最低限の知識は習得しておく

January 27 [Mon], 2014, 15:31
遺産相続は人生においてせいぜい数回あるかないかで、それほど多いものではありません。
だからこそきちんと相続のことについて知っておくとか、
準備をしておかないと思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

ポイントになるのは故人が亡くなってから3ヶ月という期間でしょう。
この3ヶ月という期間は相続放棄のリミットですから、
ぼやぼやしていると親が残した莫大な借金を背負うということもありえます。

もちろん一旦この期限が過ぎてから、「そんな制度は知りませんでした」
と弁護士に駆け込んでもどうしようもできません。
法治国家において法律を知らなかったという言い訳は通じないのです。

もちろん日本のあらゆる法律を事細かに理解する必要はありませんし、
そんなことは弁護士でもできません。

ですが、遺産相続のような自分に直に関係する基礎的な事項については、
ある程度理解しておくことがトラブル防止に役立ちます。
とにかく自分の親族が亡くなった場合は、
すぐに弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談するのが一番よいです。

そのことさえ忘れなければ莫大な借金を背負うこともなく対処をしてもらえます。
そして自分が死ぬときのことを考えて、残された家族が争わないようにきちんと遺言を書いておくことです。

遺言は何度でも書きなおすことができますから、まずは気軽に書いてみましょう。

宅建免許で一歩進むぞ

January 17 [Fri], 2014, 10:52
遅ればせながら、みなさま今年も何卒宜しくお願いします。
こんなわたしですけど、みなさんに少しずつ恩返しが出来るように頑張ってみますので。
あまり周りの期待に応えたい!と考えすぎるのもよくないことだと思いますけど、今年はですね・・・。

ちょっと気合を入れてとりかからなければならないことがあるのです。
自分に対して気合を注入してバリバリいかなければなりません。

実は会社の命令で、ある資格試験を受けるのです。
命令とは言っても、これはわたしにとってもチャンスですからね、自分のためなのです。
その資格とは、宅建免許です。

宅建免許とは何か?
不動産業に携わっている人なら絶対に知っていると思いますけど、不動産取引に関する重要事項を
取り扱う事ができる資格で国家資格です。

わたしが働いている会社にも、不動産部門がありまして、そこへ配属されると出世のチャンスなのです。
配属されるためには、どうしても宅建免許の資格が必要ということなのです。
うちの部署からも資格取得者を出そうということで、わたしが抜擢されたというわけです。

もし合格したら?
来年からは不動産部門への異動があるかもしれませんし、一歩先に進めるかもしれません。
会社ってみんな仲良しだけではいけませんよね、同期同士で競うということも大事です。
わたしが率先して引っ張って行きたいと思います。

え?ちょっと肩に力が入りすぎではないかって?
あはは、そうかもしれません、2014年のスタートは、例年以上に気合が入っております(笑)
しかし途中で失速しないように、ペースを確認しながら進みたいと思います。

今年は勉強です。

明暗分かれる!

December 05 [Thu], 2013, 9:57
昨日の夕方、わたしの後輩社員2名の、宅建免許の合否が発表されました。
いくらわたしたちの部署が、8名しかいない部署だからといって、全員の前で
発表することはなかったのですよね、可哀想に。
ふたりとも合格していればよかったですけど、そう上手くはいかないじゃないですか。
だったら二人して不合格でもいいの?ということになりがちですけど、そうではありません。
うまくいかないことが予想されるのに、みんなの前で発表するなよと言いたいのです。

結果ですが、一人は合格で、もう一人は不合格という一番面倒くさいものでした。
合格したものは、それは頑張ったのでしょうし、喜びを爆発させますけど、不合格の方が・・・。
見ていられなかったですよ、あの憔悴しようは。
不合格となった方も、彼なりに頑張ったのだと思いますけどね、現実はなかなか残酷なものですね。

わたしの会社の、資格取得を支援するシステムにもマズイ点があると思うのですよね。
別に強制ではないけど受けてみましょうか?的な雰囲気バリバリですからね。

そういうわけで、昨日は不合格の後輩を連れて呑みに行きました。
彼の地元である中野で呑みまして、帰りは自宅まで送りましたよ、べろべろでしたから。
ストレスも溜まりますよね、新卒で入ってきた社会人一年目で、いきなりこの挫折ですからね。

今さら資格の取得なんて

December 04 [Wed], 2013, 11:46
昨日家に帰りましたら、妻が何やら真剣に眺めているものがありました。
なんだろうかと覗き見ると、資格取得の支援プログラムの案内でした。
今の時代、なにかしら資格が無いと困りますよ、転職などに大きく影響します
というようなことが書かれており、要するに資格を取りませんか?ということです。

妻は、とりあえず何かしら資格を取りたいと言っていまして、
わたしにも資格を取るようにと行ってきたのです。
なんで俺も?というと、自分一人で勉強をするのでは、頑張れないと思うからだそうです。
た、確かにそうかもしれませんけど、わたしも勉強しなければなりませんか?
今更試験のための勉強をするなんて嫌ですよ。

しかもわたしに何の資格を受けさせようかというと、宅建免許だそうです。
妻の実家は、不動産会社をやっていて、丁度良いから取ろうよ!というのです。
だから、不動産会社は絶対に継がないと言っているし、宅建免許とか必要ないの!
しかも難しいし。

うーん、まぁだからといって他に取得するような資格も無いし、
もし仮に宅建免許を取ることが出来たら、お義父さんは相当喜ぶはずなのですよ。
会社を継ぐにしても継がないにしても、嬉しいはずです。
一番いいのは、娘である、わたしの妻が取得することなのですけどね。

いっちょう頑張ってみますか!

大好きなスポーツ選手の引退

December 03 [Tue], 2013, 10:24
今シーズン限りで引退する野球選手もたくさんいますよね。
1軍でバリバリ活躍した選手も、2軍の選手の中にも引退を決意した選手がいるでしょう。
スポーツ選手には、必ず引退する時がきますよね。
体が資本の仕事ですから、体力の衰えや劣化で、やむなく引退となるでしょう。

またスポーツはフィジカルのみならず、メンタルの部分が大きく影響すると言われております。
闘士が湧かないとか、気持ちがついていけないということも、引退の理由になると思います。

そんな中、わたしの好きなスポーツ選手の引退が報道されました。
それは、水泳の寺川綾さんです。
もうね、ずっと応援している数少ない選手です。
なんでしょうね、そもそも顔がタイプなのですけどね(笑)

現在でも、50m・100mの背泳ぎの日本記録を保持しており、
トップのまま引退することになったのですね。

今後は後進の指導にあたるとみられているそうです。
そうですよ、第二第三の寺川綾を育ててほしいと思っています、お疲れ様でした!


見てください、この意思の強い瞳を!!!

思い立ったら宅建免許

December 02 [Mon], 2013, 10:34
こう見えても、わたしはなかなかフットワークが軽いのです。
こうしたいと思ったらすぐに行動に移しますし、一度とりかかったことは最後まで諦めません。
根気強いとも言われますし、一部の人からは、『しつこい男』と言われております。
もちろん、自分としては褒め言葉として受け取っていますよね(^_^;)

毎週末ごとに、今度はどこに行こうか?何を学ぶか?ということを考えております。
そのポテンシャルを違うところで発揮したら、ものすごい成果があるかもと言われました。
そんな勢いで、何か資格でも取ってみたらどうか?
フォークリフトの免許とか良いのではないかと勧められました。

フォークリフトですか、なかなかおもしろいですね!
しかし、残念ながらわたしはすでにフォークリフトの免許を持っているのです!
ほかになにかアイディアはないかと聞いてみると、宅建免許はどうかという話になりました。

宅建免許ですか、確かに聞いたことはありますけど、さすがに受けようとは思いませんでした。
ただ、宅建免許を持っているとモテる、という話を聞いて、受験してみることにしたのです。
受験する理由が駄目だなどと言わないで下さいね。
しかしモチベーションを高めるためには、何かしらの目標が必要ですし、モテることは悪いことではありません。

そもそも本当にモテるのか?それを検証するためにも、わたしが合格する必要があるのです。
将来的に、自分で不動産を開業することも出来るそうですし、取得して損は無い資格でしょう。

妻の一大決心

November 29 [Fri], 2013, 10:40
突然何を言い出すかと思いましたら、ビックリしましたよね。
最近一番びっくりした話をさせて下さい、みなさんにも言いたいのです!

いえ、うちの妻の事なのですけど、ついこの間まで外に働きに出たいと言っていたのですが、
その発言を撤回!家にいて勉強をしたいというのです。
ま、まぁいいじゃないですかね、勉強をしたいというのですから止めませんよ。
むしろ素晴らしいことじゃないですか、学ぶということはね。

それで、何の勉強をしたいのかと聞いてみますと、宅建の勉強をしたいと・・・。
宅建免許を取得したいそうなのです。
どうした急に(笑)
宅建免許なんかとってどうするつもりか聞いてみると、不動産会社で働くそうです。
そしていずれは、自分で不動産開業させるのだと息巻いていました。

何か理由があるな、そう直感しました。
問いただしてみると、むかしから仲の悪い知人がいて、
その人が不動産業を始めたそうなのです。
うちの妻は、むかしからその人にライバル心を抱いており、今回もライバル心がむき出しになったのでしょう。
理由はともかく、学ぶことは良いことですし、何かにチャレンジすることは素晴らしいです。
反対するどころか、全面的に応援することを決めました。

頑張れ、母ちゃん!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tokkoncho
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる