仕事でのひとこま☆

October 22 [Mon], 2012, 0:28
タイトルに記載した言葉は、私が今勤めている会社の支社長からかけられた言葉です。
ただ何となく聞くと、冷たい言葉に感じる方も多いと思いますが、今の私はこの言葉が、仕事をする上での原動力になっています。

私は今、大手生命保険会社でセールスウーマン、いわゆる営業をしています。
営業という仕事は以前、約8年ほど前に憧れを抱いて、飛び込んだことがあります。
しかし当時私が選んだ会社は歩合制で、収入の安定が見込めないことから、家族から大反対を受け、結局会社説明会の参加だけで終わってしまいました。
そんな私に、当時の営業課長がくれた本、それは世界で第2位の営業成績を誇った、セールスウーマンの本でした。
何の疑心もなく、それをただ食い入るように読み進め、いつかこの仕事に就きたいと願ったものでした。
やがて時は経ち、今や主婦となった自分が、今までの自分に不安を感じ、変わりたいと強く思ったとき、挑戦しようと思ったのが営業職でした。

今回入社した会社の説明会で、初めて面談したのは営業課長。そこでは特に、強くそそられることはありませんでした。ただ、子育てをしながら出来る仕事という事で、将来に安心が見えただけでした。

しかし、その後運良く入社が叶い、支社長から講義を受ける機会が増えました。初めて支社長の話を聞いた瞬間、自分の中で痺れるものを感じました。
支社長は約25年ほど前に当社に入社され、その後素晴らしい実績を残された営業のプロ。
これまでの実績とノウハウを、丁寧に私たちに話してくれますが、誰もが聞き入ってしまうほど、説得力があって心に響く内容です。そんな支社長が、入社1日目の講義の冒頭で話された内容が以下の通りです。

「僕はあなた達に(営業成績を)期待していない。だって皆さんも期待されたら、プレッシャーになって嫌でしょ?それに僕だって、皆さんに期待して、裏切られたら悲しいですよ。それも簡単に裏切られて、入社後すぐに辞められでもしたら、イラッときて、どっちもいいことないじゃない。でも期待してなかった人が、成績あげてくれたらめっちゃ嬉しいよね?
上司からやれって言われて、仕事するのがうれしい人って多分いないでしょ?本当に責任のある仕事したいと思ったら、自分で考えて工夫してやるでしょ?そうやって仕事したら、誰でもやりがい感じるし、頑張ろうって思えるんじゃないかな?そう思えない人は、今日辞めたほうがいいですね。辞めたい人います?」

そして入社後暫くして、こんな事も話されました。
「この会社は就業時間は7時間ある。営業マナーもうるさく言ってるけどさ、僕はお客さんと会っている時だけ、ちゃんとしてくれればいいと思ってるんだよね。たとえば、7時間の就業時間で7時間ちゃんとしとけ!なんて言いませんよ。オフィスにいる時間とか、お客さんの所に移動してる時間はさ、よっぽど変なことしない限り、別に自由でいい。ただお客様の前でだけ『○○生命の保険のプロ』になって欲しい。1日でお客さんと会ってる時間って、累計して、どんなに長くても2時間。7時間中5時間はフリーダムなんだよ。1日2時間位だったら『プロの顔』するのも嫌にならないと思うんですけど、どうですか?」

上記の言葉は、凄く印象に残って、きっと忘れる事はないでしょう。こんな感覚も久しくなかったように思います。
物事は見方を変えれば、良くも悪くも見えるもの。でも、今までの私はそれすら気づきませんでした。物事をいろんな角度から見て、自分を客観的に見て、もっともっと成長できるノウハウを研究していきたいと思います。

この仕事に興味がある方は、ぜひお声かけ下さい(笑)。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:渕崎 ようこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月25日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・ピアノ-自作曲や最近のJ−POPを弾いています。
    ・音楽鑑賞-好きなアーティスト:fucchiE、福山雅治、FUNKY MONKEY BABYS
    ・猫と戯れる-家の愛猫は朝陽♂と夕妃♀。猫カフェにも行きます。
読者になる
今の仕事を始めてから1日1日が凄く速く感じるようになりました。
これからの毎日を、日々成長あるものにするために、出来るだけ毎日、自分が感じたことを、書いていきたいと思います。
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tomo2250/index1_0.rdf