東急不動産提出・地上げ屋陳述書の不審

2009年08月31日(月) 8時02分
訴訟代理人である弁護士が関係者から聞き取りを行い、ワープロ等にてまとめた書面に本人が署名押印をするだけの陳述書は作成者本人が作成した陳述書に比べて証拠価値が大きく異なります。
最高裁判所事務総局民事局の実情調査では「陳述書の内容は、本人の供述を弁護士が加工したものが多く、あまり役に立っていない」と指摘されています(最高裁判所事務総局民事局「民事訴訟に関する地域の実情等」判例タイムズ1068号49頁)。準備書面と陳述書の区別が曖昧だったとのことですが、それは上記のような訴訟代理人が都合よく作文した陳述書を意識されたためと思います。
東急不動産だまし売り裁判で被告が提出した地上げブローカーの陳述書(乙第6号証)には、原告のアルス売買契約締結日や物件引渡し日のような地上げブローカーが知る筈のない内容が書かれていました。これに対して東急不動産代理人弁護士は「他人から聞いたのでしょう」と釈明しました(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』31頁)。
これが事実ならば東急リバブル・東急不動産は顧客との契約情報を他人にベラベラと話す企業になります。もう一つの可能性はブローカーの陳述書が東急不動産代理人弁護士の作文であるということです。
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090823

地上げ屋圧力に東急宛内容証明郵便で対抗

2009年08月30日(日) 10時44分
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件において原告は地上げブローカーから圧力をかけられた。原告は東急不動産に対して内容証明郵便を送付してブローカーの活動の停止を要求した(林田力「東急不動産の遅過ぎたお詫び」オーマイニュース2007年10月9日、『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』96頁)。
地上げブローカーはマンション建設地を地上げして東急不動産に転売し、マンション転売後は東急不動産のために近隣対策を行った。両者が無関係と主張するならば、主張者は列車の走りこんできたプラットフォームから線路に飛び降りることと無残な轢死体になることさえ結び付けられないだろう。
それ故に原告はブローカーを相手にせず、東急不動産に直接抗議することでブローカーの嫌がらせを停止させた。これは元警視庁刑事の北芝健氏の防犯術にも合致する(林田力「『北芝健のニッポン防犯生活術』北芝健著」オーマイライフ2009年3月9日)。北芝氏は「そもそも暴力団とは接点を持たないこと」と主張する(北芝健『元警視庁刑事・犯罪社会学者北芝健のニッポン防犯生活術』河出書房、2007年、23頁)。

弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ評判

2009年08月29日(土) 8時33分
弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ(金崎浩之代表)の信頼性がインターネット掲示板「お悩み掲示板@ミクル」で議論された。スレ主は「本当に信頼できる会社(注:弁護士法人)なんでしょうか?」と尋ねる。これに対して、相談者を儲かるか儲からないかで選別しているという噂があるとのレスがなされた。
多額の報酬が見込める相談者には「様」で呼び、儲かりそうもない相談者には「法テラスに相談したら?」と切り捨てる。掲示板では実際に「法テラスへ相談してみて下さい」と言われたとの体験も披露された。ここから判断するならば「基本的人権を擁護し、社会正義を実現する」という弁護士の使命(弁護士法第1条)の対極に位置する法律事務所となる。(東陽町セキュリティ研究所)
弁護士法人 アヴァンセ(6+礼1) 399 hit
No.716727 by はな(28♀KG47SB) 09/01/26 19:53 旦那の借金の任意整理をしようと考えています。弁護士法人アヴァンセにお願いしようと思っていますが…本当に信頼できる会社なんでしょうか??誰か知っている方がいましたら情報をお願いします
No.1 by 通行人1(♂匿名) 210日前 (09/01/27 07:59)
あくまで噂ですよ…
取引年数がやたらと長く、多額の過払い金が見込める(当然報酬もそれなり)相談者には「様」で呼ぶ。一方で取引年数短く儲かりそうもない相談者には「法テラスに相談したら?」だって…
専門家もビジネスだし、空前の過払いバブルで客選べるのだろうけどなんだかなぁ。
利息制限法に引き直して、減った元金を分割にするだけなら、特定調停利用すれば三千円位だし、過払いだって訴状雛型を書き替えて提訴しちゃえば、本すら読めないような人以外できる簡単なことなのに…無知な人食い物にするあこぎな商売だよ。
No.3 by かりん(30♀VA98CG) 210日前 (09/01/27 13:00)
私の借金について無料相談でお願いした事あります。
だけど、話したあげく「法テラスへ相談してみて下さい」でした。
今思うと、着手金とか報酬があまり見込めないかを判断する為なんだなって思います(あくまでも私の感想です)。

東急不動産は新築マンション市場の圏外

2009年08月28日(金) 19時46分
東急不動産は新築マンション分譲市場シェア調査で圏外になっている(日経産業新聞編『日経 市場占有率2007年版』日本経済新聞社、2006年、113頁)。不利益事実を隠して問題物件をだまし売りした東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件や住環境を破壊する二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)など消費者や地域住民の反発を招いた結果と考えられる。

東急・強盗慶太は地上げ屋と同じ

2009年08月27日(木) 22時36分
週刊新潮に東急グループの創業者・五島慶太の没後50年を記念し、五島慶太、五島昇、五島哲の三代を描く特別読物が掲載された(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒「五島家三代」前編」週刊新潮2009年9月3日号)。強盗慶太と呼ばれた慶太の悪評も紹介された。慶太のビジネスモデルは阪急グループの創業者・小林一三の焼き直しに過ぎず、独創性はない。旺盛なのは征服欲で、バブル経済下の地上げ屋と同じと手厳しい。
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件においても地上げ屋が暗躍した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。また、東急不動産は渋谷区桜丘町では暴力的な地上げが行われたビルを取得している(山岡俊介「「帰宅したら玄関ドアが無くなっていた!」ーー東京・渋谷で進む地違法上げの背後に大手不動産会社の陰」アクセスジャーナル2008/04/11)。そのため、慶太と地上げ屋の類似性の指摘は非常に興味深い。記事が東急の闇に迫れるか、期待したい。

『乱反射』リアリティある平凡

2009年08月26日(水) 19時56分
たとえば年下の人間の話を聞かない「尊大な退職者」(本書の帯の表現。以下同じ)や責任回避だけを考える「怠慢な医師」、「無気力な公務員」である。一方、「良識派の主婦」と紹介されている人物は近所のマンション建設反対運動を応援し、道路拡幅による街路樹の伐採に反対しようとするなど他の人物に比べるとまともそうな人物である。しかし、読み進めると誰かが進める反対運動を応援するだけで、自分が先頭に立って反対運動を行うのは嫌という情けない人物であることが分かる。
そのような人々の「自分さえよければいい」というルール違反やモラル違反が2歳児の死亡事故をもたらした。記者は大手不動産会社から不利益事実(隣地建て替え)を隠してマンションをだまし売りされた経験がある。隣地を建て替えるという情報は地上げブローカー、売主の不動産会社、販売を代理した不動産流通会社が皆、知っていたにもかかわらず、消費者の利益に立って行動した関係者は一人として存在しなかった。この経験があるために二歳児の父親の感じた無責任の連鎖に対する憤りは強く理解できる。林田力記者

東急不動産だまし売り裁判陳述書

2009年08月25日(火) 20時56分
東急不動産消費者契約法違反訴訟(平成17年(ワ)3018号)で原告が提出した陳述書は以下の6つです。原告本人が書いたものは3つです。
甲第14号証 原告陳述書
甲第42号証 原告陳述書(二)
甲第45号証 アルス住民陳述書
甲第46号証 アルス住民陳述書
甲第47号証 原告両親陳述書
甲第58号証 原告陳述書(三)
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090822

深川八幡祭りで二の宮神輿が東陽1丁目を巡幸

2009年08月24日(月) 8時08分
掛け声は「ワッショイ、ワッショイ」という伝統的なもので、担ぎ手は沿道から清めの水を浴びせられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がる。水掛けは活発に行われ、別名「水掛け祭」と呼ばれるほどである。
二の宮神輿が巡幸した東陽1丁目は記者が東急不動産を提訴した裁判の舞台となったマンションの所在地でもある(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』参照)。前々回の本祭りが行われた2005年が提訴の年であった。当時は祭りを楽しむというよりも勝訴を祈願する念が強かった。そのお蔭もあってか、主張を貫徹し、売買代金を取り戻すことができた。心から祭りを楽しめる状況に感謝したい。林田力記者


東急不動産だまし売り裁判ファン検索1位

2009年08月23日(日) 12時12分
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』のファンページがYahoo! Japanのキーワード「林田力」検索結果で1位となった(2009年8月19日)。Googleの検索結果でも1ページ目に表示される。ファンページでは市民メディア記事「不動産トラブルと消費者契約法」「東急コミュニティーがマンション管理人を営業活動に“流用”」「二子玉川住民が再開発を意見交換」などのリンクもある。

東急不動産だまし売り裁判ファンクラブ

2009年08月22日(土) 8時54分
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を描いた『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の著者・林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)のファンクラブが開設された。開設時期は遅くとも2009年8月11日である。独自ドメインを取得し、本格的で洗練されたホームページになっています。東急不動産敗訴判決(東京地判平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)3周年に向けて喜ばしいニュースである。
ファンクラブのトップページでは『東急不動産だまし売り裁判』を紹介する。「普通の人が本気で怒ってしまうような、会社の対応ミスの連続が見られるので、不動産会社のお客様対応でも、よく購入され林田力さんに質問が来ているそうです」と説明する。『東急不動産だまし売り裁判』は性質上、欠陥住宅の被害者やマンション建設反対運動に支持される傾向にある。一方で誠実な業務を心掛ける不動産会社側にとっても大いに勉強になる内容である。

2009年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像TERA 育成代行
» 東急不買シンパを騙る嫌がらせ (2013年11月28日)
アイコン画像ArcheAge 育成代行
» 東急不買シンパを騙る嫌がらせ (2013年11月28日)
アイコン画像url
» 枕石林田力、CDデビュー (2012年08月26日)
アイコン画像ウブロ コピー
» 2012年07月02日のつぶやき (2012年07月03日)
アイコン画像Evening Dresses
» 林田力「池で泳ぐおたまじゃくしに (2012年03月28日)
アイコン画像GUCCI Dresses
» 林田力「ネット選挙運動は、金持ち候補に有利 (2012年03月28日)
アイコン画像Day Dresses
» 東急不動産答弁書の粗末 (2012年03月28日)
アイコン画像Party Dresses
» 【悪徳】東急不動産【不買運動】Part3 (2012年03月28日)
アイコン画像replica watches
» アルス東陽町301号室事件提訴三周年 (2012年03月22日)
アイコン画像fake watches
» 林田力「池で泳ぐおたまじゃくしに (2012年03月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:林田力『東急不動産だまし売り裁判』
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
    ・マンガ-ワンピース
    ・インターネット-東急リバブル東急不動産不買運動
読者になる
The blog which impeaches TOKYU Land Corporation's fraud


Yapme!一覧
読者になる