自転車通勤に向けての一文、二文

August 02 [Sat], 2014, 22:02
今月から解禁の自転車通勤。是非を問わず、初日に間に合う様に申請書を作成し、同時にネット加入の自転車保険に申し込む。



それ以外にも自転車通勤が解禁されたら揃えようと考えていた物があったので、それらも間に合う様に揃えた。下記がそれら。


・ヘッドライト(100ルーメンだと不安も感じるのでmax1,000ルーメンの物を新調)
・ヘルメット(既に持っているけども、大分古いし新調)
・サイクルジャージ
・インナー(メッシュシャツタイプ)
・サイクリング用のバックパック(パックは色々あるけども、通気性の良い物を新調)


そして一回通勤してみると色々と足りない物、あるべき物、etcがあったので更に買い足しw


・インナー(日焼け止めも兼ねたLSのコンプレッションウエア)
・ビタミンC
・クエン酸
・粉末スポーツドリンク


自転車通勤は自動車通勤と比べてエコではある物の、基本的なコスト燃料代、飲料代、etcを考えると自分の車がハイブリッド車であるせいもあってコストはどっこいどっこい。むしろ、自転車の方がランニングコストはかかるw



しかし、その分通勤時間=運動時間というジムに通う必要性が低下するので、そこは自動車通勤には無い大きなメリットであり、今後を考える上での大きな武器であり、自転車通勤のメリットである。



と言う事で、次週は月曜日からまた通勤を始めるので月、火、水、・・・と続けて行った時の心身の状態をしっかりとモニタリングして、今後しっかりと続けられる様に管理、調整して行こうと思う。




この一ヶ月でどれだけ体重が減るのかが密かな楽しみでもある。勿論、食事制限、カロリーコントロール、サプリの服用も全て含めてどれだけ効果が出るかな♪

久々の漬け込み な一文、二文

June 19 [Thu], 2014, 22:31
毎年作ろう!!と思いつつも、梅のシーズンが終わってしまって作れなかった梅酒。 今年はエイやーっ!!と作る事に。



用意したのはこちら。

・10号保存瓶(8L)×2本
・紀州 南高梅 6kg (足りなくて1kg追加してw)
・氷砂糖 6kg
・50°ウォッカ 9L (実際には7L程)

前回作った時の記憶を頼りに揃えたみた物の、ちょっと過不足有りw でも、何だかんだで作成開始。



1)梅のアクを抜く為に水に浸す。約1時間。




2)アクを抜いた梅のへたを取る。比較をした事が無いが、ここの有無で雑味の有無に繋がるそう。



3)その後きちんと水気を拭き取る。



4)水気を取ったら梅&氷砂糖を交互に投入。



5)一杯まで詰めたら後はコイツを流し込む!!



6)ウォッカを入れ終わったら、後は少なくとも2〜3年寝かすだけ。 4年前に漬けた梅酒は、2年以上触っても見てもいないのでちょっと気になるw
そして、梅酒作りと言ったら知る人ぞ知るコイツも再来!!!!

さてホイール な一分、二文

May 28 [Wed], 2014, 21:37
さてホイール。



旧車のメンテナンスに併せてコンポを載せ替えようと思った。自転車を組む技術の習得も併せて。 そこで10速から11速に変えようと思い立つ。 となると、ホイールが11速に対応していないのでコンポの新調と共にホイールの新調も必要に。



コンポに関しては9割方詳細は決まっている。現状を考えると選択肢もそう多く無いし。 しかしホイールとなるとそうも行かない。



メーカーもだし、性能、値段、etcを拘り始めると終わらなくなる。 そんな中で最終的な候補が出そろった。


1)Zipp 203 (Fron 202 firecrest / rear 303 firecrest)
何と言っても憧れのメーカー。格好良い、格好良い、そう格好良い。
自分のフレームに装着すると、OPQSの追っかけになってしまうのでちょっと気が引けるが、でも確実に格好良い。
ここでは割愛するが性能としても色々凄い。 従来の概念を覆すワイドリム、ディンプル加工、云々。
少し前までは耐久性に問題があると言われていたが、年々改良が重ねられて普段使いにも問題の無いレベルに達しているとの事。
正に、エアロホイールの王道!!

2)Shimano WH-9000-24c
安心安全の国産シマノ。 9000シリーズになってから評判も良い。
そして金属ホイールなので海外に持って行く時に諸々の破損の心配が無い、事も無いがかなり減る。
見た目のインパクトは無いが、旧車の用途を考えると軽いし、丈夫だし、快適性も高いとの事で、素晴らしい。

3)Mavic R-Sys SLR
アルミリムなのに黒い。黒い。格好良い、黒い。
リムハイトは低いのに、この黒さは見た目のインパクトとなるし、これが格好良い。
それに、また割愛するが、性能も文句無し。
自分が普段巡航する速度での快適性はぴか一らしい。
リムがアルミではあるが、スポーク等にカーボンが使われており9000-24cと比べると心配な所もあるが、耐久性は高いとの事なので問題無いだろう。



この3種、実に悩ましい。 中途半端な買い物をするなら一番欲しいものを買えば良い!!!!とも思う。となるとZippとなる。
しかし、新車には文句無しで似合うが旧車にはぱっとしなさそう。。。それに、用途を考えるとやはりフルカーボンの不安を完全に拭いきれないのは事実。
となると、9000-c24とR-sysの決選投票となるのだが、色々考えるとc24のが良い。けども、面白みが無いし(ホイールに面白みを求めるのもねw)。そうなると最終的な満足感はR-sysとなる。


結論:現状R-sysが有力である。





まだまだ悩ましい所は多々ある。IYHに染まるか否かは自分でも分からないが、この楽しい悩みの時間をもう暫く楽しもうと思う。








しかし、早く自転車通勤解禁されないかな〜

食 な一文、二文

January 27 [Mon], 2014, 22:36
外食に行く時、一口食べてまぁまぁならばそれ以上味について考える事はあまりしない。



わざわざお金を払って食べているのに、併せてフラストレーションを食べるのは精神衛生上宜しく無い。
でも、一人で暇な時は攻める時もある。



今日は30分程歩き回って結局最寄りのラーメン屋に初めて行ってみた。



煮干しから取る出汁が売りで、つけ麺を推していたので食べてみた。が、通常のメニューではあまり出汁を感じなかった。不味くは無いが、美味しくも無い。



そして〆にスープで割って楽しむと言うのだが、その割りスープが不味かった。



確かに鰹をメインに出汁を取っているが、その他の素材の出汁と干渉し合って、絶妙な不協和音が奏でられていた。そして何より肝心要の水が不味くて、不味い。



何となく930円のメニューを頼んだが、これはいかんかった。






二度と行かない店判定でした。

山道具としてのモバイルバッテリーな一文、二文

January 13 [Mon], 2014, 12:46
こんにちは、今日は今日とてマッタリ連休最終日。



そんな中注文していたモバイルバッテリーが到着。



うん。ろくにサイズを調べていなかったので届いて開けた時のサイズが思いの外大きかったw
147x62x22mmというサイズが大きいのか小さいのかは人それぞれだろうが、5インチディスプレイのスマホは大き過ぎると思う自分にはこれでも大きい。



容量が13,000mAhあるので、サイズが大きくなるのは当たり前なのだが・・・。ちょっと持ち運びには不便と言えるサイズ。どちらかと言うと260gと言う重さがネックになるかも。



日帰りや一泊程度ならもっと容量が少なくて軽い物でも十分だと思うが、それ以外の用途となると・・・もっと小さくて軽くて十分!!





とは言え買ってしまったので、色々使い回して遊んでみようと思うのです!!

筑波連山縦走な一文、二文

January 04 [Sat], 2014, 15:34
さて昨日2014年の三が日最終日、筑波連山の縦走に行って来ました。



実家からそれほど遠くは無く(と言っても2時間はかかるw)、積雪も無い山、あまり楽すぎない山を調べていた中で見つけました。



距離は全行程で約32kmで10時間程と言うのが一般的らしく、正月ぼけした体にはしょうしょうキツかったけども充実感のある行程でした。



序盤、雨引山から見る目的地の筑波山。



筑波山女体山山頂からみる縦走して来た山々。左端の山を下った所がスタート地点の岩瀬駅。




さて、今回は行程が長く場合によっては日が暮れての下山もあるとの可能性があったのでヘッドライトは持って行った。そして案の定使いました。



下山途中からヘッドライトを使ったが、下山途中にヘッドライトを持っている人は自分を含め二人だけ。中には明かりがスマホのフラッシュを点灯させているだけ。何も持っていない小さい子供連れの家族がいたりと、完全に山登りをなめている人達だった。



確かに筑波山は低山だし、明るければ何てこと無い道だが、日が暮れれば足下は見えないし、岩はだらけだしで危険である。



どうかしてるぜ!!w



とまぁ他人のことはさておき、今回の反省点。


・行程が長く時間がかかる事が前もって分かる場合、可能な限り日の出時間には出発したい。
・時間がある時は途中で時間を割いての休憩も出来るが、時間が割けない場合はハイカロリーな行動食を十分に保持し、取り出し易い所に入れておく。
・ハイドレーションバックは便利だった。
・何があっても良い様に、スマホのバッテリーチャージャは持っていた方が良い。
・忘れ物は少なからずあるので、山行用のチェックリストを用意した方が良い。
・寒さ、熱さに強い備品のサブ、ストックは多少なり車に。
・く、薬は持つ。
・カメラは適材適所でw
・休憩はしなくとも、定期的に体操・ストレッチを!!
・次回はストックを試してみる。
・飲料に添付出来るカロリー源を画策する。アミノ酸も定期的に飲んだ方が良い。
・下山後に出発地(車の停車場所)までの道をはっきりさせる。


少し考えてこの位か。最後の帰路については、簡単に調べていはいたがメモを忘れ、且つ記憶もあやふやで当初考えていた方法とは異なってしまったw



まぁ〜色々あって勉強していく事だと思うので、今回の事をふまえて次回は更に質の高い登山を目指そう!!


2013年な一文、二文

December 31 [Tue], 2013, 0:47
去年もやった気がするので、今年も簡単に一年を振り返ってみる。

1月:頑張ろうとスノボーのブーツを新調。一回行ってシーズン終了
2月:印象に無い。
3月:GWのサイクリングに向けて体作りを急ピッチで開始。
4月:体作り怒濤の追い込みに合わせ、プランの最終決定。
5月:いざパリ〜ロンドンまでのサイクリング。これはもう忘れられない。
6月:梅雨
7月:July
8月:急にベトナム出張が決まる。
9月:結果的に半分バカンスだったベトナム出張2週間
10月:確かこの頃から山にはまる
11月:2年振りの気球。
12月:来年の山登り、サイクリングに向け体作りを始める。山用の装備も整え始める。そして〆の陸部忘年会


頑張って絞り出したが、微妙な所もままある感じでw



来年は取り敢えずシーズン中は山だったな!!と言える位には行きたい。そして、隙を見つけてヨーロッパサイクリング。



さてと。来年に向けて動き出そう、2014

本格的な冬の訪れ な一文、二文

December 13 [Fri], 2013, 21:28
今年登った山に雪が降り、例年だと積もった雪は何回か完全に無くなり、そしていつの間にか無くならなくなりガッツリ積もる。



しかし、今年は積もった雪が一度も消えず残ったまんまガッツリ積もり始めた。そして、今年は雪の少なかった昨年の倍近い高さにカマキリの卵が産み落とされると言う事案も発生。。。



今シーズン大雪の気配あり。



うん、春の訪れまで趣味の幅が狭まってしまうが、頑張ろう。

Amazon.comからブーツが届きました な一文、二文

December 07 [Sat], 2013, 21:07
Black Friday Saleの時にAmazonで買ったトレッキングブーツが届きました。



何でもそうであるが、トレッキングブーツもメーカー、種類は沢山ある訳であまりバックグラウンドの無いフィールドは用途と見た目で選びました。



LOWAというメーカーのTicam GTX。本当は3色展開の製品なのだが、国内代理店がそのうちの一色しか販売していない為に全色展開のあるアメリカのAmazon.comで買いました。



実のところ、国内販売のカラーも綺麗なのでそちらでも良かったのだが、少しでも安く!!と言う事で毎度の事ながら海外通販を選択。普通の靴よりもサイズ選びは慎重にしないと行けなかったので、事前に実物の試着を行いました。



さて注文に際して注意をしなければ行けない事があり、それが関税。これまで注文していた物品と異なり靴、特に製品に皮革が含まれる物には他の物とは別の課税方式が取られており、金額によっては気をつけないと国内価格よりも金額を払う事になってしまう。簡単な目安は、


商品購入金額の60% × 税率30% =関税@
(商品代金 + 関税@)× 0.05 =消費税A

@ + A =支払い税金総額B



となる。しかし、このBが4,300円を下回ってしまうと強制的に4,300円となるので変に安い物を買ってしまうと税金で高い買い物になる事も。間違えても、課税対象額が1万円以下では非課税と言う事は皮革製品の場合は無いのです。



今回の場合は購入金額が262.50$なので、1$=103円として見積もると、


製品価格 27,038円 × 0.6 =課税対象額 16,223円
16,223円 × 0.3 =関税@ 4,867円
(27,038円 + 4,867円)× 0.05=消費税A 1,595円
4,867円 + 1,595円 =支払い税額B 6,462円



となる。あくまでもこれが目安であり、実際には運送会社の職員が算出し商品が配達されるときまで金額は未定ですw ちなみに今回実際に支払った額は、


関税4,000円 + 消費税 800円 =4,800円


であり、予想していた金額よりも安かったのでラッキーでした♪そしてこれとは別に今回の買い物では送料が掛かり、今回はAmazonの国際配送ではなく前回の買い物で使った転送サービスを再度利用。その理由としてはAmazonが事前に徴収する送料+関税額が異様に高く、トータルの金額が国内価格と同等になってしまうからだった。



転送に掛かった費用は、


アメリカ国内送料無料 + 転送サービス料 9$ + 転送料 35$ =44$



最終的に今回の買い物で掛かった総額は、


製品代金 262.5$ + 送料 44$ + 税金4,800円 = 36,370円



となりました。国内での販売価格は42,000円なので気持ち安く買えました。さて、肝心のブーツですが良い感じです。




このサイズは正直分かりにくい。US メンズ、UK、EUサイズ。。。


ソールはビブラムのMasai



後は使う前にプリケアを行い、使ってみてインソールを交換するか否か。使うのが楽しみだ!!

久しぶりの海外通販な一文、二文

November 19 [Tue], 2013, 20:56
久々の海外通販。山に登る為の服、特にミドルレイヤーに著しい不足を感じるので、それを埋める為に今回は動く。



ミドルレイヤーとなるとフリース、インシュレーター、ソフトシェルが出て来る。それぞれを独断と偏見で見て行く。


entry1:フリース
ユニクロw
防寒というよりも保温のイメージ。一般的な安物だとありきたりな化繊100%なので、水にあまり強く無いし、濡れると速乾性もあまり見られないので結構痛い。更には防風性も低いので風の日にはきつい。
そして嵩張る。

ここで山用の物に目を向けてみると、機能性の素材を使い吸汗、速乾で結構快適な物もある。表面に撥水下降がされている物もあるので水にも強い。物によってはアウターにも使える。
しかも生地の作りも工夫されており、肌触りの良い物はたまりまへん。


entey2:インシュレーター
化繊、羽毛等のダウン。モコモコ。トップの生地によっては防風性、防水性も高く、それにダウンと来たら温かいに決まっている。
化繊の場合は少量でも温かい物もあるので、嵩張らない。個人的にユニクロのウルトラライトダウンを使っており、これが便利。
ユニクロレベルでも満足出来るので、山用の物に手を出したら・・・。くらばらクワバラ!!


entry3:ソフトシェル
言葉だけではぱっとしないw 要はレインウェアをハードシェルから見てのソフト。ゴアテックス、ネオシェル、オムニテック、Qさま等の生地ではない機能性素材を使ったジャケット。
基本的に生地は薄めで、上記二つと比べると保温性は低い。でも、防風、防水、透湿性が高く、かつ生地が嵩張らない。それにストレッチ素材が使われている事が多くストレスフリーに動く事が出来る。
保温性が低いと言っても、メーカー、生地、シリーズによってはある程度の温かさは確保出来、アクティブに動く時には利便性が高い。ハイスペックなジャージイメージ!?w
出掛ける場所によってオールシーズン活躍出来る。



独断と偏見で見て行くとこんな感じになる。自分の持っている物、各々の特徴を見るとソフトシェルをミドルレイヤーとして選択。



さて、何を買うか決まると次はどこの何をどこで買うか。



メーカーは数多くあるし、素材も沢山。デザインも違えば、作りも違う。



色々調べては見たが、現在持っているトップスはArcteryxの物が多く、サイズも分かっているし機能性も満足なのでメーカーはこちらで内定。でわ、次に何を買うか。



ミドルレイヤーでは色々種類はあるものの、ソフトシェルとなると種類はそう多く無く、大まかに2種類でそれぞれに生地の厚さ違いで3種類、更にデザインが違う物が3種類程。



多く無いと言えども10種程はある。けども、自分のニーズに合う物は2〜3種類しかなくなり、後はどれを買うか。最終的にリストアップされたのは、


Gamma MX hoody
Gamma LT hoody


どっちも似た様なデザインで、生地が違うだけ。値段が100$程違うので、MXが安く買えるならばMX、安く帰る所がなかったら元々安いLTでと内定。



次にどこで買うかであるが、基本的に海外でしか買わない。大人の事情があるのは分かるが、国内正規価格が高過ぎるからである。



前回はe-bay内のストア、たまたま値下げしていたオンラインショップで買ったが今回はその双方はあまり安く無かったので、別の店で。


basegear.com

それと、

Backcountry Gear


先のサイトでは簡単な登録で定価から20%オフのバウチャーが使えると言うお得っぷり。Arcteryxは基本的に定価販売が多いので、20%オフはかなりの割引。



20%オフになるならばと高いMXを注文!!しようと思ったけども、出費を抑えようとLTにw



でも、発注後に二つ目のサイトを見ているとMXの方が半額以下で売られているのを発見。どうやら今年の春モデルの限定カラーとの事での割引!! レディースサイズのみであったが、基本的にサイズが日本の物よりも大きく作られており、レディーズLサイズでも十分に着れる♪と言う事でお高いMXを勢いで発注w



上着2着にビーニー、ネックゲイターを追加して注文。



Arcteryxはここからがちょっと問題。これも大人の問題になるが、Arcteryxの海外の正規販売店は日本に直送する事が出来ない。



じゃ〜どうする!? 転送サービスでしょ!! と言う事でこの業界では有名なこちらのサイトを利用。


Apear Net


アメリカに居を構える会社で、日本に直送出来ないアイテムをアメリカで受け取り日本に発送してくれる。しかも、足下を見る様な商売はしておらず、価格設定が結構良心的。各サイトもアメリカ国内は送料無料になるので、転送分の代金しか要らない。んでもって前回もここを使用。



ちなみに日本に発送可能なアイテムを買って、その店の国際発送サービスを使用するよりも安い事もある。



そんなこんなで2店舗で購入して、転送会社でまとめて受け取り、そして発送。最初に発注してから手元に届くまでに10日間ならば全然早いと思うので、満足。



最終的にはMXの方の国内正規か価格から3,000円程足が出てしまったが、それだけで豪華過ぎるおまけもついて来たので、この点でも満足!!



もちろんサイズもばっちりで満足♪でも、当面山に行く事はないのでそこは残念。



やっぱり欲しいのは安く買うに限る!!
2014年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tom-s-wardrobe
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:11月27日
読者になる
Make some noise as Music!!
Make some sound as Music!!
Let's enjoy Music!!



 ちょっと変わった普通の人。

同じ誕生日に平沢唯、ジミヘン、松下幸之助、ブルースリー、徳川吉宗、くにお君、etcがいる。

 今後の進路が未定であるが、それに関しては色々戦わなくてはならないが前途多難な今日この頃。

デジタル一眼を持ち、特に被写体は決めずに、自分が撮りたいものを、見たままに撮ることを目指す。

 広島に行ってから“広島風お好み焼きを作る”というアビリティーを身に着けるも、家庭で作るには手間とコンロ2口以上必要となるのであまり作らない。また、形には美学をもって円形を作る。
得意料理はスパイスから作るカレー、豚の角煮、餃子、豆腐ハンバーグ、etc。
食べる事は好きであるが、他人から見ると味にシビアらしいw

近頃はベースが欲しかったり、etcが欲しかったりと物欲が無くならない今日この頃。

 座右の銘は『日進月歩 make steady progress』

好きな物:レスポール、レスポールトップの控えめだが我のある歪み目、orbea onix、クマのぬいぐるみ、カレー(インド、タイ)、平和な世の中、さくさくしたカツ丼、切れ味鋭い包丁、肌触りの良いシーツ、アニメ、弾む様なベースライン、ジーンズ、サイダー、睡眠

嫌いな物:切れ味の悪い包丁、固い枕、路面凍結、さくさくしていないカツ丼、果肉の少ないジャム、調子の悪い肝臓、雨に濡れた路面、人混み、人気はあるがたいして美味しくないラーメン、黄砂、拘りの感じられない物、つまらない楽器屋
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
P R