distortion 

August 22 [Sun], 2010, 0:15
ああ
ほら

心の中の小さな歪みが
少しずつ大きくなっていく

もう 修復できないみたい

哀しくて 哀しくて
涙も流すことができないの

清々 

August 20 [Fri], 2010, 21:43
ああ
こんなに想っても
同じような情熱では
いられない

わかっているのに
悲しいの

子どもみたいに泣きたくなるの

ひと言だけ
あなたに伝えることができたなら
きっと
きっと片思いもいっそ
清々しささえ
感じるのかな

躊躇 

May 06 [Sun], 2007, 23:26
            本当に欲しかったものは何だったのか
                生きてる途中で見失った
              「よくある事だ」と誰かが宥めた

               でも「それでは駄目だ」と
                また違う人が急かす

               ねぇ。私、どうしたらいい?
            目的見失ったまま 生きても大丈夫?
            未知なる可能性に掛けても大丈夫?

                 それともやっぱり
           明確な幸せ求めて一つの道を歩くの?
       欲してた何かを思い出さなくては まだ進んではいけないの?

                    ねぇ・・・━

END 

April 22 [Sun], 2007, 10:21
               死ぬ前に  逢いに行こうと思います

                        だから

                  それまで生きていてください
                 私より先に死なないでください

                        必ず
                                     
                   逢いに行こうと思うので

               

傍観 

April 19 [Thu], 2007, 22:29
                  「未来」 「夢」 「愛」・・・

                そんな  カタチの無いものに
               すがって もがいて しがみついて
                
                 「現実」なんて見たくないんだ

                手も掛けれない 見ることも出来ない
                  ・・・触れる事もできない
                そんな曖昧な世界にボクは・・・━

                       
                     立っていたい。

飛躍 

February 18 [Sun], 2007, 23:17
                 笑いたかったら 笑っていいよ

                もちろん僕が傷つかない程度で。

              こんなちっぽけなコトで幸せ感じてくれるなら


                  「ずっと幸せでいたいな・・・」

                   それもきっとたのしいけど。

                   時々スパイスが必要だよ

                  甘苦くて すっぱい 大きな壁

              ぶち当たったら 一緒に超えてあげるから

                   逃げないで   右手繋いで

                        飛び越えよう

交差 

February 10 [Sat], 2007, 1:03
                  知ってるよ  わかってる
                  でもね  めぐり逢えない
                  決して  道は交わらない
                どうして どうして  どうしてなの
                願っただけでは  祈っただけでは
                     愛しただけでは

                 どうして道は交差してくれないの

                       どうして
              「逢いたい」を口にする 勇気が僕には無いの

花の名前 

February 06 [Tue], 2007, 21:29
                    その花の名前を  

                     僕は知らない。

                        ただ

                   ひとつ知っているのは


                
                  キミが愛した花ということ

depressed 

February 05 [Mon], 2007, 21:09
             僕等の背中には いつもそれが住み着いて
                     見えないそれが
                  いつも僕等の足を重くさせた

                   どんな言葉で包んでも
                   どんな姿勢で臨んでも

                ああしとけば・・・こうしとけば・・・

                  そんな風に重く圧し掛かる

                      ああ・・・ そうか

                     コレを後悔というんだ

Thing not visible 

February 04 [Sun], 2007, 1:37
                    「幸せ」 だなんて
                  そんなちっぽけな言葉に
                 すっぽり丸まると収まってしまう

             親の建てた家に住んで ご飯を食べさせてもらって
                お小遣いもらって  洗濯してもらって
                     怒られて  笑われて

                       愛されてる

               世界規模の悩みなんてもちろんない
                    心配してるのなんて  
                せいぜい今日観るTVのことぐらい

                         でもね

                      感謝はしてるんだ  
                   恥ずかしくって言えないけど

                 ご飯作ってくれて 洗濯してくれて
                 笑ってくれていて 怒ってくれて
                       愛してくれて   

                        ありがとう           
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像モブログランキング
» 闇中 (2006年06月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tomato_drops
読者になる
Yapme!一覧
読者になる