新劇魔王ー2

October 12 [Sun], 2014, 1:53


 夜闇夜の霧が深く眠る様な街の建物を包み始めるころ遠くで馬車の走りゆく方向を定めさせゆく馬の,.鳴き声が遠くに聞こえ来る。(主役自宅眠りについている うんうん・・・) 一人眠る○○の自宅の御部屋のソファーの上に(美しい透明な光が現れくる。 唯静かに唯ソファーの上には誰もいないことを知らせる様にして静かにその姿を上から徐々にソファーの上に降ろす様に表しくる。。(ぅぅん) 寝苦しそうに寝返りをうつ。。(ソファーの上に降りくる様に見える(その透明な光まるで誰もいないその場所(ソファー)の上にと徐々に(美しい光の中に顔立ちのと養子裸体の整いた女性の映像を頭部から爪先に至るまでを徐々に美しい女性の3D映像を上から下の方個に向かう様にと(スクリーンともいえる(美しい透明な輝きを持つ光の中えとその姿落し入れる様に美しき姿映しくる。。映して入る様にも見えている。(夢の中 (なぜあの時の様に御話になってはくれないのですか。
 (御喋しゃってはくれないのですか あの時と 御父上様の研究の論文をと あの時と同じ様に なぜ御話になってはくださらないのですか なぜなぜなぜなのです。あの時の様に なぜ御話には 貴方様の様な御立場を持たれる御方が なぜなぜなのです (え) (あ(一小さく雷音の響きが空に顔を覗かたせいか。馬が驚き蹄の響きを高く響かせ一瞬馬車が小さく揺れゆく。室内の中に一輪挿しのバラの香りが漂ってくる 薔薇(20年前の夢 回想シーン)バラ バラの香り(バラのドレスくるまれ あの時幼き姿で一瞬目を覚まして見詰めた(馬車乗り物の中の)あの光景 ままさか) あの方と同じ様に この私までもが 完成目前にして この私までもがあの方と同じの様に(あの方の夢を受け継ぐつもりで夢をあの方の論文を片手に夢を叶えすはずが) (あ) カチャㇼ(扉開く音) 遠くに雷音 蒼き稲妻を高くから覗かせ遠くの場所にと落とす様に落としゆく。(場所変わりまして○○亭自宅) うん 稲妻 おや時計を見詰めて(もう夕刻4時手前ですか。少し調べ物をするつもりがつい御本に夢中になってしまいましたそろそろ( え)いまのは(一瞬目を覚ます うん うんん夢ですか。。久しぶりに御自宅に戻りたからなのでしょうか。。御姉さまを御亡しになられてから。御戻りになられかったから。淋しくて夢を見たのかもしれません。。 意識がぼんやりとして眠りに引き戻されてゆく。。(唯なぜか 一瞬うすれゆうく記憶の中に(ぼんやりと(美しく透明に輝くソファーの一部を見詰め眠りについてゆく)≪夢の中≫無言でぼんやりと目覚めゆく(ぼんやりと目覚めの中で 誰かが言い争う様な声に驚き目を覚ましゆく。(なぜなぜ なぜなのです。目前に誰かが坐して此方をみつめしている。。 この態度とも呼べる結果は一体(なぜなぜなのですか。御立場のある貴方様が(一回の学生身である)この私達の構成文とも呼べる)この私達の研究の結果ともいえる。(医薬品になぜ身分の高きを約束される貴方様が(なぜこの一階制の医療学生としての身分を持つ私達の作品に御興味をもたれたと御喋るのでしょう。(そしてこの残酷とも思えるこの結果は一体)なぜなぜなぜのでしょう(なぜ何も御喋りなってはくださらないのでしょうか)無言で向かい側に坐っていた。相手が立ち上って (御空高き所から稲妻が落ち来る)小さな雨音が空高き所から落ち扉を撫でる様に落ちてゆく。(ほんの一瞬の出来事。。(遠ざかる意識の中で見詰めた。。夢 ほんの一瞬 馬車の扉が開いた隙間から青き稲妻を放つ閃光が開いた扉の下近くまで降りていたことを少し暗きなり始めた。中に誰かが閉じる直前に雨が降り落ちてきたことを。。(扉を閉じた瞬間 一瞬走りゆく方向を示す馬が驚いて小さく扉を揺らした瞬間一輪ざしのバラが香りを放ったことを。。(そのあと自宅で目を覚ました後(御父上様がお亡くなりになってしまっていたことを)まさか。。あの出来事は幼き姿のままで見詰めた夢の中の出来事でなくてまさか。。(御父上様の亡き後御父上様の夢を継ぎ御父上様の夢を叶えすつもりがまさか。。(論分完成間際になってから。まさかまさかこの私までもが あの方と貴方の夢を引き継ぐことが。。優しく見守りくださった貴方への恩返しと何時も御忙くされていても御優しく微笑んでくれた。貴方が話くださった医療と云う御話をきっと貴方の夢を現実にノベール章に似た論文をノーベル賞にも似たメダルをこの手にお亡くなりになられた貴方の夢論文を(この手に知識を操る様に学びしてでも貴方夢の完成をこの片手にて。夢見ていたのに。。まさか。。まさか。。親子で継ぎした夢が夢のはずが完成目前にしてまさかまさかこんな形で崩れ。。(え)カチャリ馬車の扉開く音がしてきして。遠く空高くから稲妻を地上へと光らせ投げ落す様に落としゆく。。(う(目が開いて 天井を一瞬仰ぎ見る周りを見詰めして自分の居場所を一瞬確認し 夢また夢 今のは何まるで御姉さまを御小なられた様な御姿そんな(身体が憔悴し気だるさを感じる様ななか一気に眠りの中にと押し戻されてゆく) (意識がぼんやりとしたまま。。また夢の中に押し戻されゆく。。)



ナイス!0




トラックバック
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tojitemiru_092
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tojitemiru_092/index1_0.rdf