不便な郵便ポスト

2006年03月31日(金) 21時53分
このマンションでは郵便ポストは差し入れ口と取り出し口が同じ壁面、つまり外側にあった。このため、郵便物を取りにエントランスの外にでなければならない。しかもA4サイズが入りきらないため、郵便物が差し入れ口に引っかかったままで、漏れ落ちてしまうし、プライバシー上も問題がある。しかし、マンションの販売パンフレットでは郵便ポストの取り出し口は内側に存在していた。
入居者は入居当初から郵便ポストがパンフレットと相違するため、パンフレット通りの仕様(内側から取り出せるようにすること)に改修することを要求していた。第一期から第四期までの理事会が何度も管理会社の東急コミュニティーに要求したが、東急コミュニティーが握りつぶしていたらしい。東急コミュニティーは管理組合の利益ではなく、親会社である東急不動産の利益を第一に考えて行動することを示す好例である。

第四期理事会から東急不動産と直接協議するようになったが、東急不動産は不誠実にも「現状でも郵便ポストとしての機能を果たしているのでご勘弁ください」と回答する。居住者のこうむる不便を少しも考えようとしない。そもそもパンフレット通りの施工がされていないことを問題にしているのに、それに対する回答がなされていない。

結局、郵便ポストは三年十一カ月後の2001年2月26日にようやく改修された。補修すると決まってからも、東急不動産は「玄関まわりの他の補修工事と一緒にしたい」と時間稼ぎを企図した。これに対し、理事会は「とんでもない。やると言ったものはすぐにやれ」と申し入れて、やっと工事に着手された(野崎次郎「ボケ作日記」2001年3月2日)。

東急不動産、瑕疵に対し不誠実な対応

2006年03月30日(木) 22時21分
マンションの瑕疵に対する対応が不誠実として東急不動産は入居者から批判されている。このマンションでは築三年目での七階外壁の剥離、断熱材の手抜き施工などの問題が発生している。「「消防法違反」「建築基準法違反」の疑いが濃厚なものを、それと知りつつ客に売ったようなのだ」(野崎次郎「ボケ作日記」20030年12月31日)。購入者は「売り主の東急不動産の不誠実な対応には心底、腹が立つ」と語る(野崎次郎「ボケ作日記」2003年12月21日)。
マンションデベロッパーにとってアフター経費は負担である。特に「売ったら売りっぱなし、後は野となれ、山となれ」的な企業では最初からアフター経費をコストとして想定していないことが少なくない。入居後は態度が豹変するケースは多い。セールスが強い会社ほど、「売ってしまった後は知らぬ存ぜぬ」という体質が多いように思われる。会社の規模ではなく体質が重要である。
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/qualia.htm

東急不動産の青田売り物件

2006年03月28日(火) 20時56分
東急不動産は、ほとんどの物件を青田売りしている。2006年3月24日現在、販売又は宣伝広告している新築マンションの多くが青田売りである。
物件名 引渡予定時期
赤坂タワーレジデンス[Top of the Hill] 2008年7月下旬
CAPITAL MARK TOWER(キャピタルマークタワー) 2007年12月下旬
クオリア荻窪 2006年12月下旬
THE TOKYO TOWERS 2008年4月下旬
品川シーサイドレジデンス 2006年9月下旬
シーサイドコート鎌倉若宮大路 2006年11月下旬
シティデュオタワー川口 2006年9月下旬
湘南袖ケ浜レジデンス 2007年7月下旬
センターフィールド浦和美園 2007年3月末日
ブランズ文京本駒込 2006年9月下旬
みなとみらいミッドスクエア・ザタワーレジデンス 2007年7月下旬
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/vice.htm

東急リバブルの欺瞞的なCM

2006年03月25日(土) 16時32分
東急リバブルは現在、欺瞞的な宣伝広告に力を入れている。東急リバブルの実態を糊塗する内容である。一生に一度あるかないかの買い物で騙し売りされた被害者感情を逆なでする。
TVCMでは以下の三種類を流している。
教えてくれた編「物件のいいところを教えてくれた。悪いところも教えてくれた。買おうと決めることができた」
希望の暮らし編「不動産屋さんに希望の沿線じゃなく、希望の暮らし方を聞かれたのは初めてだ」
もう一度編「気に入って決めようとしたら、『雨の日にもう一度みてから決めてください』と言われた」
消費者が誤解を招くことがないようにするため、東急リバブルの実態を正しく反映したコピーに変更すべきである。以下の内容が正確である。
教えてくれなかった編「物件のいいところだけを教えられた。悪いところはとぼけてごまかされた。買おうと決めさせようと必死だった」
東急リバブルの実態が広まりつつある現状を恐れ、過度に信頼を強調する宣伝広告に必死になっていることがうかがえる。

東急ドエルのマンションでヒビ割れ

2006年03月22日(水) 21時15分
「新築で、東急ドエルのマンションを購入して3年になりますが、購入後、1年経過したころから、ベランダの庇のひび割れから漏水があり、とりあえず修理して直っていたので安心していたところ、昨年来から我が家のルーフバルコニーからの浸透水が階下の庇より漏水し、それによる工事が半年もかかってもまだ修復できていないことが判明したかと思っていた矢先、実は我が家の庇についても上階のルーフバルコニーからの浸透水がコンクリートのヒビ割れ個所から漏水し、滴下しています。すでに、コンクリートのヒビ割れは大きなもので4箇所で、小さいものは無数にあります。
これは週刊誌その他で報道されております『海砂』の使用によるものと考えられます。そこで、将来的にこの欠陥物件を持っていても資産価値としてはほとんど皆無と考えます。いずれ柱の鉄筋が錆びてボロボロになり、崩壊してしまうことが予測されます。それはこれまでに、エントランスや外部階段などの共有部分においても再三工事が行われていることから、十分に考えられます。」

東急不動産らのマンション「御殿山ハウス」が販売中止

2006年03月21日(火) 10時07分
(東京都品川区)
東急不動産、三菱商事が計画した高級マンションが企画倒れに終わった。マンション「御殿山ハウス」の販売を中止した。御殿山ハウス(旧(仮称)御殿山マンション)は地上6階、地下2階、高さ19m、駐車場107台の大規模マンションである(品川区北品川4丁目)。
高級分譲マンションとして企画され、2004年10月に分譲が開始された(販売会社:三菱地所住宅販売、東急リバブル)。しかし数ヵ月後には販売中止を決定、企画倒れに終わる(2004年12月26日、ギャラリークローズ)。中止の理由は「事業上の都合」としか説明していないが、市場性を無視した強引な計画や建設反対運動が影響していると考えられる。土地建物は投資会社ファンドクリエーションに売却された(2005年9月引渡予定)。

建設地周辺は第一種低層住居専用地域で「良好な環境を保護する」地域であり、6階建てを認めれば地域の町並みが壊れる可能性がある。地域住民は高さ10m以下を守っているのに、今回の19mの建物を認めれば地域の第一種住専は足元から脅かされる。地域住民有志により建設反対の署名運動が行われた。

御殿山ハウス販売中止については、インターネット掲示板「まちBBS」で下記のような投稿がなされた。「御殿山ハウスってもしかして、デモ隊が良く睨みつけてておっかないミャンマー大使館の隣でJRの東海道・京浜東北・新幹線が絶えず走っててうるさくて揺れる、ホームレスでも住みたがらないような環境の悪い、「あんな所に良く建てるよなぁ」って感じの、北品川とかいう各駅亭停車しか止まらない、品川女子が無ければ利用客も居なくて廃止になりそうな不便な駅が最寄だけど坂がきつくて年配の人じゃ上がるのきついし、周りに店も何にも無いというか、コンビニも坂を下りないと無い糞不便な所で、品川にしろ大崎にしろ歩くには距離があるけどバスも無いという最低最悪の場所に計画された億ションの事か? もしそうなら、誰も見学に来なくて、完成させても売れる見込みが無いって判断したんじゃない? 普通、計画する前に判るだろうけど。」

東急不動産、解体工事でトラブル(大阪府高槻市)

2006年03月20日(月) 22時03分
東急不動産による東京三菱銀行高槻寮の解体工事に対し、近隣住民による強力な抗議がなされた。問題の敷地は2001年末に東急不動産に売却され、すぐに解体工事が開始された。
当初はブルーシートもなしの乱暴な解体で、室内の畳や窓枠も投げ落とすというやり方であった。近隣住民が市役所等に連絡すことにより、漸くブルーシートを張るようになった。
この間何十台ものエアコンのフロンガスは回収することなく大気中に放出された。工事の不手際にて近隣家屋を壊すこともあり、プロの仕事ではない乱暴な工事である。
近隣住民がメールで東京三菱銀行に苦情を言ったが、「東急不動産に売り渡したので、我々に関わりはない。」の一点張りである。しかも、近隣住民の電子メールを本人に断りなく東急不動産及び下請業者に開示した。
個人情報保護に細心の注意を払わなければならない銀行が簡単にメールアドレスを第三者に教えてしまうことには呆れる他ない。
東急不動産への抗議も、決定権のない従業員が対応し「自分は知りません」で逃げることしかしない。「近隣住民の要求には何一つ耳を貸さない」と住民は憤る。

東急リバブル、マンション購入者に不明朗な登記費用を請求

2006年03月19日(日) 15時46分
(プライヴブルー東京)
東急リバブルはマンション「プライヴブルー東京」購入者に不明朗な登記費用を請求した。東急リバブルは提携の宮野順功司法書士(宮野司法書士事務所)への登記依頼を推奨するが、概算費用しか出さない。詳細な内訳費用を提示せず、概算費用で請求する。
購入者が「実際に税金としてどれだけ掛かるのか、手数料がどれぐらい掛かるのか、金額がぶれる要因があるのであればそれを提示して欲しい」と考えるのは当然である。
宮野順功(ミヤノヨシカツ)は千葉司法書士会市原支部に所属する。千葉司法書士会には1972年9月30日に入会した。
宮野司法書士は東急リバブルが販売を代理した「アルス東陽町」においても提携司法書士であった。そこで概算金額30万円のみで内訳を明示していない。

「ジェントリーハウス品川大井」に反対運動

2006年03月18日(土) 13時44分
東急不動産らのマンション「ジェントリーハウス品川大井」に反対運動(東京都品川区)
東急不動産株式会社、NTT土地開発株式会社、JFE土地開発株式会社のマンション「ジェントリーハウス品川大井」は建設反対運動を起こされた。ジェントリーハウス品川大井は14階建て約300戸の巨大要塞型マンションである。
反対運動は地元商店街が中心となり、建設地周辺には反対看板が掲げられた。「伊藤公が愛した大井を踏みにじる東急不動産」「購買者と近隣者を食い物にする東急G戦略に騙されないで」「近隣迷惑マンション、紛争中」などと書かれている。反対運動は広範に支持され、現場から二、三ブロック離れた場所にも反対運動のポスターが掲示されている。反対派住民は建築確認処分の取消しを求め、審査請求を行った(2003年8月7日)。

建設地は伊藤博文別邸跡地で、株式会社ニコンの広々としたテニスコートや体育館、「椎・楠・公孫樹等の木々の杜」であった。しかしマンション建設により、品川区との事前協定では保存する予定であった樹齢100余年の椎を含め、ほとんどの樹木が伐採された。一階はほとんど地下である。そのため採光は期待できない。砂埃やゴミが風でたくさん落ちてくる可能性がある。

お手紙紹介

2006年03月15日(水) 19時32分
メールで頂いた、皆様からのご意見や励ましのお手紙の一部を紹介させていただきます。
2005年4月8日
私のうちの近隣(鎌倉)に、なぜか東急がマンションやミニ戸建てをいくつも建てています。(市政との何かがあるのかもしれません。まあそれはいいとして)。裏駅(新住民は「西口」と呼びます)のすぐにマンションが建ちました。当然住民の反対運動はありました。でも合法であるが故に建ちました。
他にもリバブルがミニ戸建てを大量に扱っています。三十坪、二十七坪、三十六坪とか。。。住民協定では五十坪(40だったか??)以上です。鎌倉がどんどん東京のようになります。不快きわまりない業者です。
他にも物件がいくつもあり、どれが東急だかこれから調べます。どんどん載せて、悪徳業者排除にお力添えください。

2005年4月10日
東急は会社の状態に何か問題があるのでしょうか。西武や東武は前から色々噂があって今になってみればさもありなん、って思いますが・・・
当方、鎌倉在なのですが、色々見ていると東急はそこらじゅうに沢山駐車場を持っています。 これまでの駐車場は看板が小さく、それまでのお屋敷の兵を残すなどしているのに対して、東急のはビカビカの看板を付け、フェンスにして、けばけばしくしています。
ミニ戸建て、マンション、駐車場・・・東急は鎌倉の景観を破壊しています(他社もありますが、件数では東急が最も多いような印象です)。

2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像TERA 育成代行
» 東急不買シンパを騙る嫌がらせ (2013年11月28日)
アイコン画像ArcheAge 育成代行
» 東急不買シンパを騙る嫌がらせ (2013年11月28日)
アイコン画像url
» 枕石林田力、CDデビュー (2012年08月26日)
アイコン画像ウブロ コピー
» 2012年07月02日のつぶやき (2012年07月03日)
アイコン画像Evening Dresses
» 林田力「池で泳ぐおたまじゃくしに (2012年03月28日)
アイコン画像GUCCI Dresses
» 林田力「ネット選挙運動は、金持ち候補に有利 (2012年03月28日)
アイコン画像Day Dresses
» 東急不動産答弁書の粗末 (2012年03月28日)
アイコン画像Party Dresses
» 【悪徳】東急不動産【不買運動】Part3 (2012年03月28日)
アイコン画像replica watches
» アルス東陽町301号室事件提訴三周年 (2012年03月22日)
アイコン画像fake watches
» 林田力「池で泳ぐおたまじゃくしに (2012年03月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:林田力『東急不動産だまし売り裁判』
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
    ・マンガ-ワンピース
    ・インターネット-東急リバブル東急不動産不買運動
読者になる
The blog which impeaches TOKYU Land Corporation's fraud


Yapme!一覧
読者になる