恋人が親友で、親友が恋人で

December 30 [Fri], 2016, 23:19
2016年、今年は舞浜によく通ったなと。
楽しかった。幸せだったー!
来年のハロウィンが楽しみすぎる。

今年もレンズを落下させて、修理した...
忘れもせぬ七夕...

年が明けてたら、愛機とレンズ2本を点検に出したいと思います。

来年の春には整形なので、それまでにまたミキカンとルアウに行こうと思います!
バチコイ!朝のF5! 笑

急遽、年越しをボブと過ごせることになって、ウキウキ!

そんな変わらずの趣味の一方で、少し意地悪な時期があって、人の心を読んだ上で突き放すという..ゲスい事をしていたのも、良い思い出です 笑←ほんとゲスい


意地悪期を終えたぐらいに、数年ぶりに再会した予備校のメンバー。
それぞれ、結婚したり、諸事情で通院したり、雪国に転勤してたり、単にぷーたろしてたり、転職してたり、山と谷を行ったり来たりしてみした。

そう比べると平凡な私←優等生ぶる


その内の一人とは、友人という範囲から、やっと、やっと、やっと親友の範囲に歩み寄ることにしました。

恋人であり、親友でもある。そんな気軽さが私には合っている。

という具合に2017年も変わらぬ趣味と古くからの親友達を大切にして生きようと思います。

(リアルが充実しすぎて、ネットから離れがちですが、今後も仲良くしてくださいまし。)

迷い混んで行くの

December 04 [Sun], 2016, 14:56
年末が見えていて、クリスマスが目の前ですね。

配属が元に戻るとか戻らないとか。色々な説が飛び交っているが、
どっちでもいいがな。

都合のいいところに、その都度放り込まれるような。
器用貧乏に拍車がかかる感じで。

*****

冬の乾燥がひどくて、指にとって頬に付けたリキッドファンデーションが
すぐに乾燥するぐらいに、空気も肌も乾燥しておる。

唯一、潤っているのは心ぐらいだ。

簡単なメモ。

November 17 [Thu], 2016, 23:23
課題図書のひとまずの感想をバラバラとメモ。

気乗りしないタイトルの本ゆえ全く頭には入ってこなかったー。

まぁ、よくある自己啓発本とほぼほぼ同じような問題提起であった。

仕事は楽しいかい?と問われたら。

そもそも私は自分の好きな分野で採用されていて、
実家暮らしでそんなに金銭に関しては切羽詰まっているわけでもない。
つまり、好きな仕事で満足できるお金をもらえている。←お前はユーチューバーかw

そりゃ楽しいに決まってる。

とはいえ、少し飽きてきているというのも否めない。よく言う、チャレンジという一歩を踏み出せていないということなのだとは重々理解している。


チャレンジをするために、自分に欠けているものはなにか?
そもそもチャレンジする必要があるのか?

会社の発展のためには、社員それぞれのチャレンジは必要なことではある。

個人ベースで考えると、上にも書いたが現状に満足しているのだ。
わざわざリスキーなことをしなくても良くね?
失敗から人は学び、成長するって耳タコだからこそ、あまのじゃくでスルーしたい。

いや待て、誰かのチャレンジに良いように使われてるだけなのではないか?とも思えてきたぞ。

それで時間が過ぎ去っているとも言えなくもない。

そう捉えると私のしている仕事が急激につまらないものに感じてきた。

責任者の下でこきつかわれている下っぱなのではなかろうか?

というか、下っぱの下っぱが居ないからこうなってんじゃないのか?いや、その下っぱを育てんのが私なのか。
じゃ私の下っぱって誰よ。ねぇ。

段々と元から逸れてきたわ。
お前はいつまで人のせいにするつもりなんだ。←そう言いたい


結局、本の核となる問題提起は
仕事に変化を付け自己成長してるかどうかということだ。

別に仕事が嫌いでもないしなー。
毎年配属変わってるしなー←そんなんでいいのか組織よ

仕事の変化=他人よりも目立つことをする
そう捉えがちなのだが、そういうことではないよね?

誰かと比べて仕事が出来ている、出来ていない。

痒いところに手が届く、孫の手のようなポジションからどう一人立ちするか。

ゴーイングマイウェイかつオリジナルな事をしでかしたい。
そうやってうぬぼれながら自己成長できたらどれだけストレスフリーになることやら。

あー、バイトでいいやー。

そう若者が思う気持ちがよく分かる。

暇の極み

August 15 [Mon], 2016, 23:51
お盆を新潟で過ごしております。


する事がなくてつまらない。


よく言えば、のーんびりしてます。


ど田舎なのかと言われたら、それほど田舎ではない。
大きな駅まで歩いてでも行ける。


とはいえ、わざわざ新潟に来て買い物する目的もないし...
よく行ってたプールは閉業してるし...
テレビは五輪だし...
映るチャンネル数少ないし...


今まで遊び相手だったいとこ達はサービス業の仕事だし...


パソコンもプリンターも無ければネット環境も無い。


あるものといえば、持て余す時間。


子供の頃は夏休みの宿題があったが、今は期限に追われるタスクは無い。


「ひまひまひまひま」言ってたら昨日は叔母が、夏のイルミネーションに連れてってくれました。


ありがたし。
一昨年ぐらいにチューリップを見に行った丘陵公園。
また違う一面が見られて良かったヾ(*'∀`*)ノ


冬にもイルミネーション飾ってるらしいが、降り積もりすぎたら見られないのではなかろうか...。




私は、のーんびり過ごすのは2日が限度だなと...

本人にとっても。私にとっても。

August 08 [Mon], 2016, 18:01
全員が夢である。

年に1回ぐらいでしか行ってない大石さんのワンマンライブ。
今年はまさかの会議と暑気払いとどんぴしゃりました。
16:30までの会議と、午前中に暑気払いの準備をして...

暑気払いは参加せずに、恵比寿まで、ダッシュ。
(いや、私がダッシュしたのは会社から最寄り駅までと、恵比寿駅からリキッドルームまでの道のり)

16:25に終わる予定の会議。

16:37の電車に乗れなかったら困る。

焦る私。

喋る社員。

16:27を指すスマホ。過ぎてるがな。

焦る私。

16:28に終わる会議。

「ではこのあとの流れを幹事さん仕切って。」

そう、私が幹事さんです。

「真ん中のテーブル残しの、イスを抜いて、サイドに4つ島を作って、席は自由です。後は後輩君に聞いてください。10分後開始です。」

よし、私の役目は終わってないが終わったことにしよう。と思う私。

会議終わり30秒でタイムカードをきる。

16:30エントランスを走って出る。

あと7分後の電車...

無事に16:35にホームへ着く私。

電車に揺られて恵比寿へ向かう私。

耳にイヤホンを付けることすら忘れて疲れる私。

駅に17:12についた私。

17:00の定刻で会場するライブハウス。

12分間でもう呼び進んでいる入場番号。

焦る私。

道のりはばっちりなのに、信号にハマる私。

照りつける西陽に「あぁ、焼ける」と思いつつ青信号を待つ私。

ドリンク500円ジャスト持ってる私。

チケットも握りしめている私。

一向に変わらない赤信号。

15分で数字はどこまで進ん...青!

走る私。ライブハウスに着いた私。

階段を駆け上る私。

「480までの方ー入場でーす。」

そう聞こえつつ階段を駆け上る私。

「480から499の方ー入場でーす。」

やばい、これ列できてたら詰んだわー。

階段を登りきる私。

「500から520の方ー入場でーす。」

私は506。列も無い!内心ガッツポーズの私。

Suicaのごとく、立ち止まる暇なく会場入りが出来ました。

ドリンク引き換えてから、もちろん前の方へ。

という怒涛のライブまでの時間でした。


バンド編成の大石さんライブは、4年ぶりぐらい。
ヴァイオリンのあやさんいて欲しかった...。

でも、まぁかっこよかった。

買わない予定だったTシャツ買っちゃったし。
もう、我が家はライブTシャツだらけです。
ポルノさんとは業者が違うようで、Sサイズでもワンピースかよ!って丈の長さで、若干ペラい。
古着感漂うTシャツで、これもまぁ大石さんぽくて良い。ということで。うん。


あと物販で学びました。
物販でリストの表示価格と違くて、少しおねぇさんとお話ししちゃいました。

CDやDVDの端数切ってくれるのは、アーティストの持ち込みに限るそうですよ。
ディスクユ◯オンさんが来てる場合は、物販リスト価格が税抜き価格でも、税込みにされちゃうらしいです。

そう思うと、ポルノさんはいつも端数を業者さんが負担してくれてるってことなのか。
ってかむしろ割り引いて売ってるぐらいだから、それなりの在庫数を抱えてるという...

別の方向でポルノさんを心配してしまったよ。


ドタバタと過ぎ去ってしまった、楽しい土曜日でした。

「俺の夢はみんなの夢でもあるわけだからね、
ここで抜けたら夢が一つ減るわけだから。
何をすべきか分かるよね。」

つまりは、武道館へのキャパシティを埋められる程のファンを連れて来いということ。

みんなが広告塔というわけです。

あいあいさー。

sacraも武道館へ連れて行きたかったよ...拓ちゃん...。

生きてるうちにあと何回

May 31 [Tue], 2016, 0:06
生きてるうちにあと何回
君に会えるか分からない


今日は、私が今までもこれからも一番推しているバンド、sacraのラジオでした。


sacraのボーカル主のライブに行ってきたばかりってのもあって、
まだまだ熱が冷めないのですが...


ギターが無期限休止という報告。


加藤拓也(T ^ T)
最後に会ったのは3年前ぐらいなのだが、
本当、冒頭のフレーズが頭の中に流れて来たよ。


バンド自体も、休止していた時期があったり
少し不安定さはあったが、まさか一人だけ休止する決断をするとはな....。




長く追ってるファンからすると、はやり寂しい。
拓ちゃんの作曲がアルバムのアクセントになって好きだったのにな。


休止から戻ってきても、戻ってこなくても
どちらも受け入れる。


でも戻って来て欲しいよな。


2回りも大きくなって。





働きマンを観た。

May 01 [Sun], 2016, 2:00
考えれば考えるほど。


世の中はGW、その世の中に見事に飲み込まれて私も休みです。

3連休明けの出勤は、私とマネージャ。
休んだところで行くところがないので仕事をします。

うやむやになっている事が一つ。

私は、うやむやにするならば引き受けたい。
やらされてる感でやるなば、やらないで欲しい。

かといって、「じゃ、この人に」っていう流れでもない。

上空の気流は穏やかである。
そう、誰もが他人事のように見て見ぬ振りに近い。

モヤモヤとしたまま、答えらしきモノを上も出さないまま。


「企画とはサービスであり、サービスは思いやりである」

私の核がこの言葉であるうちは、私は誰とでもバチバチと戦いたい。

時に、自分が必ずしも正しいわけではないと振り返り自問自答もする。
でもこの言葉に勝るやる理由、やらない理由は見つからない。

カタチは変われど、前進させていきたい。

やりたいと言わせたい。

そのためには自分は前向きに計画を立てる。


(でもさ正直、私も今のタスクで手一杯だよ。)

そう弱気も時には吐くが、働きマン的な強い女になりたい。

誰かに寄りかかるとか甘えるとか、自分がそれを良しとしない。

映像が好きだ。

March 27 [Sun], 2016, 23:34
久々のブログ更新。


最近Tカードなるものを作りまして、TSUTAYAでレンタル出来るようになりました。
アンチレンタルだったんですけどね 笑


金曜日は、今まで観れていなかった今敏監督の初作品パーフェクトブルーとアナ雪を借りてきました。


パーフェクトブルーがアプリにも地上波にもならない理由が分かった。
グロいから。そもそもR指定。


目を潰されたり、腹部にガラスが突き刺さったり....


何よりも多重人格者の表現の不気味さたるや。


パーフェクトブルーの表紙は、ミマのポスターではなく、ルミのポスターなんだろうか。


伏線がすごいと考察サイトは書いているが、伏線という表現ではない気がする。
1週間なので、もう一回見よう。


これで、今敏監督作品4つを見終えた。


断トツで千年女優が難しい。


アナ雪、友人と映画館で見たのでなんとも言えないが....。
うん、パーフェクトブルーに比べたら、メンヘンで分かりやすくて、可愛くて....雪だるまが憎い 笑


次は、東のエデンの劇場版を借りてこよう。


パーフェクトブルーを見た後の、僕街は味気なさすぎた。




***


ここのところの私のモテ期。
一言、「疲れた。」


モテキのいつかちゃんポジションが、以前から一番良いなって思っていて...。
ハッキリできないフジ君と付かず離れずで、結局曖昧なまま離れる。
友達以上恋人未満ぐらいの感じ。
言葉を悪く言えば、いつでもポイって出来るしポイされることもある。
なんなら、私はポイされたい。←おい。


が、ハチクロの真山と山田の関係になってしまっている今。
匠先輩が真山に言った言葉が刺さりすぎる。
あーぁ。このままでは山田を傷付けるだけである。
いや、その種を蒔いたのは紛れもなく真山であり私である。山田の気持ちに応えられないことを分かっていながら、山田を気にかけすぎた。



始まりはいつも目の前にある今

February 18 [Thu], 2016, 19:35
今朝は久々にsacraを聴きながら出勤。
木谷さんの人間味を少しでも分けてもらいたい。
何が良いってsacraの強みは歌詞だと思う。

***

実働10日間ぐらいですが、新しい部署で、時間に追われずにガシガシと仕事が出来ることに開放感を覚えております。

目標ある仕事から、フリーダムな部署となり、1日ごとに達成感を味わえるのか、捻出することが出来るのか...と自分に自信がなかった。

でも動き始めたら、どことなく満足感が得られるぐらいのカタチあるものを作れている自分の能力の高さを今しがた褒めてやりたい。
(自己評価は激甘)

開放感からか、脳みその回転がとてつもなく良い気がしております。

凝り固まっていたんだなと。

いや、もう月末にはHPがガラッと変わりそうです。
じわりじわりと変えつつあるが、ふふふふ...。

仕事の楽しさ、これまでが最大だと思ってたがまだまだまだまだ楽しい!

やりたいことの目標はまだ不明確ではあるが、良い方向に進んでいる。
負のスパイラルではないのは確かだ。


「環境や会社の変化に対応できる」
「始まりは目の前にある今」

そう、加速ながら今を過ごしていきたい。

サプライズ気質

February 02 [Tue], 2016, 22:34
「難しく考えすぎだよ。」って優しく説いても伝わらない。

新入社員ならばいくらでも出来ちゃうのに。と思った本日でした。

そう、一つ下の後輩に仕事を引き継ぐ為の、
共通認識の為の会議。

そもそもMGからの突拍子も無い発言にイライラして仕方が無いのに、
下も下で受け入れてもらえない。

どこに答えがあるのでしょうか。

おまえらが拒否してる仕事達を1人でやってたんだよ。
発行するもの以外も無数に仕事やってたんだよ。
驚くだろ?そりゃ5人のサポートしてたんですもの。


担当地区でのノルマとか、分かるよ。
えぇ。拒否る為の理由も分かるとも。

だが、ルートだろ。

新規なら分かるが、ルートだろ。

なぁ、ルートでしょ。

しかも6人でしょ。

守る為の仕事しろよ。

って、喉から心の声が漏れ無いようにがまんしました。

仕事は好きなのに、会社は好きなのに、社員を好きになれないって悔しい。

プログラマーってすごい残業あって難しそう。

学校の先生って親との関わりが大変そう。

こんな感じの他人を見るかのような事ばかりで、
新しい事をしていこうというバイタリティーを持てよ!
まだ20代だろ。

こっちとら、新規開拓密かにしてたんだよ。

ってか、私はもう居ないの異動なの。

君たちは問答無用でやるの。

やらなきゃいけないの。

工夫してやるのも仕事なの。

もう、一から仕事の受け方を教えなきゃいけないの勘弁してよ。

そして、私は営業に負担がガッと行かないようにシステムを作る努力をし始めております。

インデザイン完璧にしたい。

ちょー画期的な流れを作ってあげたい。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トムそん
読者になる
かれこれ何年やってるか意識ない。
ダラダラした高校生活も 大学受験期も フレッシュな時期も ツラツラとワケわからない 日本語で書いてきました。 言えることは、日本語能力の乏しさ...
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Yapme!一覧