ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00とヒディンク 

February 01 [Tue], 2011, 1:24
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 マジック
ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00









ラ┐″└|ィ──ッノヽ─├♥Φ♦00 1982年に現役引退し、その後、指導者としてのキャリアをスタートさせた。83年からPSVアイントホーフェンのコーチに就任する。86-87シーズンの途中にチームの不振から監督が辞任し、臨時として監督に昇格。低迷していたチームをリーグ優勝に導き、この功績が評価され正式に監督に就任することになった。この年を含むリーグ3連覇、1度のUEFAチャンピオンズカップ優勝を達成。90年にPSV退団後は、フェネルバフチェSK、バレンシアCFの監督を務めた。
95年に母国オランダ代表監督に就任。1998年のフランスW杯では4位に輝く。その後はレアル・マドリード、レアル・ベティスを指揮した後、韓国代表監督に就任。2002年の日韓W杯で4位という快挙を達成した。2002年から2006年の間、再びPSVの監督を務め、さらに2005年7月からはオーストラリア代表監督を兼任。大陸間プレーオフでウルグアイを破って、オーストラリアは32年ぶりにW杯出場を果たした。本大会ではベスト16に進出している。
その後PSVの監督を退任後、ロシア代表監督に就任。EURO2008の予選では最終節でイングランドを逆転して本大会出場を決めた。本大会ではロシア代表を20年ぶりとなるベスト4に導いている。また08-09シーズンの途中、当時不振に喘いでいたチェルシーFCの監督にシーズン終了までの期間限定で就任(ロシア代表との兼務)。すぐさまチームを立て直しFAカップ優勝等の好成績をもたらしている。2010FIFAワールドカップ予選では、グループリーグでドイツに次いで2位となった結果プレーオフにまわり、スロベニア代表と対戦。「戦力的には優位」との下馬評通り、ホームでは2-1と勝利するが、アウェイゴールを許してしまう。それが大きく響き、敵地に乗り込み臨んだ試合では0-1で敗れ、勝ち数・合計得点で並ばれることとなりアウェイゴールの差で本大会出場を逃してしまった。
ロシア代表のプレーオフ敗退後、2010年6月末までのロシアサッカー連合との契約を延長せずに、トルコサッカー連盟と2年の契約を結んだ(さらに2年間の延長オプションを含む)。同年8月1日からサッカートルコ代表監督に就任することが決まった。なお、ロシアのメディアによればトルコ代表監督としての年俸は375万ユーロ(約4億6700万円)で、ロシア代表監督時代の年俸の700万ユーロ(約8億7170万円)から半減するとのこと[1]。
日本のクラブチームも招聘に動いたことがある。特に名古屋グランパスエイトは1994年シーズンにヒディンクを日本に招き、グランパスの試合も観戦するなどしたがオランダ代表監督のオファーが届いたこともあってこれを固辞。その後名古屋はアーセン・ベンゲルを監督として招聘することとなる。