【Zレポート】2013年に買って良かった有料アプリ/有料rootアプリ25選

December 12 [Thu], 2013, 22:30
今日、定期券を忘れました。
渋谷まで切符で行くとかなかなかスリルあるね……改札には切符が使えない(タッチオンリーな)ものがあるので入る位置ガン見してました。
途中でJRの切符を東急の改札に入れてピンポーン♪って鳴らしちゃった(´・ω・`;)

というわけで、ごめんなさいorefolder先生、パクります。

有料アプリの購入履歴はGoogleウォレットから確認できました。
数えたところ60個くらいあった。キャンセルしたものやアプリ内課金(ガチャクリスタルとか)も並んでるからもうちょっと少ないかもだけど。
その中から「買って良かった」と思ったものをピックアップしていきます。

※なお件数が多いため値段はPlayStoreでご確認ください。

■買って良かった有料アプリ

Solid Explorer Unlocker
ウォレットの記録によると、今年最初に購入した有料アプリがこれでした。
購入日は1/2、GXでも愛用してなかったっけ……とか思ったけどどうだったんだろう。これより以前に使ってたファイラーとか思い出せないくらいこれ一本で来ています。


Falcon for Twitter (Donate)
今年のTwitterの方針変更によって新規ユーザーを獲得できず、苦心の末マーケットから削除された「Falcon Pro」もずっと愛用しているアプリです。
受信したツイートの通知を届けるのがちょっと遅いですが、特定の人のツイートを追いかけたりメンションによる会話をするのがラクです。更にRTを1タップでする、通知領域からツイートウィンドウを起動できるなど便利機能満載。

ssLauncher the Original
今年最もよく使ったホームアプリ。去年まではNova Launcher Primeでした。といっても25円セールしてた時に買ったんだけどw
自由度が桁違いです。そのくせLightning Launcherよりもアイテムを並べやすいときてる。唯一の欠点はRAMを120〜200MBも占領することですが、それに耐えれるなら間違いなく最強。

AquesTalk TTS
TTS(テキストトゥスピーチ、テキスト読み上げエンジン)の一種。音声出力に対応したアプリと併用します。
このアプリはTTSの声をゆっくりヴォイスにしてくれます。


MinimalScreens
なんか検索で出てこなくて焦った。非公式ながらMyColorScreenに投稿されたものを見ることができます。挙動が変で改善を期待してドネ。特にアドブロッカーと相性が悪そう。



Phoneshot
各種Android端末の画像にスクリーンショットをはめ込み合成できるアプリ。無料版もあるけど選べる機種に制限があり、Xperiaが選べなかったためドネ。ぶっちゃけ仕事ですら役立つスグレモノです。




!Share+
Glasejaの作者、バナナワニさんによる提供。「共有」メニューをカスタマイズできる。使わないものを非表示に、使うものを好きな順に並べて表示できる。



Smart Statusbar+
フルスクリーン表示中にステータスバーを呼び出せるようになるアプリ。
スワイプ起点が画面上部全てを使っており、微調整がきかなかったためSwipe Status Barに変更。




Zooper Widget Pro
カスタムウィジェット。時計、天気、システムステータス、テキスト、画像、図形などなんでも作れる。
最近やっと手を出しました。去年はGlaeja、今年はずっとUCCW使ってたけどZooperはGooglePlayから購入したスキンも自由にカスタムできるのが◎。慣れれば作業も結構ラクでした。


Gravity Screen Pro - On / Off
近接センサー+傾き検知を使って、端末の角度や距離で画面を自動点灯・消灯できるアプリ。
バッテリードレインはそれほどでもなかったけど発熱がひどくなったためMagusに乗り換え。




Floating Notifications Unlock
ParanoidAndroidというカスタムROMの機能「HALO」をAndroidで再現したアプリの一種。通知をフローティング表示してくれる。
常駐されるのに慣れなかったのでMetro Notifications Freeに乗り換え。



iTunes用のiSyncr - PC
PCというのがWindows版です。Mac版もあります。
オクトバでレビューされて以来ランキング上位常連の化け物。さすがorefolder先生、目の付け所が違うぜ…。


Notif Pro
「通知」をメモとして利用できる、逆に言うと好きなテキストや画像を通知として表示できるアプリ。
有料版ではリマインダーが使えるほか、アイコンなども増えています。帰ったらやろうと思ったこととか買って行くものとかをササッとリマインダーでメモして使ってます。


MapFan for Android 2013
リリース特価の100円で買ったアプリ。その後起動していません。わかってたけど。
※原文引用(笑)




DVRImageCrop
DVRImageSlicerDVRSizeConfigToolと一緒に購入。
しかしImageCropが一番利用頻度が高かったです。




Ultimate custom widget (UCCW)
ずっと使ってたのにドネったのはなんと先月だったという…。申し訳orz
でもしっかり寄付したから!お世話になりまくってますから!超気に入ってますから!!




マジック2014
MTG公式。アプリ内より課金。
週末の友です。




Floating Apps (multitasking)
オクトバのレビューで知って購入。
ブラウザやTwitterなどはカクつきが酷いですがその他の機能が充実。ブックマークを直接ウィンドウで開けたり、ウィジェットをウィンドウとして登録できるのでスワイプで起動するPopupWidget、というかスモールアプリみたいに使えます。


他にも使ってるものは多々あれど、今年買ったのはこんだけ。18個か…。


■買って良かった有料rootアプリ

Mobile Security & Antivirus
定期購入。
ネットワークメーターによるトラフィック監視、広告検出器による広告の種類の把握とアナリティクス(利用統計の収集)の確認、ファイアウォール(要root)、プライバシー権限を要求するアプリ一覧の表示などセキュリティ関係の便利機能が満載。

Floating Toucher
代替ナビバーの一種。アプリ内より課金。バックキー、メニューキーを使うには要root.




Frontmost donation key
代替ナビバーの一種。キーイベントを指定するため要rootです。最近の機種だと事前準備が必要。詳しくはこちらへ。



Ultimate Dynamic Navbar
代替ナビバーの一種。現行の主力、LMTと比べて「連打できる」「画面に常駐できる」メリットがあり、「ジェスチャー操作ができない」「色のカスタムができない」などのデメリットがある。標準のナビバーと比べて「透過できる」「格納できる」メリットもある。


StatusBarの+ - カスタムステータスバー
置き換え表示アプリ。今はXposedがあるので出番はなくなりましたが、色のカスタムや表示するアイコンを選べたりと自由度は高め。



Screencast Video Recorder
PCとの接続不要、最高40FPSで端末の画面を動画キャプチャできる。挙動は怪しいものの録画品質に問題なし。
使う際は「開発者向けオプション」より「GPUレンダリング」および「HWオーバーレイを無効」にチェックを。


Greenify (Donation Package)
今年筆頭のrootアプリ、Xposedモジュール。アプリの冬眠が可能。ドネると冬眠中のアプリをGCMプッシュで起こせたり、システムアプリを冬眠できるようになる。




rootアプリは7種。
これ以外にも買ったものはありますが「良かった」と思ったのはこのくらい。また有料のホームアプリ用テーマやアイコンパックも除いています。
勿論無料アプリも含めて、色んな人にお世話になった1年間でした。来年はどんなアプリと出会うのやら、楽しみです。

そんな感じ。

中学生でもわかる Androidアプリ開発講座

  • URL:http://yaplog.jp/tom-and-kery/archive/664
買ったものリスト





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tom&Kery
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1984年7月27日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-SF!SF!SF!
    ・音楽-とにかく四六時中。
    ・漫画-壁一面に積んでます。
読者になる
 ヘ○ヘ
   |∧ <にゃー!
  /    
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
サイト内検索



ページ別 週刊アクセスランキング

1位:
【Androidレポート】僕がタスクキラーを使わない理由

2位:
【Customization】電池、メモリ、CPUの効率的な使い方を追求してスマートフォンを快適に

3位:
【Xperiaレポート】Xperia A SO-04Eが発売。買ったらとりあえずこれだけはやっておこう