ふしぎな C M

January 30 [Tue], 2007, 23:57
ふじきなCMを観た。異邦人で一斉風靡した歌手の久保田早紀さんや私たち世代の憧れだったフィギュアスケート選手のジャネット・リンさんが、テレビに登場して、本の宣伝をしてCM。
この本によって人生が変わったとの事。
そんな本があるんだと、メモしようと思ったらいつの間にかCMが終わってしまった。
何のCMか気になってしょうがない
かすかな記憶、 アーサー財団をパソコンで検索すると、
アーサー財団の創始者は、ダイレクトメールによる生命保険で財をなしたアーサーS・デモス氏。
1955年に設立し、79年に同氏が亡くなると妻のナンシー氏が代表を引き継いだ。
毎年のように全米で慈善団体の上位に名を連ね、資産額は600億円とも。
テレビ宣教師やキリスト教系組織、同性婚や妊娠中絶に反対する法律事務所などに
多額の寄付を行っている。

ということは、「パワー・フォー・リビング」という本は、
キリスト教の普及の為の本なのか。

なんとなく判った。

この財団についてちょっと気になる記事が、 米国の宗教事情に詳しいある教授は、「キリスト教福音派の中でも、中絶反対や進化論否定などを訴える右派と関係が深い財団。米国では福音派の保守的な価値観が盛り返し、ブッシュ大統領の当選にも貢献した」と説明。

ということは、ネオコンともつながりが深い原理福音派キリスト教会の布教活動なのか。

知らず知らずの内にアメリカのネオコン主義が日本に向けて浸透しようとしてきたのかな。
うがった見方の私。

柳沢厚労相へ

January 29 [Mon], 2007, 23:33











2年前、川崎市男女参画センターの講座を受講した時、
現在、日本の社会において女性蔑視が多い聞かされた。
私にとっては女性蔑視とは、戦前の遺物と思っていたのだが
厳然としてあることに驚いた記憶がある。
現在、地方都市では、男女参画センターの運営を止めようとしている機運もあるという。
そんな折、今回の柳沢厚労相の発言に憤りを感じた。

柳沢厚労相の発言とは、
今月27日、松江市で開かれた自民党県議の決起集会での「これからの年金・福祉・医療の展望について」。約30分間の講演で出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」、「機械って言ってごめんなさいね」などと、やんわりとした言葉を挟みながら「15〜50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べたのだ。

彼の言いたいことは、わからないでもないが、
女性を産む機械というのは表現は、言語道断。
女性蔑視もはなはだしい。

不都合な真実

January 28 [Sun], 2007, 23:06
















日本テトラパック株式会社のサポートにて、「不都合な真実」が500円で鑑賞できる
ということで、鑑賞して来た。
日曜午前9時50分からの上映にも拘らず、満席状態に驚かされた。
500円という値段もあるだろうが、環境問題にすくなからず関心があるのだろう。
元米国大統領アル・ゴアが、地球温暖化による環境破壊の問題を自分のホームワークとして
世界中に訴えかけているドキメンタリー作品であった。

この映画を見た感想は、

内容的には、知っている事実だけしか放映されていなかったが、
この映画は、アメリカ国民に対して、アメリカの正義は世界の正義。
アメリカ国民の平和は、とりもなおさず世界の平和そのものといわんばかりの不遜な態度に、
楔を打ってくれたと思う。

私が一番感動したのは、映像が消えた後、音楽に乗せて、
我々一人ひとりに対するメッセージだった。

是非このメッセージを見るだけでも価値のある映画なので
見に行ってほしい。

ただ、彼を中心とした作品なので、ゴアのプロパガンダと見えなくもないが残念。




環境破壊のドキメントといえば、世界的に有名ではないが、岡村淳監督の
緑の砂漠か緑の再生か ブラジルのユーカリ植林と日本が傑作である。

フィッテングに

January 26 [Fri], 2007, 22:59

ディズニーシーで行なわれる、

スプリングイベント出演することになり、

ディズニー衣装作りのための

フィッテング行ってきたのだが、

年のせいかも知れないが、

ナンと背が少し縮んでいるではないか。

なんということだ。    あぁため息・・・・。

年をとるとはなんと残酷なことか、テナコトイッテ・・・。マ イイカ

エナジーだけはなくさないように頑張ろう。  トホホ。

川崎市主催クラウン講座終了

January 25 [Thu], 2007, 22:18
今日で18年度高津市民館、教育文化会館クラウン講座が終了しました。
この後、教育文化会館の皆さん全員全がクラウンサークルとしてボランティア活動に携わることになっている。
総勢15名のボランティアクラウンが、川崎に誕生します。
プロではない、ボランティアのスペシャリストとして、川崎全域で活動していきます。
私共クラウンサポート会では、皆様のサポートをこれからも続けて生きます。
また、高津で受講された方が、クラウン講座を今年度新百合ヶ丘で立ち上げます。
この会も支えていきます。
川崎がクラウンで満ちるまで、活動して行こう。


ブーりーウーリーカンパニー関さんのメイクの指導









かしましいおば様方の化粧。


























上の写真は、高津市民館の講習生















こちらは教育文化会館の皆様

うれしい知らせ

January 24 [Wed], 2007, 22:51
個人的にうれしいことが起こった。
実はここ何年か高血圧症で苦しんでいて、薬を飲んでいたのだが、先月カラ血圧が下がっていたので、薬を飲まないで1ヶ月様子を見ようと医師から言われ、今日ようやく完全に薬を飲まなくても良くなったのである。とてもうれしい・・・。ただ家の血圧計は、未だに高い数字をはじき出しているのだが、病院に行ったら正常になるとは、これ如何に。
これからも暴飲暴食を慎もう。  ナットク

マリーアントワネット?

January 23 [Tue], 2007, 23:49
世界ふしぎ発見でマリーアントワネットを特集していたので、
どんなものかと今日、時間がとれたので朝10時からの上映を観た。
感想から言って、絢爛豪華な宮廷絵巻の一言で、内容的には、
世界ふしぎ発見のほうが詳しく、描かれ方も凡庸であり、
マリーアントワネットの心情の動きが通り一遍だった。
私がこの映画でよかった点は、流れる雲の動きが、
これら起こる出来事を暗示した表現の部分・・・・多分深読みだと思うが、
タイトルコールに監督の名が刻まれた時にやはり女性的な描き方と納得した。

監督のソフィア・コッポラが、東京を舞台にした「ロスト・イン・トランスレーション」は、

傑出した作品だったのに、時代物の大作は、難しいのかも。

もしかしたら女性の気持ちが読めない私だからこんなコメントを書いたのかな・・・。

オーディション

January 22 [Mon], 2007, 23:16











東京ディズニーシー5thアニバーサリー
のオーディションに行ってきた。
今回のオーディションの内容は、大道芸ということで
いつもやっている物のショートバージョン
なので気楽に出来たのだか、
最後に演じたのが、ブルースブラザースだったので、どうだったのかな
今回オーディションを受けた日の多くは知らない顔ぶれで
新鮮な気持ちで皆のショーを拝見することが出来た。
それぞれのオリジナリティーある出し物で、レベルの高さを痛感させられた
一面もあったのだが。

このイベントは、期間が限られているので、自分のイベントには余り支障を
きたさないのが良かった。
但し合格してみないことには始まらないが。

ビバ パラグアイ

January 21 [Sun], 2007, 2:56
日曜深夜日テレを観ていたら第3回ワールドカップ(W杯)

女子ゴルフ、国・地域別対抗戦、第2日の模様が映っていた。

第1回大会では、宮里藍の活躍などで優勝したので、

興味があったのでそのまま、テレビ観戦していたらナンと

パラグアイが一位との事、ナンとすばらしいことか

最後まで見てしまい今日もまた夜更かしが続く。

最終日が待ち遠しい。

グラナダ、トロチェ両選手の健闘を祈る。

稽古 けいこ  ケイコ

January 20 [Sat], 2007, 22:34
今日も山田氏との稽古。
とはいっても3時間ほどパソコンの稽古に始終。
本格的にやったのは、午後5時過ぎから
明日こそ、ちゃんと稽古しようと誓った私。
でもどうなるか判らないいまどきの天候と一緒。
■東京マッドHP■
東京マッドのHPです。
2007年01月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ジオターゲティング
Yapme!一覧
読者になる