隣国 ブラシル

October 03 [Sat], 2009, 11:49
2014年サッカーワールドカップに続き2016年夏季五輪も南米ブラジル・リオデジャネイロに決定
2016年は、オバマ大統領の支持もありシカゴと確信していたのだが、
ふたを開けてみたら、真っ先に落選したのは、シカゴ。 驚嘆
最終的に リオデジャネイロに決定。 ビバー ブラシル
その昔、南米最初に降り立ったのは、くしくもリオデジャネイロ 
懐かしさを覚えた。

2016年  元気ならば 是非もう一度訪れたい。

ちょっと歌えたよ〜。

May 27 [Tue], 2008, 23:01
待ちに待ったキリンカップ  パラグアイ対日本戦

待ちに待っていたのは、 パラグアイ国歌

果たして何十年前に覚えた歌が 歌えるのか  結果   始めの2小節と最後の2小節は完璧

非常にうれしい  まだ パラグアイとつながっているんだな〜。


試合の見所は 松井に尽きた

明日は キリンカップ

May 26 [Mon], 2008, 23:16
明日は待ちに待ったキリンカップ  
因みに、明日の試合に臨むパラグアイは今秋
60年間君臨していたパラグアイ与党が頽廃し“貧者の司祭”
元司教のフェルナンド・ルゴ氏が
大統領に就任予定。これからのパラグアイを見守りたい。
私がいた時代は、軍事独裁ストロエスネル陸軍司令官の時代であった。
ストロエスネル将軍はどことなく、チャップリンが演じた独裁者の感がした。

何はなくても パラグアイ

May 10 [Thu], 2007, 23:24
今日の朝日の朝刊にパラグアイの記事。

もしやまた誘拐かと思いきや

なんと、テレレについての記事に一安心 

Tereréは冷水でいれるマテ茶(Yerba mate)の飲み方の一種。


テレレが恋しい季節 

パラグアイで飲んだあの味は、うん十年過ぎた今もはっきりとよみがえる




Paraguay

April 20 [Fri], 2007, 18:49
パラグアイ

こんな事でパラグアイの名を聞くとは
今月1日午後、パラグアイ国東部カアグアス県の幹線道路で拉致された日本人が、
開放されたとのニュースが飛び込んできた。
良かったのだが、こんなことがない限り名前が出てこないとはトホホホ

ビバ パラグアイ

January 21 [Sun], 2007, 2:56
日曜深夜日テレを観ていたら第3回ワールドカップ(W杯)

女子ゴルフ、国・地域別対抗戦、第2日の模様が映っていた。

第1回大会では、宮里藍の活躍などで優勝したので、

興味があったのでそのまま、テレビ観戦していたらナンと

パラグアイが一位との事、ナンとすばらしいことか

最後まで見てしまい今日もまた夜更かしが続く。

最終日が待ち遠しい。

グラナダ、トロチェ両選手の健闘を祈る。

威風堂々  パラグアイ前原城

November 19 [Sun], 2006, 18:49

一度、ブログで紹介した城が完成したとyahooにデカデカト記載されていたので、
うれしくて、前回と同様なコメントになりましたが載せます。


写真説明
パラグアイの首都アスンシオン郊外に出現した純日本様式の城。城主は1958年に広島県から移住した前原弘道さん(68)。1日55万個、同国で流通する鶏卵の6割を生産する「卵王」。足かけ10年でほぼ完成した
(時事通信社)15時48分更新

 
関連リンク
パラグアイで一番有名なタマゴは日本人が作っている - 前原弘道さんについて。ドリームゲート「海外ビジネス最前線」(2005年11月2日)


パラグアイに在る日本のお城 - パラグアイの名所

アメリカ在住日系市民の声

November 10 [Fri], 2006, 21:35


パラグアイニュースの投稿文でアメリカの中間選挙について

韻を踏んだ記事が掲載されていたので、

面白いと思い載せてみました。



アメリカの良心は死なず・・、

アメリカの選挙結果が出た。

民主党の大勝利。

これでアメリカの政治姿勢が大きく変化すると多くの人が
話している・・・、

この結果、ヒラリー・クリントン上院議員が2年後の
大統領選挙に出る確率が大きくなった。

アメリカが大きく、うねり始めた。

改革と革新の波が、底辺のアメリカ人の中から
突き上げる様に、こだましている。

アメリカよ!自助自戒の力が失われてはいなかった。

変われ、替われ、代われ、人も組織も、法律も・・・、

帰れ、帰れ、帰って来い・・!
若い兵士達よ・・、

無駄にイラクの戦場で死ぬことなかれ・・!
戦場で散ることなかれ・・!

嗚呼・・、

母親はあんな砂漠の戦場で死ぬ為に
貴方を生んだのではない・・、

ブッシュの為に死ぬことなかれ・・!

星条旗は正義の戦いに、きらめく為に翻える・・、
星条旗は戦死した兵士の棺に、かけるものでは無い・・、

貴方達兵士が祖国アメリカの土を踏み、家族と再会のキス
をして、自由アメリカの為に力合わせ、幸せを掴み・・、

神から与えられた人生と寿命を生き抜くために
多くの市民が祈って、一票を投じたのだ・・・、

神よ、兵士達の無事の帰還を助け給え・・、
神よ、イラクの市民に平和の鐘を響かせ給え・・、


私もこの意見で大部分で共感したのだが、2年後に共和党から民主党に変わり

アメリカ自身は断罪されることなく、イラクから撤退し

口をぬぐって終わりにしてしまい、

ただ、イラクの国民が捨て去られて忘れ去られる気がしてならない。

このままの状況では、イラクの市民に平和の鐘は響びくことはない。

秋篠宮さまのコメント2

November 08 [Wed], 2006, 22:48

日系社会ニュース
2006年11月7日付け
移住者にねぎらいの言葉=パラグアイ=秋篠宮さまラ・コルメナご訪問=コルメナ公民館前の沿道にはパラグアイ人生徒約二百人以上が両国の小旗を持って参集し、ご到着を一時間以上も前から待ちかまえていた。
 ラ・コルメナはアスンシオンの南東百五十キロ地点にあり、同国では唯一の戦前移住地。ブラジル拓殖組合が手がけ、宮坂国人らが乗り込んで造成したとあって、伯国とも縁が深い。
 午前十時半、秋篠宮さまの乗った車を真ん中にして隊列を組んだ一団が到着。
 公民館の前庭には、同日本人文化協会の千葉玄治郎会長と、宮本浩一エドワルド市長代理(三世)が出迎えた。
 移住者が望郷の念をつのらせ「パラグアイの富士山」と愛称をつけて呼び慣わした近隣にある山、通称〃コルメナ富士〃の絵が背景に書かれた舞台の上、秋篠宮さまは席につかれ、両国国歌が演奏された。
 宮本市長代理は緊張した面持ちで、「殿下のご訪問は、二つの異なる文化が力を合わせて発展してきたこの地に、新しい歴史を刻むもの」と歓迎のあいさつをした。
 次に千葉会長は移住地の歴史を振り返り、三六年の創立以来、百三十八家族、八百四十四人が入植し、現在のこっているのは三百五十七人と説明した。市人口の六%が日系人だ。四八年に農協が発足、五六年に同文協が設立され、十四年前には日本政府からモデル農村プロジェクトとして支援を受け、「小規模ながらも生活は安定してきている」と報告し、「天皇皇后両陛下にもよろしくお伝えください」としめた。
 これに対し、秋篠宮さまは「日本人の入植当時、ラ・コルメナは一面原始林に覆われ、移住者の方々には筆舌に尽くせないほどのご苦労があったと伺っております。志半ばにして逝去された方も少なくなく、ここに謹んでご冥福をお祈りしたいと思います」とのべられた。
 さらに「移住者の方々は、勤勉さや相互扶助、不屈の精神をもってあらゆる困難を乗り越え、今日の日系社会の基盤を築かれただけではなく、主として農業分野を通じて、パラグアイの経済発展に大きな貢献をしてこられました」とのお言葉を送った。

この記事を読んで、日系人移民の苦労が報われた気がした。

えぇ ラ・コルメナに

November 07 [Tue], 2006, 15:09



道芸ワールドカップイン静岡から帰ってみると、我第2の故郷パラグアイ国 ラ・コルメナ市を

訪れたとのニュースが飛び込んできていた。

【アスンシオン2日時事】パラグアイを公式訪問中の秋篠宮さまは2日、入植70周年を迎えた同国南部にある最初の日本人移住地ラ・コルメナ市で、移住者や日系人と懇談された。歓迎式典で、秋篠宮さまは入植当時の移住者の苦労をしのばれた上で、「移住者、日系人の方々が社会のさまざまな分野で活躍するとともに、パラグアイ国民から高い評価を受けるに至っていることは大変喜ばしく、心から敬意を表したく思います」とあいさつした。

我々日本に住むものにとっては、あまり興味のない話題だが、日本人移住者は、秋篠宮さまの来訪に

感極まったとのこと。

私が住んでいた当時のラ・コルメナの公民館をはじめ日本人家庭には、

昭和天皇及び皇后様の写真が貼ってってあったのだ。

日本から来た私の目には、奇異な感じがしたのだが。

兎にも角にも皇族の方がいらっしたことに感謝。
■東京マッドHP■
東京マッドのHPです。
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ジオターゲティング
Yapme!一覧
読者になる