老老介護2

June 11 [Tue], 2013, 20:00
この1週間 老老介護のきびしい現実をまざまざと見せつけられた。
順調進んでいた介護が、二日前、老母が
40度以上の熱を出し、男2人で慌てふためいたが、デイケアーの方と看護婦の妹の介護のお陰で、大事には至らなかった。
一安心と思ったら、今日また、
高熱を発する。再び、妹の登場。
日勤が終わり、夜勤に向かう前に手当をしてもらう。
大変だろうが、来てくれて有難とうの一言。

こんな時思うのは、果たして家人対して、何が出来るか自問自答する。

淡々と妻のしもの世話をする
老父に脱帽するのみ。

明日急遽、仕事の都合で、朝早く帰宅しなくてはならないので、明日の老父の朝食を作った。

食事と言えば、この1週間朝昼晩いちにちもきさず、老父との食事を作ったが、ここで心強いスケットがいた。
名前はクックパッド。インターネットで検索。

クックパッドがあったればこそ、一週間続けてこられた。本当に感謝しています。

老父はこの間老母の介護をしていた。

明日から一週間、老母は、ケアセンターにいくので、老父にとって一時的に解放されるが、家の仕事で一杯とか。
コルから続く長い介護の日々頑張って欲しい。

私も暇を見て、手伝わなくては。

取り留めも無い話ですみませんでした。

老老介護

June 06 [Thu], 2013, 10:10

今日からしばらくの間 帰郷の為
愛車を飛ばす。
途中宇都宮餃子を食し
雨の中、日光街道を疾走し、実家へ。

実家には、老父が待っていた。
1年前、老母が、脳梗塞に倒れ、
介護施設と家を行ったり来たりし、
生真面目な老父は気丈にも家において看病し、
今精神的に非常に大変な状況にある。
私が出来る事といえば、話し相手と散歩の動向と食事の世話。

帰郷しておもった事は、老老介護の現実を厳しさを突きつけられ身動きが取れないと思った。

ただ寄り添うだけ。

散歩の途中にて

今日

June 04 [Tue], 2013, 16:34
近所の緑道を早朝散歩で何気ない風景を撮りました。



美しい光景がまだまだ残っている横浜

今 FACE BOOK にハマっています。

昔の大学の仲間は勿論の事、アメリカのリング
リング サーカス 学校の同級生の今が見え
興奮の日々が続いています。

5月後半イベント

June 03 [Mon], 2013, 18:45
5月24日?26日マリクレール祭り無事終了。
多くのお客様と知り合いの皆様に感謝。

24日は平日である事もあり、祭りの人出は
そんな多くはなかったが、ショーが始まると
例年通りの人。生徒さんたちの応援に感謝。

24日桜小路さんが外国のお客様を出して演歌を歌いながらのショーは、絶品。
25日はタカパーチさんとのコンビ芸は、抱腹絶倒。桜小路さんのステージは絶妙だ。

26日のみぎわさんの
オペラが自由が丘の舞台を一瞬にして
歌劇場に変えたのだ、お客様達から「ブラボー」「アンコール」の連呼。
さすが 自由が丘の客 は
お目が高い。
処で、私は最終日突然声出にくくなり、遂にかすれしまい、無音とジブリシュで、難局を乗り切る。

しかしその後1週間寝込む トホホホ。


寝込んでいても、大学の提出物の期限は、待ってくれず、鼻をぐずらせながらも完成。
やれやれ
いちばんてこづったのは、西洋哲学における、
旧約聖書の解釈。
専門分野なのに、 悔しい。




■東京マッドHP■
東京マッドのHPです。
2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ジオターゲティング
Yapme!一覧
読者になる