viva japon Futbul

May 31 [Wed], 2006, 23:58
 ドイツ対日本戦を後半からライブで見て興奮した。

Viva JAPON
サッカーが詳しくないPAYASOでもスンゴ〜ク興奮したでADIOS。
ディフェンダーの課題は残るもののワールドカップに期待がもてる試合だった。

今回のワールドカップに期待する国は、グルプFの日本はもちろんのこと、
グループB パラグアイ 、グループD ポルトガルの3カ国である。

応援する理由
パラグアイは、私の第2の故郷なので。20才から22才の多感な青年時代をパラグアイで過したのです。
サッカーのお陰で、今でこそパラグアイは、サッカーファンのみならず多くの人が知っている国だと思うが、
私が住んでいたころは誰一人といっていいぐらいしらない国だったのだ。

私が1年間住んでいたパラグアイの日本人移住地では、釣瓶式の井戸とランプの生活であった。
今は、様変わりしていると聞く。


ポルトガルは、いわずと知れた現、セリエAインテル に所属するルイス・フィーゴの
熱狂的なファンであるから。

但し私ではなく妻が・・・

フィーゴがレアルマドリードに在籍しているころからのファンで、来日するごとに、
ホテルで出待ちしていたのである。

毎回つき合わされているうちに私もファンなってしまった。

では、明日もまたサッカーについて書くよ

hasta  manana (文字化けするので~がつけられないよ)

Davinci cood decoded 解読のDVDを観たよ

May 30 [Tue], 2006, 23:18
今日は、昨日観てきたダビンチコードの作者ダン・ブラウンが本を書くに当たって参考にした本の作者たちのドキュメントDVDを見つけたので、観てみた。

ダビンチコードに興味ある人はぜひ、観てほしい作品です。
ダビンチコードの補足をしている感じがした。本当は元本なのに。

ここでは、第1ニケア公会議でキリスト教の体系の決定やキリストの誕生日、復活の日の決まり方などの裏話やコプト語で書かれたもう一つのキリスト本ナグハマディNAGHAMMD写本について事細かく説明されていてとても面白いDVDでした。 

ちなみにナグハマディ写本には、「トマス福音書」、「ピリポ福音書」、「真理の福音書」、「エジプト人福音書」などの福音書が含まれている。

またグノーシス派の福音書の「マリア福音書」についても述べていてとても興味をそそられました。


ダビンチコードについてのコメントを探していたら、
ある牧師さんのとてもユニークなコメントが目に飛び込んできました。 
彼曰く、ダビンチコード世の中を騒がせることによって聖書に注目して、聖書を読み出すから良いのではないかと。さもありナン。


でも、翻ってみるとどうだろうか。キリスト教の根本といわざるを得ないキリストの神聖を否定している本を敢えて言えば、牧師という存在する理由さえも否定されているのに・・・とほほほ


なんて考えてしまった自分は何者かしら・・・(>_<) そうだオイラハ、PAYASO  共に頑張ろうね(^0^)

簡単なキリスト教の流れは、ウィキペディア百科事典 を参考にするといいよ

hast lavista

ダビンチコードを観たよ〜

May 29 [Mon], 2006, 21:24

今日、妻と物議を醸しているダビンチコードを家から歩いて2分の東宝シネマで観てきました。
月曜の午後ということもあり50〜60人ぐらいの観客でした。
但しここの東宝シネマは、4スクリーンでダビンチコードを上映している関係もあって少ないのかも・・・・。

前回、期待を込めてみたプロデューサーは、5分も立たないうちに妻が撃沈してしまった。
私的には、十分見ごたえのあった作品の一つなのだが。
前回はミュージカル作品だったが、今回は宗教を扱っているので、
なおのこと秒殺されてしまうのではないかとちょっと心配 (>_<)・・・


賛否両論渦巻くダビンチコードとはいかなるものか・・・

結論から言うと私にとって後半部分の甘さはあったものの、
十分見ごたえのあった作品でした。

但し、映画を見る前に作品を読んで時代背景や宗教的バックボーンを押さえて
おかないとつまらない映画として捉えてしまうかも・・・

イエスを神ととらえるのか、人ととらえるのかは、見る側の宗教感の問題が大きいかも。

キリストが神でないとしたら我々の原罪からの開放は誰がするのでしょうか。

たぶん、イエスの母マリアではないことは確かですが。

私観として、ダビンチコードの映画は、それほどまで宗教をえぐった
問題作品というよりは、宗教をモチーフとした娯楽作品のような気がしてならない。
印象に残ったのは、トム・ハンクスが、それを信じるかどうかという言葉であった。
(いいかたはちがったかとはおもうが)

宗教は、国家が判断したり、宗教法人の主張をただ受け入れるのではなく、
私個人がどのようにして信仰をそして宗教を受け入れていくかが、
重要ではないかと思わされた。

面白かったシーン  ソフィーが池に足をつけておどけてみせたあと、

今度は、水をワイン替えようかしらというところ。

今回の奇跡は、妻が一睡もせず、たじろぎもせず観賞していたことであった。

hasta マニャーナ

el tiempo bonito (晴天)

May 28 [Sun], 2006, 23:34
ようやくマリクレールらしいFiesta(祭り)がやってきた viva
活気あふれるショーが初めて出来き良かった。山田氏との息もようやく合いだしてきた。これからが肝心だ。気を引き締めてよいショーにしなければ・・・・・・
今回大勢の友人の方が来て下さり有難うございました。m(_ _)m
自由が丘では必ずといっていい位、わたしに事件事故がつき物なのに今年何もなくひと安心
今度は、10月女神祭りでお会いしましょう。 桜小路さん、伊藤さん、鶴岡さんそして山田さんお疲れ様でした。m(_ _)m
毎年お世話になっている自由が丘の南口商店会の皆様方お疲れ様でした。
いつも叱咤激励の吉田さんこれからもよろしくね。 司会村上さんまたお会いしましょう。そして田島さんあなたのおかげで無事今回もすばらしいイベントにしていただきました。有難うございました。
そして、影の支え人河津さんここに呼んでくださり有難うございました。
viva 自由が丘

Lluvia ああ雨だ

May 27 [Sat], 2006, 21:13
マリクーレール祭りは、必ずといっていいくらい雨になるが、今回ほど良くない時はなかった。
人ではないにもかかわらず、今回は、ステージにテントを張った為とてもやりにくいものになってしまった。それにもかかわらず、鶴岡アキラさんはすばらしい演技をしていた。彼のコンタクトジャグリングを初めてみたが、やはり日々の努力大切さを感じた。私は、10年ぶりで昨日、スティルツ(竹馬?)を乗ったので腰にきてしまった。しかしこんなことではいけないと思い、今日もまたスティルツに乗ることに、昨日の腰痛は、久しぶりでなれないせいもあったと思う。今日は快調に乗れ、これからもスティルツでの仕事ができると一安心

自由が丘マリクレール祭りが始まったよ

May 26 [Fri], 2006, 21:39
ブェノス ノーチェス パラ トードス
今日カラ自由が丘マリクレール祭りが始まりました。この祭りには、10年以上出演していますが、こんなに人手が出ないことはなかった。ああ〜 でもまた明日から頑張ろう
今日来てくださった皆様有難うございました。m(_ _)m hasta la vista  

Payaso

May 25 [Thu], 2006, 23:48
ブェノス ノーチェス パラ トードス
2週間ぶりのクラウン講座 楽しみにしていたのに大遅刻  皆さんごめんなさい
m(_ _)m 
今日は特別ゲストとして、ヒロ大森氏とボールド山田氏が来られマイムとジャグリングをしてくださり助かりました。今後ともよろしくね。 それぞれが課題を持ち寄り楽しいひと時でした。また2週間後にお会いできることを楽しみにしてい〜す。ではまた

ああ〜

May 24 [Wed], 2006, 21:42
ブェノス ノーチェス パラ トードス
 今日は、減量の無理がたたって夏風邪でダウン 明後日からの自由が丘に影響が出なければと思いつつ一日中床の中
Payaso  Hasta マニャーナ
明日があるさ、また明日

涙ぐましい努力  Esfuerzos

May 23 [Tue], 2006, 20:17
Buenas noches(文字化けの為標記を少し変えてる)
どなたかスペイン語表記の仕方を教えてください。m(_ _)m

今日は、減量日と決め 朝早くから3キロの歩きとエアロビクス、マシーンでの走り1時間、アクアウォーキングでも500グラムしか減らない。そして悪夢が、何とアクアの最中相撲を取り入れたウォーキングをしていたら年配のご婦人方から指さされてしまった。トホホホホ  
夜には練習

どうしたら減量できるのかな〜

では、hasta manana(表記換え)

一口コメント

May 22 [Mon], 2006, 23:28
Buenas nochessoy payaso

今日クラウンについてアメリカ版のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で検索していたらこんな文章が書かれていた。
It is common for clowns to avoid the use of blue face paint, as this is considered bad luck.
サーカスでは、緑の服は良くないとか、左足から舞台に出るとは聴いていたが、青いメークは忌み嫌われているとは知らなかった。PAYASOとして恥ずかしい限りです。
もし皆さんがクラウンメークする機会がありましたら、青は使わないほうが良いかも、敢えて挑戦する人がいても良いが。
ちなみにクラウンメークの会社 メーロン社が販売しているメークパレットには青がある。

なぜ、バットラックなのか聴いてきます。

hasta la  vista

■東京マッドHP■
東京マッドのHPです。
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ジオターゲティング
Yapme!一覧
読者になる