あぁーアルヘンティーナが消えてしまった。

June 29 [Thu], 2006, 9:44

優勝の予感がした、

アルヘンティーナがPK戦で4−2でアレマンに敗戦した









アジャラのゴールで勝ちを確信して就寝したのに。











すばらしい夢をくれて有難うアルヘンティーナ


さぁ今日はこれから船の仕事だ準備ショウ。

ブラジル対ガーナ戦

June 28 [Wed], 2006, 23:03
ブラジル対ガーナ戦

ポイの練習が終わり帰宅したのが、午前0時半妻は、鎮座ましまして、

ブラジル対ガーナ戦を観戦していた。

大方の予想はブラジルにあったが、ガーナの身体能力の高さを遺憾なく発揮した

試合に興奮し、ガーナのとりこになってしまった。

ガーナといえば、ロッテのガーナチョコか、

国連の第7代事務総長コフィー・アナン氏ぐらいしか思いつかなかったが、



サッカーでまた一躍有名になるだろう。


結果は0-3のブラジル圧勝の形にはなったが、

ガーナというすばらしい身体能力を持つアーティストたちの活躍に狂喜乱舞した、

深夜であった。

じっきーエンドイタリア対オーストラリア

June 27 [Tue], 2006, 13:47
昨日、海老名ビナウォークで行なわれていた。

じっきぃ-さんのイベントに行ってきました。

あいにく雨模様の関係もあり

バルーングリーティングであったが、

楽しいイベントであった。





我が家戦争勃発NO3

イタリア対オーストラリア戦

妻がイタリアのファンだったなんて

私はヒディング監督の采配の妙がすばらしかったので

応援していたが残念だった。



トッティーのPKは、文句の言えないすばらしかったが・・・

でもこの姿はなんなんだろ・・・・


チュペテをくわえている感じ(おしゃぶり)

ポルトガル対オランダ

June 26 [Mon], 2006, 23:37
おめでとう ポルトガル ベスト8 

早朝から夫婦そろって興奮
ポルトガルが死闘を繰り広げた結果、
マニシェ-がアゲタ1点を守りオランダに勝利した。











フィーゴいつもすばらしいプレーを有難う。








クリスティアーノ・ロナウド無念のリタイア次の試合出られるか心配だ





デコが退場処分で次回出場できないなんて・・・

日本対ブラジル  決して屈辱じゃない。

June 23 [Fri], 2006, 18:28
今朝は、日本中が沸きかえり最後に落胆の渦に巻き込まれた。

日本対ブラジル戦で結果は1−4で逆転負けした。

前半34分玉田の目の覚めるような先制ゴールしたにもかかわらず、

前半終了間際にロナウドに同点ゴールを許し、

後半も相手の爆発的な攻撃を抑えることができず4失点。

残念、屈辱など紙面をにぎわせていたが、果たして本当に屈辱なのだろか。

今回のワールドカップを見る限り日本が決勝リーグに勝ち上れる程

精神的、体力的そして技能においてすら、勝っていなかった。

ジーコの采配云々はあろうが、ジーコだけの問題では収まらない。

今回のにわかサッカーファンの人に一言。まだワールドカップは終わっていない。

それどころか、これからが本来のワールドカップの幕開けであり、

サッカーの醍醐味を味わうことのチャンスです−お見逃しなく

最後に4年後の日本期待しよう。但しジーコとオーストラリア戦先発メンバーを除いて

ポルトガル対メキシコ

June 22 [Thu], 2006, 18:19
1次リーグD組のポルトガル―メキシコ戦で、ポルトガルは、FWのクリスティアーノ・ロナウドと

 MFデコを欠いたにもかかわらず2―1で勝利し、

3戦全勝のグループ1位で決勝トーナメント進出を決めた。

今回、後半戦に途中交代したフィーゴの活躍もさることながら、

一人少ないながらもすさまじい攻撃をかけたメキシコになぜか肩入れしていた

自分がいることに気づいた。

ワールドカップ前に亡くなった父の為にも一途に頑張った

GKのオズワルド・サンチェスに拍手を送りたい。

2-1でメキシコが負けたためアンゴラ対イラン戦のことできがきではなかった。

メキシコ決勝リーグ進出  おめでとう。

muy  bien  paraguay

June 21 [Wed], 2006, 20:20
paraguay お疲れ様でした。


三大会連続出場でうち2大会はベスト16になったパラグアイは今大会は惜しくも1であったが、
最後の戦いトリニダードトバコ戦に於いて、
2-0のスコアで勝った。
確かに今大会はゴールキーパーの
チラベルトというカリスマはおらず、
1回戦敗退ではあったが負けた試合はどれも接戦で、
今回の戦いは、4年後の期待を膨らませるすばらしい
結果であった。
パラグアイのサッカー選手の皆さん
すばらしい試合を有難う。 

                 ムチャス・グラッシアスm(_ _)m

日本対クロアチア戦

June 19 [Mon], 2006, 23:50
あぁ残念 
平均視聴率52.7パーセント瞬間最高視聴率68・6%の期待をのせて戦ったクロアチア戦 

惜しくもドローで大相撲で言えば土俵の徳俵につま足立ちで残った感じ

のこった、のこった、 はっけよ〜いのこった。



川口のファインセーブ


日本人として君を誇りに思う。


このままで行けば、ブラジル戦は0-2で負ける予想・・・

でも王者ブラジルに堂々と戦ってほしい。

私の本当の望みは、カミカゼが起こることを期待している

頑張れ日本

WBC以来日本人を自覚。 

ポルトガル対イラン戦

June 18 [Sun], 2006, 22:25
やったー。フィーゴあんたは偉い

フィーゴ命の妻と一緒に昨日のイラン戦を堪能した



レアル時代のフィーゴは、すぐに倒れてしまう印象が強かったが、
昨日のフィーゴは、すばらしかった。
全得点に絡むフィーゴ、君は偉い。
特に2点目を呼び込んだファールは、フィーゴならではの・・・・だ。
まぁなんにしてもフィーゴすごい。

 



でも私は、得点したブラジル
出身のデコのファン
 



ルイス・フェリペ・スコラーリ監督

前回日韓ワールドカップでブラジルを

優勝に導いた監督

今回の優勝はポルトガルかも・・・

          
          


  でも、もしかしたら メッシ擁するアルヘンティーナかな

Copa  Mundial   ワールドカップ

June 15 [Thu], 2006, 23:54
あぁ〜 なんてことだ 一次リーグから 中南米で戦うなんて


                                  

  3                     −           0



エクアドル                              コスタリカ

私が今一番  あこがれている 国が  コスタリカなのだ    残念

エクアドルは南米第3位で南米リーグを通過した国 やはりすごい。
エクアドルは高地では勝てるが平地では勝てないジンクスを今回打ち破り決勝リーグ進出おめでとう。
Felicitaciones

私がこよなく愛する コスタリカについて  豆知識
コスタリカ共和国 政府観光局 資料抜粋

コスタリカ共和国は北米大陸と南米大陸の中間に位置する、四国と九州を合わせた程の大きさの国。
太平洋とカリブ海に面し、国土の中央部を現在も活動中の火山帯が占める変化に富んだ地形が、素晴らしい自然を育んでいます。スペイン語で、『豊かな海岸』を意味するこの国に、皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか。


◆世界で唯一の非武装永世中立国
◆国連平和大学及び地球評議会事務所設立
◆アリアス大統領(当時現役) ノーベル平和賞受賞
◆国家予算の21%が教育費(2000年度)
◆200海里経済水域を世界で最初に宣言
◆国土の約24%が国立公園(保護区)
◆地球上の全動植物種の約5%が生息
◆ペンショナード政策・・・年金生活者の受け入れ
◆世界人権裁判所

このように、コスタリカはまさに21世紀型の独自の政策を押し進めている非常にユニークな 国なのです。

■東京マッドHP■
東京マッドのHPです。
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング
Yapme!一覧
読者になる