透明感って何がポイント?その原因と対策

May 20 [Tue], 2014, 19:05
お肌に透明感のある人って、ホントに綺麗ですよね^^

それだけでもう美人になっちゃう。

あの透明感って、いったい何なのでしょう??



●透明感は「光の反射」が決め手!

「お肌に透明感がある=お肌が光を綺麗に反射している」

ということなのです。

夜暗いところでお肌に透明感があるかどうかなんて、わかりませんよね(^^;)


透明感と美白(色が白い)とは別物。

色が黒くても、健康的でツヤツヤしてる人のお肌は、
確かに透明感を感じて素敵です。


透明感のあるみずみずしいお肌を手に入れるためには、

「お肌がきれいに光を反射する状態」

をつくることが、必要なのでした!



●綺麗な光の反射は肌表面のキメで決まる

鏡を想像するとわかりますね。
あるいは、波風の立っていないシンとした水面。

凹凸のないつるんとしたお肌、
肌表面のキメが細やかに揃っている状態、

これが、お肌に圧倒的な透明感をもたらすのですね。



●キメのポイント@くすみをとること

ではキメの細かなお肌には、何が必要なのでしょうか。


まず、くすみがないこと。

お肌は28日周期で生まれ変わります(=ターンオーバー)。

でも紫外線やストレス・寝不足などの様々な刺激によって、
このターンオーバーが乱れ、肌表面の古い角質が剥がれずに
残ってしまう・・・

これがくすみの原因。

ターンオーバーは、単に加齢によっても乱れてきますから、
30オーバーの女性は、気をつけていてもお肌はくすみがち。


最も効果的なくすみ対策は、肌表面の新陳代謝を促し、
正常なターンオーバーを作り出すことです。

ターンオーバーが正常になれば、古い、役割を終えた肌細胞
がちゃんと表面から剥がれ落ちて、くすみがなくなります。



●キメのポイントA十分な保湿

くすみのないお肌に加え、もうひとつ、お肌にたっぷり
水分が蓄えられていること。

これも透明肌への大切な対策です!

肌の70%は水分、赤ちゃんはなんと80%が水分だと言われますが、
特に加齢によって、お肌の保湿能力はどんどん落ちていって
しまい、多くの女性が乾燥肌に悩むことに・・・

水分の不足したお肌は、表面がガタガタ・でこぼこな状態。

これでは光を規則正しく綺麗に反射することができないのです。


たっぷりの水分を蓄え、逃がさない保湿対策が欠かせません。



●くすみと保湿、両方を解決する奇跡の成分があります♪

お肌に透明感をもたらすための「くすみ」と「保湿」対策。

この両方に最適な美容成分があるのです。


「プロテオグリカン」


聞いたことありますか?

プロテオグリカンには、肌の新陳代謝を促す「EGF」という
肌再生成分が入っています。
(EGFはノーベル賞を受賞した注目の再生成分)

そしてもうひとつ、お肌のうるおい成分「ヒアルロン酸」を
上回る保湿効果を持っているのです。


プロテオグリカンはまさにお肌に透明感を取り戻すための
救世主のような存在♪



このプロテオグリカンの100%原液を美容液にしたものが
「PG2ピュアエッセンス」

効果のほどは、言うまでもありません^^
間違いなくオススメです。

PG2の詳しい情報はコチラをチェックしてみてください
↓↓↓↓↓









お肌の新陳代謝を促すEGFのスゴイ働き

March 12 [Wed], 2014, 19:04
最近よく耳にするようになった美容成分EGF。

一体どんな成分?

EGFはヒトオリゴペプチド-1。「Epidermal Growth Factor」の略です。

グロースファクターとは、成長因子、つまり肌細胞の再生や
成長を促進させる物質なのです。

肌表面の新陳代謝を活性化し、表皮細胞の成長(ターンーバー)を促進
させる効果を持っています。


また、血流を良くして、コラーゲンの蓄積を促す働きもあります。


医療の分野でも利用され、火傷を負った肌の再生など、
皮膚再生医療の分野で重宝されてきました。


ノーベル賞受賞の物質として脚光を浴び、最近ではアンチエイジング
対策の切り札として、数多くのコスメアイテムに用いられています。


医療・美容の両方の分野で大注目のEGFなのです。

潤い肌の決め手はヒアルロン酸

March 12 [Wed], 2014, 19:03
お肌の保湿と言うと、化粧水・ローションで、肌表面をたっぷり
潤すことをまず思い浮かべますよね。

それも大事なのですが、もっと大切なことがあります。


お肌は表皮の内側に真皮層と呼ばれる部分があり、真皮層が
お肌全体を支えています。

真皮層には、コラーゲンという名の柱が張り巡らされ、その
コラーゲンの間をヒアルロン酸という名の保湿成分が
たっぷり満たされることで、ぷるぷるの潤い肌をつくっています。

つまり、真皮層にヒアルロン酸が満たされていないと、
いくら肌の表面に水分を補ったところで、潤いたっぷりの
みずみずしいお肌は手に入らないのです(ーー;)


ヒアルロン酸は年齢を重ねるとともに急激に減少していき、
なかなか補うことが難しい成分と言われます。

加齢によって乾燥肌になるのは、このヒアルロン酸の減少が
原因なのですね。


積極的にヒアルロン酸を補うこと、そしてこのブログでも紹介している、
プロテオグリカン(=ヒアルロン酸よりも更に保湿力が高い)
を補っていくことは、美しい透明肌を保つ上で
とても大切なことです。

お店の開店広告

March 11 [Tue], 2014, 15:52
昔はお店や商売の広告を出そうと思ったら、
タウンページの電話帳広告かチラシか電柱か・・・
みたいな感じでした。

実家が商売をやっていたので、そういうものに
よく広告出して、それなりに人も来てたように思います。

でも考えてみれば、今はもう電話帳自体、あまり
つかわなくなってきていますね。

情報が全部ネット上に移っていったから、分厚くて
重くて探しにくいタウンページは、用無しだって
ことでしょうか。

知り合いの修理業の人に聞いたら、まだ今でも
ぱらぱらと、タウンページを見た人からの
仕事の依頼が入るそうですが、業種が限られて
いるのかもしれませんね。

それに比べ、チラシは、なくなっていくのかと思いきや
全然すたれることなく、今も毎日、大量に新聞に
折り込まれてきますね。

同じ紙メディアでも、未来の明るさは違うようです。

じゃあ、ネットで、開店広告をだそうと思ったら、
どんなメディア・サイトに広告を出すの??

飲食店とかなら、食べログやぐるなびやホットペッパー、
いくらでも広告するメディアが、逆に多すぎて
迷ってしまうくらいありますが。

これが建設業や病院や出張修理やレンタル用品になると
ぴったりとくるサイトがない・・・(ーー;)

一応タウンページのインターネット版もあるようですが、
効果がないようです^^;

iタウンページ 広告効果

効果がないんじゃねー・・・
お金の無駄遣いになっちゃうよ。

紙の電話帳の存在感があった時代の方が、
ありがたかった業種もありますね・・。