ホワイト学割with家族
2009.04.19 [Sun] 06:33

2009年2月2日に発表、2009年2月3日から3月31日まで受付されている、学生とその家族の基本使用料が3年間半額の490円になるサービス。対象は学生とその家族で、携帯電話機購入を伴うソフトバンク3Gサービス新規契約時に同時に申し込むことが条件(家族は学生と同時かそれ以降で3月31日までに)。またディズニーモバイルへの契約・端末購入でも加入できる。
 

学生なら基本料無料、ソフトバンクモバイルの「ホワイト学割」
2008.01.24 [Thu] 08:04

ソフトバンクモバイルは2月1日より、小学生から大学生までの学生向けに、月々の基本使用料が無料となる料金プラン「ホワイト学割」を提供すると発表した。無料で利用できるコンテンツも用意することで、学生の加入者を増やしたい考えだ。

 ホワイト学割は月額980円のホワイトプラン、パケット通信料が定額になる「パケットし放題」、インターネット利用契約の「S!ベーシックパック」、専用ポータルサイト「コンテンツ学割クラブ」の4つを組み合わせたサービス。加入から3年間は月額基本料が無料となるほか、パケットし放題の最低定額料金が0円となる。

 また、コンテンツ学割クラブでは、HTMLメール素材やゲーム、過去の文芸作品などが無料でダウンロードできるようにする。

 ホワイト学割を契約できるのは、契約者もしくは加入者が学生で、かつソフトバンク第3世代携帯電話サービスを新規加入し、端末購入時に申し込んだ人のみとなる。申し込み期間は2月1日から5月31日まで。「2月から3月は最も携帯電話の契約が多い時期であり、そこを狙って用意した。既存の学生契約者に対するサービスは4月1日に発表する」(ソフトバンクモバイル代表取締役社長の孫正義氏)としている。

by CNET Japan
ホワイト学割
 

ホワイトプランの基本料が3年間無料に!「ホワイト学割」新登場
2008.01.24 [Thu] 08:01

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、学生(小学生〜専門学校、大学生)向け新割引サービス「ホワイト学割」を、2008年2月1日(金)から5月31日(土)まで販売します。

「ホワイト学割」は、大好評の「ホワイトプラン」(月額基本使用料980円/月)に「パケットし放題」(定額料1,029〜4,410円/月)と「S!ベーシックパック」(315円/月)、ホワイト学割向けポータルサイト「コンテンツ学割クラブ」をセットにしたサービスで、加入から3年間は「ホワイトプラン」の月額基本使用料が0円/月、「パケットし放題」の定額料が0〜4,410円/月になり、さらに情報料無料(通信料のみ)で使えるコンテンツを集めた「コンテンツ学割クラブ」がご利用いただけます。

サービス詳細は以下のとおりです。

1.サービス内容(セット)
「ホワイトプラン」月額基本使用料:0円/月(新規加入から3年間)

「パケットし放題」定額料:0〜4,410円/月(新規加入から3年間)

S!ベーシックパック月額使用料:315円/月

なお、ホワイト学割向けポータルサイト「コンテンツ学割クラブ」は、2008年3月1日(土)からご利用いただける予定です。

[注]
※ 新規加入から3年経過後は、自動的に通常の「ホワイトプラン」「パケットし放題」となります。
2.加入条件
契約者または使用者が学生であり、当社指定の必要書類を提出すること。
(店頭販売の場合、学生ご自身の来店が必要)

携帯電話機購入を伴うソフトバンク3Gサービス新規契約時に、同時に申し込むこと。

3.申し込み受付期間
2008年2月1日(金)〜5月31日(土)

[注]
※ 本サービスにおける学生とは、小学校以上で連続12カ月以上の就学期間を要し、かつ入学・卒業が年2回以下で固定されているなど、当社が指定する条件を満たしている学校に在籍するお客さまを指します。

byソフトバンクプレスリリース
ソフトバンクホワイト学割
 

ホットストック:ソフトバンク<9984.T>が続落、新料金は短期的なネガティブ要因との声も
2008.01.24 [Thu] 08:01

[東京 22日 ロイター] ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)が続落。携帯電話子会社ソフトバンクモバイルは21日、学生向け新料金を2月1日から開始すると発表したが、市場では収益面での短期的なネガティブ要因として捉える声も出ている。


 新料金プランの対象は新規加入の小学生から専門学校生・大学生で、契約後3年間は通常月980円の基本料が無料になる。学生に強いというイメージのKDDI(9433.T: 株価, ニュース, レポート)に対抗し、加入者の裾野を広げる。


 ユーザー一人当たりの月間売り上げ(ARPU)は減少するが、学生の新規加入が増える入学シーズンを狙って同料金を導入することで、ユーザー拡大による増収効果を見込んでいる。学生を早めに囲い込み、基本料が発生する卒業後も同社との契約を継続することも期待できる。

 学生向け料金の受け付けは2月1日から5月31日。その後も継続するかどうかは、業績やARPUへの影響を勘案しながら決める。