工事保険とは

October 03 [Mon], 2011, 16:48
工事保険とは、建設工事・設備工事中などに起こりうる様々な損失をカバーするための保険です。

工事保険には、いくつかの種類があり「どんな建築物・設備に」「どんな工事中に」「どんな損害が生じたか」など状況によって、適用される保険が異なりますので、考えうる損失に対応できるように、様々な工事保険に加入しておく必要があります。

たとえば、建物の建築工事中に不測の事態(自然災害、自動車や航空機の衝突、放火など)によって損害が生じた場合に、その損失をカバーしてくれる保険が「建設工事保険」です。

建物の内外装工事、設備工事などを行っている途中などに、工事対象物に生じた損害をカバーしてくれるのは「組立保険」になります。

従業員の方々がケガをした、亡くなってしまったという場合には、任意労災保険などが適用されます。

各保険会社は、これらの保険を個別に売り出すだけではなく、様々な保険をセットにし「この保険に加入すれば、様々な損失に対応できます」という便利な商品も発売しており、個別に様々な保険に加入するより、保険料が抑えられる場合が多いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tokyorisk
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
Yapme!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tokyorisk/index1_0.rdf