていただいたことがあったその話を、身をもって感じることが出来た。

 本当に、ありがとうございました…。俺も、「まだ感謝できるはず」「まだまだ、感謝の気持ちが足りない」という風に思いながら、これからは生きていきたいと思う
 今回のことは、一見、悪い出来事のように思えるけど、大事なことを教わったような気がする。拾ってくださったおばちゃん、そして、お巡りさんに対して、ありがとうございました、と言いたい。本当に、ありがとうございました

感謝です

楽しかった! 

December 23 [Sat], 2006, 9:35
 昨日の夜、よく行くカフェ…占いカフェ「Zolon」の忘年会があった「どんな忘年会なんだろう、誰が来られるんだろう…」と不安に思っていたけど、そんな不安、抱く必要は無かったみなさん、ワイワイと騒いで…。こういうのが、やっぱりいいですよね

 俺も、けっこうお酒を飲んでいたんだけど、途中で妙に気分が悪くなり、店の外に出たり、店のトイレにしゃがみこんだり…体調が悪いわけではないけど、妙に疲れていたのもあるし、けっこうハイペースで飲んだこともあって。「まずい、吐いちゃうかなぁ…」なんて思っていたけど、なんとか大丈夫でした

 ワイワイ、ガヤガヤとみんなで騒いだあとは、二次会のカラオケ個人的に、カラオケはあまり得意ではないんだけど、みなさんと一緒に、今回はワイワイと騒いで、楽しんできたそれにしても、みなさん、歌がすごくお上手で…そんな中で、俺は歌ってもいいのか?なんて思いながら、忍びなく(?)歌ったりした

 時間はあっという間に流れ、最後の曲になったとき、九龍山本先生が「みんな、男女で踊ってくれ」と言われて、室内は男女でゆったりと踊るムードに。俺は、そういうのをやったことないし、座ってたらいいかな、なんて思っていたら、九龍山本先生がお相手を見つけてくださって(見つけてって、失礼ですよね…)、一曲の間だけだったけど、手をつないで、腕に手を添えて、ゆったりと踊ったごめんなさい、ぎこちなさ満点でしたよね…でも、お相手してくださって、ありがとうございました

 そして、無事に忘年会は終了「ありがとうございましたーっ」とみなさんで声を掛け合い、楽しい、幸せな時間は終了したのでした

 今日、一緒に忘年会を過ごしたみなさん、Zolonのみなさん、そしてカラオケの店員さんも、ほんとうに、ありがとうございました失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、言わせてください。

感謝です

ありがとうございました! 

December 12 [Tue], 2006, 23:45
 昨日の話になるけど、スーツを買いに行った行ったのは、紳士服の○る△ま。以前、いちど見に行ったときに、店員さんにいろいろお尋ねしたのを覚えている

 そのときに、お尋ねした店員さんに名刺をいただいた(なんと、店長さんでしたんだけど、そのときに話していたように、12月中に買いに行くことが出来たので、よかったな、と思う

 買ったのは、フレッシャーズ向けの8点セットというもの。スーツ代金に+1万円で、シャツやベルト、ネクタイやタイピンなど、靴までもが付いてくるものだ。見に行っていたときに、店長さんに「このセットは、誰でも買えるんですか?」と尋ねてみると、「そうですね。これという決まりはありませんが、新社会人向けのセットになってます」

 この話を聞いて、ちょっとガッカリじゃあ、自分は買えないんですかね…と尋ねてみると、「…買いに来ていただけるんでしたら、名刺をお渡ししますけど…」と店長さんそのおかげで、無事に8点セットを買うことが出来たのだ

 買うときには、店長さん直々に店内を動き回り、「こちらはいかがでしょう」とか、「こっちもございます」と、いろいろなものを持ってきて下さったおかげさまで、シャツやネクタイなど、選ぶべきものも比較的スムーズに決まったように思う

 さらには、選んだスーツに付いている値札を見たら、話に出ていたものよりも1万円以上も高い値が書かれているではないかとりあえず、そのことも尋ねてみると、「あっ、これも(最初に言っていた価格で)よろしいですよ」と店長さん。ま、マジっすか


 最初から最後まで、店長さんにものすごく気を遣っていただいて…いい買い物が出来たあのときに、とりあえず見に行って、店長さんに声をかけていただいて…よかった、と思いますほんとうに、ありがとうございました

感謝です

再確認! 

December 11 [Mon], 2006, 8:10
 昨日は、一日中、予定がびっしり、というめずらしい一日だった。一日中、感謝してばかりの一日だった。

 夜、日付が変わる直前に、友達(以後、彼女)会った。前に、俺の仕事の話を聞いてくれた人で、今日はそのカタログを渡すことが俺の目的、彼女はパソコンのことを聞くのが目的で。

 わざわざ、途中まで迎えに来てくれて、車で移動した。めちゃめちゃいい車で、ナビ付き、しかもバックしたりするときは後ろの映像がナビに出たり、停車したら左右の映像がナビに出るこれには、驚いてしまった。「うわぁ、こんなの出るんだぁぁぁ」と驚いていると、「そんなに驚いてもらえると、なんか嬉しい」と彼女えっ、無知を全開でしたか

 ファミレスで、パソコン…MacBookを持って入って、話をした。そこで、仕事の愚痴(?)とかを聞いたりしながら、パソコンで分からない、というところを教えてあげた(教えてあげたっていっても、ギリギリだったじゃん

 MacBookをいじりながら、ちょこっと教えてあげたり、iSightで遊んだりしていたら、めっちゃ楽しかった
 Macを使っていたときに、VAIOがどうしても欲しいって思って、わざわざ買い替えまでしたのに…しばらく前から、やっぱりMacがよかったという思いが消えてくれない。早くMacを…iMacかMacBook Proを買える日が訪れて欲しいな、と思う。

 それから、いろんな話をして、帰ることにした。帰りも、わざわざ家まで送ってくれて…本当に、ありがとうおまけに、Macの良さを再確認させてくれて…嬉しかったし、いろいろ話をしてて、楽しかったです ありがとう 

感謝デス

ついに… 

December 09 [Sat], 2006, 21:17
 いま、働いているのはパチンコ屋なんだけど、来年の1月から、ついに正社員になることになったいまの店で、バイトとして働き始めて4年と4ヶ月…ついに「がんばってみよう!」と自分で思えた。

 個人的にパチンコはまったくやらないので、俺にはバイトくらいで十分…と思っていたんだけど、上司の勧めで、正社員として雇っていただけることに俺でも務まるのかな…という不安が無いわけではない(むしろ、不安のほうが多い)けど、がんばらなきゃ、だよね。

 もちろん、自分に対する責任が増えるのは間違いないし、今までと同じ感じではいけないと思う。それでも、上司が俺を気遣ってくださって進めてくださった気持ちを無駄にはしたくないし、応えていきたいなと思う
 社員になったら、社宅も借りてくださるそうで…部長が「家賃は、店が払ってやるよ」と言ってくださっている。マジですか今の実家からだと、自転車で片道35分以上かかるから、ちょっと面倒なときもあるんだよね…。

 前に一人暮らしをしてみたとき(もう一つのブログ参照:http://blogs.yahoo.co.jp/nextomo2003/)に感じていた不満を感じなくて済むならいいな、と思う。

 なにはともあれ、不安ばかりが先行してしまうけど…がんばっていきたいと思っている。気持ちを、ちょっとずつでも切り替えて…期待に応えられるようになりたい。がんばります
 上司のみなさん、バイト仲間のみんな、いつも仲良く、楽しく接してくれてありがとう
 感謝です☆

仕方ないんだけど… 

December 07 [Thu], 2006, 19:25
 今日は、仕事が休みそして、昼過ぎから、人から教えていただいたビジネス(?)の話を聞きに、セミナーに行ってきた

 話をじっくりと聞いてみて、「いいな、この話」と思った月々の会費は高くないし、今月中にでも申し込んでしまいたい、と思った。
 実はこの話、以前から教えていただいていた話だったんだけど、じっくりと聞くのは初めて。それに、申し込みには、既存メンバーの紹介が必要みたい。

 この話を教えていただいた方(以後、Nさん)に「紹介する人を考えるから、もう少し待って」と言われてから、もう半年近くが経った。もちろん、Nさんもお忙しいのはよく分かるでも、今日話をじっくり聞いてみて、早く申し込みたくなったんだけど、それをNさんに伝えてみると、「もうちょっと待って」

 う〜ん…と考えて、もう一人、この話を教えてくださった方(以後、Mさん)にお願いしてみることにした。すると「うん、いいよ」と快く紹介者記入欄に書いてくださった。
 以前、Nさんは「Mさんにお願いするのが、普通なんだけど…」と語尾を濁らせてらっしゃった。でも、早く申し込みたい一身から、Nさんに相談することなく、Mさんにお願いしてしまった

 とりあえず、家に帰宅その際、Nさんに電話でその旨を伝えてみた。「…失礼でしたか?」と。するとNさんは、「う〜ん、そりゃちょっと…やっちゃいけないテだったね」と言われた。やっぱり…ごめんなさい。
 「今後は、僕にじゃなく、Mさんに相談したりしなきゃいけないよ。こんな風に電話したりしてもいけないと思う。じゃ、がんばって」と言われ、電話を切った。
 Nさんには、いろいろお世話になったのに、なんだか恩を仇で返すような形になってしまって、本当に申し訳ありません。


 帰宅後、俺はなんだか沈んでしまった。もっと、考えてから動けばよかったかな…って。いつまで待つようになるかは分からないけど、Nさんが考えてくださるようにした方がよかったかな…って。でも、いまさら考えても仕方ない。頭では分かっているんだけど、それが前面には出てきてくれない
 いま読んでいる本の中に「悩んでも、結果が変わらなかったりすることは、悩むのをやめよう」と書かれていた。今回の件も、該当するよね。わかってるんだけど…そう思い込めない自分がいる

 それでも、この話を友達に話してみたりしたら、ものすごく励ましてもらったりしたそうだよね、いまさら悩んでも仕方ないよね
 話を聞いてくれて、暖かいアドバイスをくれて、ほんとうにありがとう。ものすごく、救われました。これからも、よろしくお願いします

感謝です

ほんとに…? 

December 06 [Wed], 2006, 20:59
 つい先日、いきなり職場の上司(以後、S主任)に聞かれた。「お前、車が欲しいって言ってなかったか?」。「はぁ、欲しいんですけど…」と言葉を濁したら、「俺が使ってた車で使ってないのがあるんだけど、欲しければあげるよ」と言われるではないかま、マジっすか?
 スクラップにしようと思うんだけど、長年乗ってきた愛車だから、できなくて…とS主任そういうのって、ありますよね

 その車は、スズキのワークスでも、その車はかなり古いものらしく、10年前くらいのもので、走行距離が150,000km(!)くらいらしい。車に関する知識がまったくといっていいほど無い俺でも、すごいことはわかる

 それでも俺は、最初の車として…練習がてら乗るものとして、いただく気満々だ。でも、他の主任や副主任に「どう思います?」と相談してみたら、「…まぁ、ぶっちゃけ言うと、止めといた方がいいと思うけどなぁ」と言われる。
 その車は、車検切れになってて、車検を通す必要はあるけど、車体の価格はタダでいいよ、と言われていた。車検とか諸々で、だいたい200,000円くらいかかるみたい。でも、「タダでもらったとしても、結局は予想以上にお金がかかると思う」と言われた

 でも、S主任は、俺が車を欲しがってるなら、よかったら…と気を遣ってくださったんだよねそんなS主任の気持ちを踏みにじることはできない頭の中で、まだ少し迷いはあるけど、やっぱりありがたくいただく気は多くの割合を占めている

 今までずっと「いらなくなった車をくれるような人はいないかなぁ」と甘い考えを持っていた俺に、そんなことを言ってきてくださったS主任。どうも、ありがとうございます車を持ったら…という考えは新鮮で、ものすごく楽しませてもらってます 

感謝デス

初めまして! 

December 05 [Tue], 2006, 17:19
 初めまして

 これから、なんでもないことやどうでもいいこと、そして自分の気持ちなんかを書いていけたらいいな、と思います。どうぞ、よろしくお願いします
 なにより、このブログで重視したいのは「感謝のココロ」です。もっともっともっと、人に感謝していきたいな、という思いから、この新しいブログを書くことにしました(以前も、普通のブログを書いていたんですけどね


 実はこのサイト、同じヤプログでブログを書いてらっしゃる、ラヴクリスティーヌ先生に教えていただいたんです「I Love Zolon〜占い師のヒトリゴト」という名前のブログですこのブログを見られた方、ぜひ見てみてください
  http://yaplog.jp/ilovezolon0907/

 昨日は、ラヴ先生の働く占いカフェ「ゾロン」にお邪魔しました。マダム楊々先生もご一緒にいらっしゃったんだけど…、友達と2人、ものすごく楽しい時間を過ごさせていただきました。おいしいケーキもいただいて…どうも、ありがとうございました

感謝です
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tomottey
読者になる
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる