どっち 

December 14 [Sun], 2008, 14:55
かつて不倫相手だった彼。
新しいダーリン。

どっちも好き。

当たり前だけど、不倫相手の方がはるかに大人で、頼れる存在。
子供ぽいのはもう嫌だ。

一緒になりたいけど、不倫相手と結婚はできない。

やっぱりどっちも好き。
まだ決められない。

大人 

August 18 [Mon], 2008, 13:43
会社で信頼してた先輩。
忙しくてもいつも仕事を優しく教えてくれて、慕っていた。

その先輩のお陰で最近彼氏ができた。
前の、人には言えない恋愛から卒業することもできた。

ある日の先輩達との内々の飲み会で、
「私彼氏に飽きっぽくて、飽きると環境を変えないとダメなんです。」

環境を変えるってなんだろう・・・
新しい人を作って別れるって意味なら今の彼氏と別れてるはずだし。

「知り合った人とそういう雰囲気になったら別にそのまま行っちゃうんですよね。」
と先輩は付け加えた。

!?

浮気ってこと!? って聞いたら
「そんなはっきり言われても〜〜。でも既婚者ばっかりで微妙なんだよぉ。」

もっと驚いた。
私もそういう相手と恋愛したことあるから、否定はできないけど私は彼を愛してた。
でもその先輩は違う。
始めから体だけの関係だ。

私はそういう付き合い方はできない人だから、理解はできなかったけど否定する必要もないと思ってその場はうなずいた。



解散後、眠りに着こうとした時また先輩の話しを思い出した。
急に

まさか、彼氏ともそういうことがあったんじゃ・・・

すぐに電話して確かめたかった。
女の胸騒ぎは当たる。

電話じゃウソ付かれた時に気づきにくい。でも次彼と会えるのは5日後。

いても立ってもいられなくて友達にメールした。

「その話しでそこまで連想するなんて考えすぎだょ。彼いい人そうだし大丈夫だよ。」
とすぐに返事をくれた。

胸騒ぎは止まないながらもこのまま夜が明けても困る。
その言葉で落ち着かせようとして眠りに付いた。

次彼と会う日まではなるべく忘れようとして彼と連絡を取った。



当日、 「ちょっと不安に思うことがあって・・・、まさか先輩としてないよね」

してなければ即座に否定の言葉が出るはず。


否定はされなかった。予感的中。

すぐに先輩と彼と一緒にいる姿を想像してしまった。 眩暈がした。

彼は生じゃないとしたがらない人。

そのうち気持ち悪くなってきた。

もう何年も前のことらしい。 その場のノリだったみたいだ。

過去を責めるつもりはないが、せめて知らない人であってほしかった。
これからも毎日顔を合わすのに・・・

彼女はまさか私が知ってるなんて思ってない。

明日からどんな面して会えばいいの。

それよりどうして今まで平然と私と話せたの。

彼は昔遊んでた人で、今はもう消したい過去らしい。 今を見てほしいといわれた。

でも二つ返事はできなかった。

浮気でも最近の話しでもないから胸にしまおうと思う。

でも少し時間がかかりそうだ。

先輩への信用はなくなった。

先輩はいい年になっても彼氏からプロポーズされずヤキモキしながら付き合ってるらしい。
そりゃ、相手もそんな危なっかしい人じゃ身を固められないだろう。

これからはかわいそうな人と思って接していこうと思う。



最後には今までの先輩後輩の関係を裏切ってやるけどね。

遠恋の果てにY 

May 12 [Mon], 2008, 11:24
彼に会いに来ているのにその人が忘れられなくて、何度かネットカフェに案内してもらい、日本へメールを送っていた。
彼と隣り合うことがなかったのが、救いだった。

一週間滞在し、いよAお別れというときはやはり寂しく、もっと居てもいいかなとも思ったけど、やっぱり日本が恋しかった。

日本に帰るとその人はとても複雑な心境だったらしく「やっと帰ってきたね、一週間本当に長かった。」と寂しそうに言った。
妻子がいるのに真っ直ぐに私を見つめる。
束縛に近いほど私にかまってくる。
その人がさっぱりわからなかった。

惑わされちゃいけない、いつかは捨てられるんだからと気持ちにバリアを張っていた。

基本的に人を信じられない性格の私は、終止符を見据えてのお付き合いのつもりだった。

想像以上に私を独占しようとし、彼氏の様に私を叱ってきた。
気持ちをしっかり持ってないと崩れそうになるほど。
奥さんとは冷戦状態で冷め切っているみたいだが、子供が小さいから別れる気はないと言われた。
結婚願望が強い私にそんなことを言うのだからもっと普段は抑えてくれればいいのにと思う。
それでも驚くほど、ヤキモチを妬き束縛をする。

でも万が一私のものにしてしまったら、子供の人生を狂わしてしまう。
そこまでの責任は私には持てない。
単身赴任で近くにいるが、隔週で帰るときも私への連絡は欠かさない。
子供の入学式や卒業式の時も連絡を取ろうとするから、「こんな時くらい私を忘れたら!?」と言ってしまうほど。

男ってわからない。
両方をいっぺんに愛せない人だから奥さんはきっと気づいてるはず。
それでも騙せてると思っているのだから幸せな人だ。

これから先何年も付き合っていきたいという。
私は「いいえ、いつかは奥様にお返しします。最後はいい父親、夫になって。」と言った。
そんな言い方をすると彼はいつも落ち込んでしまう。

これから先もずっとなんて都合のいいことを言うもんだ。
私だって、普通の家庭を持って、旦那の帰りを待ちたい。
年の差はかなりあるのに少年のままだから、どこにでもいるカップルのようにケンカをし、よく話し合う。
もうすぐ2年近くなる
それでもヤキモチや、束縛は治まらない。
私は滅多に妬かないし、こんな関係だから気持ちの整理ができるように心がけているのに。
そんな性格の私だからヤキモチを妬かれる方は面倒くさい。
友達には私がドライで彼に溺れず本当によかったと言われた。

過去に本気で離婚を迫られたことがあったらしく、あんなに独占欲をぶつけてこられたら普通の人なら仕方ないだろうなと思った。
私ももちろん彼を愛しているが、自分の立場はわきまえてるつもりだ。

だからもう少し年を重ね、彼が丸くなった頃に奥さんを溺愛してほしいと願っている。

遠恋の果てにX 

April 25 [Fri], 2008, 13:31
人生初めての浮気。
甘くみてた。

何があっても彼が好き。
いったいどこからそんな自信がわいてたんだろうか。
浮気をやりこなせる人はすごい。
そう思うほど。。

彼は本当に向こうでたくさんのおもてなしをしてくれた
行きたいところに連れてってくれ、やりたいことも全部してくれた。。
キッチンのあるホテルでは料理も作ってくれた。

「このために前から料理の練習してたんだよ。」

それって女の子が言うセリフじゃ・・・
そう思いながらも私は料理が得意じゃないから豪華なおもてなしを受ける

その晩はなぜか彼と距離を起きたく、拒んでしまった。

とても悲しそうな顔をしてたけど、やっぱり女の人って気持ちも大事なんだって思った。

夜も中々寝付けず、一人ベッドルームから出て、リビングで涙を流した。

せっかく会えたのにこのまま日本に帰ってもまた振り出しに戻るだけ。
離れた距離が埋まらない、また彼氏という形を追ってるだけの日々がくる。
もっと連絡が取れたらいいのに。
目の前に彼がいるのにどうしても素直に喜べない。

色んな思いが巡ってる中、私がベッドにいないことに気づいた彼が傍に寄ってきた。

どうしたの? と、もちろん聞かれたけど、どこから説明したらいいのかわからなくて なんでもない と言った。

そんな私を見て彼はどんな気持ちだったのだろうか。

私には会えない距離がある分心の距離も広がる。

気持ちだけはなんて自分にはありえないことがわかった。

遠恋の果てにW 

April 23 [Wed], 2008, 15:16
一人の飛行は初めて。
周りがバカンス気分のカップルだらけで、一人寂しい女ポツリな感じだった。

飛行中も
きっと大丈夫。
涙が出てきてしまうほどうれしくてハグしてしまうはず。
期待してた。

到着は明け方4時。
連絡がいい加減な彼が本当に迎えに来てくれてるのか不安でいっぱいだったが、ちゃんと何時間も前から来てくれたようだった。
そこにホッとはしたものの、喜びは冷静だった。

彼が日本を経つ前はネコの様にまとわりついていたので、彼にとってはショックが大きかったみたいだ。
一生懸命働き、私が来るときのために買っておいてくれた車が用意されていた。
気持ちは本当にうれしかった。
でも車に乗っても景色を眺めてしまう本心と、少し彼を受け入れなきゃと思う自分がばれてるようだった。

「会った瞬間飛びついてキスしてくれるかと思ったよ。」

複雑な気持ちになった。

「いくら外国でも日本人としてやっぱり恥ずかしくて。」

精一杯のいいわけ。

悲しかった。

私が悲しむのも失礼なこととわかりながらも本当に切なかった。

あの人と一緒になった時には私の気持ちは彼じゃなかったんだ。
そのときになってやっと気づいた。

遠恋の果てにV 

April 05 [Sat], 2008, 22:01
その2週間後には調度遠距離から半年の彼に会いに1人で行くため、1週間も休みをもらぃ、準備は進んでいた。

なのに相変わらず彼からの連絡は少なく、当日もちゃんと迎えに来てくれるのかわかないくらいの中その人からの連絡は増える一方だった。

きっと一時のことだし。

と結構気楽に考えてたその頃は、寂しくて泣いてた夜が減りつつあったことへの喜びになってた。

出国一週間前、冗談で

「次は泊まろうか」

なんて言われてた週末デート。

その日の夕飯で、きっと誘われるだろうと思ってたのに意外と向こうが気を遣ってくれてたらしく一向に振られない。

気づいたら私から誘ってしまっていた。

なぜか知らないけど、一週間後彼と再会したら元どおりになれると思う自信。

今思えば1週間前なのに。

って過去の自分に怒りたいけど、半年間ほとんど放って置かれてた私は相当辛かったんだろう。

私が浮気できるなんて自分にビックリした。

彼は真っ直ぐな性格だから日本にいる間は付き合いたてのようにお互いを大事にしてたから申し訳ない気持ちにもなった。

その人からは「一週間後彼氏と会うのに本当によかったの?」と聞かれてしまい、聞かれてしまったら「構わない!」と強がるしかなかった。

正直こんなフラフラな自分で一週間後を迎えたくなくなっていた。

むしろキャンセルしたかった。

あんなに楽しみにしてたのに。。。

あんなに電話の度に  会いたい  と口にしていたのに。

これを心変わりというのかもしれないと思いつつも信じたくない自分がいた。


一週間後約7時間のフライトでとうとう彼と会えた。

遠恋の果てにU 

March 30 [Sun], 2008, 1:56
半年も経つと彼がいるんだかいないんだか、寂しいんだかどうだかの生活に慣れてきた。
多分考えないようにしてたんだと思う。

彼を見送ったあと、私の仕事の環境を変えそっちに没頭できたのもあった。

そんなごまかし生活の中で、仕事の都合上その人との時間が増えていった。
相手先を交えてのお食事会。
二人じゃなくても人柄は十分伝わった。
次第にメールや電話も雑談が混じるようになった。

久しぶりに満たされた気分だった。
彼はいないけど、私と繋がろうと何度も返事をくれる人がいる。
なんてマメなんだろう。
こんなこと高校生以来かもしれない。
毎日、毎日、仕事終わりや眠りに就くときまで受信トレイは増えていった。
この人はどんな気持ちなんだろう。

私だけなのだろうか。
いやマメだから他にもいるのかもしれない。

日に日に気になる自分がいた。

でもきっと一時だけの相手で会えるときに会えればそれだけでいい相手として見られてるんだろうと思った。

2度目に二人になった時にキスをされてしまった。
まさかそうなるなんて思わなかった。
でも憧れの人のような存在だったから、その時は正直うれしかった。
半年振りのキス。
本当にドキドキした。

1回きりだろう。
もうないだろう。
大丈夫だろう。

そう思いながら。。。

遠恋の果てにT 

March 30 [Sun], 2008, 1:13
揺れる。
元彼が忘れられないから。

彼がオーストラリアに一年行ってる間に、私は妻子ある人を好きになってしまった。

彼に対する気持ちは変わらないと思ったから。
そんなの一時で終わると思ったから。

愛情が冷めるなんて思いもしなかった。
彼が目の前で微笑んでいるのに、私は冷たい視線を送る。

連絡はめったにくれなかった。
日本にいた時はメールはほとんどしなくても電話は毎日してた。
声が聞きたくて、聞きたくて、またすぐに日本に帰ってくるんじゃないかって。
でも彼は自分の時間しか見えない人だから連絡を待つしかなかった。

手が空いた時に突然くれる電話。
週一でいい方だった。

とうとう・・・ 

May 14 [Sun], 2006, 1:40
昨日PM3:25の飛行機で彼ピさんは旅立ってしまいました

彼にとっては新たなスタート地点にいるのでとても楽しそうに目をキラキラさせていたので、泣くのは我慢していました。

彼ピの両親もお見送りに来ていて、出発前に食事をごちそうになり出発2時間前から会っていたのにあっという間に時間は過ぎてしまいました。

出発前に携帯を解約するのに一緒にカウンターまで行き今まで毎日あの携帯で電話したりメールしてたのがもう使えなくなってしまうんだな。と思うとまた寂しい気持ちになりました。

いよいよお別れの時間になり、搭乗券を見せカウンターの奥へ行ってしまう彼を彼ピの両親と3人で見えなくなるまで見送り、見えなくなってからも2、3分見送り続け 「行ってしまいましたね・・・。」と彼ママに言うと「そうね・・・。」とママも寂しそう

よく見ると涙ぐんでるではありませんか
それを見た私はこらえてた気持ちがこみ上げ、涙が溢れました

「これからもよしくね・・・。気をつけて帰ってね。」とママに言われ彼ピ両親とお別れしました。

元々マメに連絡したり会う私達ではないので、急激な寂しさとかはないけど、1年間会いたい時に会えず、電話したくてもできないと思うととっても長く感じます。

でも、ウジウジしててもしょうがないから彼に負けないくらい充実した1年間を私も送れるよう頑張って彼を信じて待ってようかと思います

1年後一皮向けて無事故で帰ってくる彼をお迎えできますように

今日はリラクゼーション 

April 28 [Fri], 2006, 2:08
地元の友達と前々から個人的に行きたいと思ってた、ボディマッサージサロンにペア個室を予約して行ってきましたぁ

渋谷にあるんだけど、前に覗いたら店員さんの対応がよかったので、「ここだ」と思ってホットペッパーに載ってたこともあり予約

そこはペアで一緒に施術ができるので楽しんでできるのが魅力 男性もできるらしいのでカップルで行くのもいいかも

アロママッサージは初めてだったので最初はかなりくすぐったかったけど、担当の方が優しく気を遣ってくれるので途中からは夢心地〜
今度は全身でやりたいかも〜

今日のことを彼氏に話したら「女に磨きをかけるってやつですか♪」と言っていたので会ったらぜひ見せなきゃね
でも最近彼氏の不規則な生活にこっちもどうでもいいよって気持ちがあって連絡をもらっても冷たく接してるみたいで、凹んでる様子が伺えるから、ちょっとかわいそう
次会ったら優しくしてあげなきゃっ
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ともちん
  • アイコン画像 誕生日:1985年
  • アイコン画像 趣味:
    ・ファッション
    ・恋愛-いけない恋愛をしてます。
    ・ペット-ジャンガリアンハムスターを飼ってます(●^ω^●)
読者になる
誕生日 ☆1985年3月12日 性格 ☆寂しがり屋、つよがり、短気、凝り性、のー天気、マイペース スキ☆ハムスター、ネイル、流行、オシャレ、ホラー小説andホラー物全般、キレイな物、美容、清潔、ダイヤandパールのアクセサリー、ハート、リボン、ピンク キライ☆理不尽、汚いもの、不清潔、くさい人 好きな人☆彼ピ、モーチ、メメ、永井大(結婚したい人)、赤西仁
最新コメント
アイコン画像ちょwwwwwwww
» どっち (2009年09月23日)
アイコン画像こけし
» 大人 (2008年10月20日)
アイコン画像じゃぶ
» 大人 (2008年10月06日)
アイコン画像よしと
» 大人 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 大人 (2008年09月26日)
アイコン画像まあむ
» 大人 (2008年09月25日)
アイコン画像ぱいん
» 大人 (2008年09月20日)
アイコン画像ユイ
» 大人 (2008年09月14日)
アイコン画像虎とら
» 大人 (2008年09月07日)
アイコン画像じゃり
» 大人 (2008年09月02日)
Yapme!一覧
読者になる