純資産評価

April 09 [Fri], 2010, 22:22
純資産評価

証拠金に関する情報です。余剰金は多い方が良いというのは、FX業者によって、スワップ金利などの含み益も証拠金として使える場合があります。 含み益を証拠金として使えることでより大きなポジションを持つことが可能になります。
例えば、ひまわり証券では、総資産評価の評価額、それから未実現のスワップ金利、こういったものを純資産として評価します。そしてその純資産を証拠金として利用が可能となるのです。
例えば、預かり金を100万円お預かりしているとします。そしてドル円を10万ドル買っているポジションがあります。
その10万ドル買っているポジションに対して、証拠金額を60万円使っているとします。その時点では100万円から証拠金額60万円引きまて、余剰は 40万円というような形になりますけども、その10万ドルの買いポジションに対してその後、スワップ金利などで20万円の評価益がついたとします。このときの純資産額というのは、先程預かっている100万円に、
プラス20万円の評価益という形になるんです。つまり純資産額としては120万円という形になるのです。
余剰は120万円に60万円を証拠金として使っているということになるので、60万円になります。
この余剰の60万円分を証拠金として使うことができるので、
新たにポジションを持つことも十分可能になるということです。
ただし、余剰で、あまり取引数量を持ちすぎてしまうと、アラームとかマージンカットとかリスクが伴いますので注意が必要になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tomokikappa
読者になる
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/tomokikappa/index1_0.rdf