アヴァンギャルド・チャイナ

March 29 [Sun], 2009, 22:59
3連休の初日の20日(金曜日)に洋画家さんと待合わせして、大阪・中之島の国立国際美術館で催され
ていました「アヴァンギャルド・チャイナ」中国現代美術20年(2008/12/09〜2009/3/22)に行って来まし

た。 これは文化大革命の終った1979年から海外の美術の影響を受けて表現の自由を求め始めた事から始まります。

  広いスペースにユダヤ人の老人たちが電動車椅子で互いにぶつかり合うのが有ります。 同じ顔・同じ
体型の精巧な人形たち。 片足の無い人形、ラビ、それが無言で動いています。 意味が判りません。  その

反対側の壁には、等身より少し大きな中東アラブ人が銃を片手にのぞき穴から何かを覗いています。  肌の浅黒さ、手の甲にはキッチリと毛が生えされ、ぱっと見たら本当の人間のように見えます。 遥かにこちらの方

が判りやすいです。(この作品はスン・ユァンさんとポン・ユウさんの合作「老人ホーム」)
  他に素っ裸の男性がハエだらけの中国式トイレから池に入って行くだけの映像作品。 長髪の素っ裸の

男性が生きた魚を沢山吊り下げた汚いシャワー室で頭を洗っているだけの映像。 素っ裸の男性が倉庫で
梯子段に上り、体を括られ口をテーピングされ腕にパイプを刺されそのパイプから血がポタポタの映像作品。。

また汚そうな池に多くの男性が今度はパンツのままで池に浸かる映像作品。(ジャン・ホワンさん「池の水位を上げる」) 意味が判りません。何故素っ裸なのでしょう? 映像室にはやはり一人で来た若い女の人数人が

何度も観ていました。
入場料1000円、安いか高いかは個人の思いですが、べらぼうに高く感じました。 何が芸術か判らない作

品群でした。 
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:徳河 汎愛(とくが・はんあい)
読者になる
2009年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像徳河
アヴァンギャルド・チャイナ (2009年04月07日)
アイコン画像akira
アヴァンギャルド・チャイナ (2009年04月05日)
アイコン画像徳河汎愛
「川J 理恵(かわばた・りえ) 展 (2009年03月16日)
アイコン画像kawabata
「川J 理恵(かわばた・りえ) 展 (2009年03月14日)
アイコン画像kawabata
「川J 理恵(かわばた・りえ) 展 (2009年03月14日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ