ら・べるびぃ予防医学研究所 

January 11 [Tue], 2005, 20:10
ミネラル毛髪検査のら・べるびぃ予防医学研究所って、A8にアフィリエイトをお願いしてるんか。
ちゃんと論文書いて、学会で評価してもらう作業をやってもらいたいものだ。彼らの言う自閉症とミネラルの関係について。
こんな感じでやってる範囲では、怪しいと思われても仕方ないと思し、あえてそうしない理由を疑われても仕方ないと思う。

障害者の歯の診療、医師有志の名簿公表へ 

January 06 [Thu], 2005, 21:33
http://mytown.asahi.com/chiba/news02.asp?kiji=4808

良いですよね。もっと広がってほしい。


誰もが緊張してしまう歯の治療。体の自由がきかなかったり、治療内容が理解できなかったりする障害者の場合、患者の協力がより得にくいとして、歯科医師から敬遠される傾向がある。県歯科医師会(県歯)は、「障害の特徴を理解して積極的に診療に応じたい」という会員有志の名簿を作り、今春から公表することを決めた。
「心身障害者(児)受け入れ可能診療所」と題した名簿は、すでにできあがり、約360人の歯科医師が登録した。障害のある地域の患者を、自分のできる範囲で診ていきたい、という有志が手を挙げた。自治体や障害者施設などに配るほか、将来はインターネットのホームページで公開する考えだ。

児童養護施設で理事長が子どもに暴力 埼玉・児玉町 

December 20 [Mon], 2004, 19:42
http://www.asahi.com/national/update/1220/018.html


埼玉県児玉町の児童養護施設「桑梓(そうし)」で、理事長兼施設長の男性(32)が、入所している男女5人の小、中学生に暴力をふるったり暴言を浴びせたりしたとして、県などが11月末に立ち入り調査をしていたことが20日、わかった。
県によると、同施設は、虐待などのために家庭で生活できない3〜14歳の24人が入所している。11月中旬、福祉サービスの苦情相談を受ける県運営適正化委員会と県に、理事長による暴力の訴えが複数あったことから、県と同委員会が立ち入り調査していた。
その結果、昨夏ごろ、理事長は、中学1年の男子が帰宅時間に遅れたことに腹を立て「出て行け」と怒鳴り、頭を殴ったりしたほか、女子3人と男子1人に「出て行け」と発言したりしたという。
理事長は朝日新聞の取材に「熱心に指導したので多少行き過ぎた面があったかもしれない。自分を正当化するつもりはない」と話している。
施設は、昨年10月の県の指導監査で26項目、今年10月には「子どもの健康診断が十分に行われていない」など19項目の改善点が指摘されていた。


年齢は関係ないのかもしれないけれど、なぜこの人が32歳の若さ(?)で理事長になれているのか、というその仕組みを知りたい。これは、単純なる好奇心から。

WORDS 

December 20 [Mon], 2004, 12:36
『自閉症の子は、人の気持ちがよくわからない。だからこそ、人を悪く思わず純真でいられるのだ』という言葉を某blogで読んで、少々の涙。

浅野 幸恵 

December 18 [Sat], 2004, 11:47
この人に限らず、『ゲーム脳』について無批判で自分の本などに記述している人、そしてそれを自説の強化につなげている人は、それだけで他の内容も『それほど検証してないんじゃないか?』と思われかねないと思うのだけれど。大丈夫?

毛髪ミネラル検査で健康生活 

November 27 [Sat], 2004, 20:47
http://www.lbv.jp/

毛髪ミネラル検査を行ってる会社。当然、『自閉症水銀説』を推して(?)いる模様。
検査してもらえるからね。

自閉症、脳に免疫系物質…治療法解明に道(読売新聞) 

November 16 [Tue], 2004, 21:55
http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__yomiuri_20041116i504.htm


【ワシントン=笹沢教一】米ジョンズ・ホプキンズ大学などの研究チームは15日、自閉症の人の脳に免疫系物質の作用によると見られる炎症が生じていることを発見したと発表した。
炎症が脳細胞の損傷につながるのか、何らかの脳機能を促しているのかは不明だが、研究チームは「脳の免疫反応が関係するとの仮説を支持する発見。自閉症の仕組みを理解し、治療手段を確立するのにつながる」としている。この成果は米神経学会・小児神経学会誌の電子版に掲載された。
研究チームは、5―12歳の自閉症児6人の脊髄(せきずい)液と、事故やけがなどで死亡した5―44歳の自閉症の11人の脳を分析。炎症に関与するサイトカインという免疫たんぱく質が、17人全員で普通の人より増えていることを確認した。
同大の医師団は「すべての自閉症で炎症が起きていると確認されたわけではない」と慎重な見方をする一方、「脳内の免疫反応が関与している可能性を示すもの」と評価。さらに詳しい分析を進めるという。
全米自閉症協会によると、米国には自閉症の大人や子供が約150万人いるという。
[読売新聞社:2004年11月16日 13時16分]


いずれにしても、研究が常になんらかの形で進行しているのはまだ恵まれてますよね。世の中には、まだまだ原因の分からない病気や障碍がたくさんあるのだもの。

牛乳と乳製品と砂糖と自閉症 

November 16 [Tue], 2004, 13:17
牛乳と乳製品と砂糖を摂らないいろんな病気や自閉症が減ると言っている人がいるが、どんな根拠なのだろうか。例では、犯罪者の再犯率が減ったという例が出ていたけれど、それと自閉症にどんな関連が? だいたい『減る』とはどういう意味なのだろう。親がそれらの食品を摂らないでいると、子供が自閉症で産まれてこない、という意味か? それとも、生まれつきの自閉症が治る(?)という意味か? そもそも、乳製品などを食べられない自閉症の子もいると思うが。

役に立つ 

November 15 [Mon], 2004, 14:43
casshernとか、CUBEもそうだけれど、障碍者でも何かの役に立つならこっちの仲間に入れてやるよということか、とわざと斜めに構えてみてしまう自分が嫌だ。

画像を貼ってみるテスト 

November 11 [Thu], 2004, 14:36
ただそれだけです。