腕時計の定期的なオーバーホール、目安はどれくらい? 

August 23 [Sun], 2015, 12:06
ずっと大事にしている腕時計。

電池交換以外は特に大きな故障もなく、
今も使い続けています。


でも腕時計は精密機器ですので、
たとえ故障したことがなくても、
定期的なオーバーホールが大事なことは知ってますか。

腕時計は何百個もの部品でできており、
その半分以上が可動部品だといわれています。

その部品同士がスムーズに動くよう、
専用の潤滑油が塗られているのですが、
潤滑油は3年ほどで劣化するため、

ときどき分解掃除して塗りなおす必要があるのです。

これを怠ってしまうと部品の動きが悪くなり、
時間の誤差が大きくなったり、
最悪の場合は故障の原因になります。


今は問題なく動いている腕時計ですが、
3年から4年ほどを目安にして、
専門店にオーバーホールを頼むことが大事です。

あなたの大事にしている腕時計、

それくらいの期間を目安にして、
専門店に相談してみることをおすすめします。


腕時計を長持ちさせる定期的なオーバーホール 

August 23 [Sun], 2015, 11:53
大切な腕時計を長持ちさせるには、
掃除や保管の方法も大事ですが、
定期的なオーバーホールが必須といえます。

分解掃除なんて故障したときでいいのでは?

そう考えている人は多いようですが、
故障したかどうかは関係なく、

3年から4年の間隔を目安にして、
定期的にオーバーホールしてもらうことが大事です。


腕時計は多くの可動部品からできており、
部品の隙間には小さなホコリや
部品同士がこすれたクズが溜まっています。

これらが部品の動きを悪くするため、
誤差や故障の原因になってしまいます。


腕時計を定期的にオーバーホールすることで、
部品の隙間に溜まった不純物が取り除かれ、
本来の動きを取り戻すことができます。


腕時計のオーバーホール、

面倒くさいなどといわず、
定期的に専門店に依頼することをオススメします。

定期的なオーバーホールが腕時計の寿命を延ばす理由 

August 23 [Sun], 2015, 11:52
意外と忘れがちな腕時計の分解掃除。

特に故障もしていないし、
今も普通に動いている腕時計。

なぜわざわざオーバーホールさせないといけないのか?


時計マニアでなくてもわかりますが、
腕時計は大小様々な部品でできています。

しかも部品の半分以上は可動するもので、
休むことなく動き続けています。


これらの部品がスムーズに動くよう、
部品には専門の潤滑油が塗られているのですが、

潤滑油は3年から4年ほどで劣化するため、
それ以降は部品の動きがぎこちなくなります。

部品の動きがぎこちなくなると、
部品そのものに負荷がかかり、
故障の原因となりかねません。


分解掃除を定期的に行うことで、
劣化した潤滑油を塗り直し、
部品の負荷を取り除くことが大事なのです。


あなたの大切にしている腕時計、
定期的なオーバーホールを心がけましょう。