にきび 

August 26 [Tue], 2014, 16:37
面皰はなぜ顔に出来るのかについて紹介したいと思います。面皰は多くの場合ほほや額に出来やすいといわれています。ほかにも体の部分で言うと、面皰は背中や胸にも出来やすいです。顔や背中、胸の部分になぜ面皰が出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによって面皰が出来やすいといわれています。皮脂腺というのは毛穴の部分に開口しています。皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。

面皰はその毛穴からです皮脂が炎症を起こしたために出来るといわれています。ですから思春期になると皮脂腺が活発になって肥大して、皮脂が活発に生成されることから面皰が出来やすいといわれています。面皰がなぜ顔に出来やすいかということですが、面皰の原因になっている皮脂腺が顔にはとても多いので、面皰は顔に出来やすいといわれているのです。皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほど面皰が出来やすいといわれているのです。面皰が顔に出来やすい人というのは背中にも皮脂腺が沢山ある人が多く、顔に出来る面皰だけでなく、背中にも面皰が出来るといわれています。面皰は顔に出来やすく、思春期の学生などの悩みの一つではありますが、これは皮脂が活発になることによって起こる炎症なのです。lava 川崎
lava 立川
lava 調布
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tokotoko5/index1_0.rdf