東北リーグ第4戦 vs仙台大学 

November 25 [Fri], 2011, 7:33
こんにちは、増田です。



先月の29日、東北大学は仙台大学との東北リーグ戦第4戦を行ないました。




試合は東北大のキックオフで始まりました。


出だしから東北大はどんどんハイパントを蹴っていき、相手に対してプレッシャーをかけていきます。

そして敵陣で得たペナルティから東北大はPGを狙い、見事成功。前半5分に3点を先制します。


この得点以降は中盤での攻防になります。東北大は仙台大に対して臆することなくブレイクダウンで
プレッシャーをかけていきますが、徐々に仙台大もテンポに乗ってきてゲインを重ね、最後は長いパス
を繋がれてトライを奪われてしまいます。コンバージョンゴールも決まって、3-7となります。


しかし、このトライの直後のプレーで、東北大は自陣10m付近から仙台大DFを突破し、そのまま独走。
さきほどの失点から、10−7と再びリードを奪い返します。


ここから勢いに乗りたい東北大でしたが、このリードも長くは続きません。東北大もタックルに入って一旦は止めるのですが、仙台大の積極的なオフロードパスでじわじわ前進され、最後はペナルティからの早いリスタートでトライを奪われてしまいます。ゴールは失敗して10-12。

この後も何度かゴール前まで攻め込まれる場面がありますが、なんとかディフェンスで耐え切って前半はこの点差のまま終了します。



後半になると、仙台大はブレイクダウンで積極的に仕掛けるようになってきます。東北大としても自陣でプレーせざるを得ない場面が増えてきて、何度か良いプレーで陣地を回復はするものの、なかなか敵陣までたどり着くことができません。

そして後半10分、東北大22mライン付近での仙台大ラインアウトでモールを組まれ、そのままドライブされて痛い追加点を取られてしまいます。10-19。


しかしこの後のキックオフで敵陣に入ってからは、逆に東北大が仙台大を攻め立てます。一時はゴール目前までボールを進めますが、決め手に欠け得点には至りません。

そして迎えた後半25分。仙台大のペナルティから敵陣ゴール前ラインアウトを得た東北大は、ラインアウトモールを押し込んでトライを奪い返します。この得点で15-19と再び仙台大を射程圏内に捉えます。



残り時間は15分。一つ決定的なプレーがあれば試合が決まってしまいそうな時間帯です。

中盤での東北大ラインアウト。クリーンにボールを出した東北大は、一次攻撃からバックスで外に展開して、一気に内側のディフェンスを振り切ります。そのままトライライン10m前まで前進し、その勢いでトライまで持って行きたかったのですが、仙台大のディフェンスが素晴らしい戻りをしたためそれ以上前進することは出来ず、ここでは得点とはなりません。

ここから東北大にミスが重なり、あっという間にボールは自陣。再び仙台大の早いリスタートで前進をゆるしてしまい、最後はFWで押し切られて失点。15-24となります。


時間は残り僅か、東北大も最後の力を振り絞って攻撃しますが、結局得点することはできずノーサイド。

最終スコアは15-24で、東北大の東北リーグでの最終順位は3位となりました。



当日は多くのOBの方に応援に駆けつけていただき、ありがとうございました。

春からリーグ戦2位を目指してスタートした東北大。一時は仙台大に対してリードを築くなど、成長した姿を見せてくれました。4年生はこれで引退ですが、来年も彼らの成長した姿が見れることを楽しみにしています。1年間応援ありがとうございました。


4年生の引退試合となるOB戦は11月26日に行われます。
会場 :東北大学評定河原グラウンド
時間 :10:00キックオフ