【 更新情報 】

スポンサード リンク

トーイックの試験日(公開テスト)

トーイックの公開テストは年8回です。

結構開催回数が多い為、気軽に受験しやすくなっています。
年8回の内訳はといいますと

1月、3月、5月、6月、7月、9月、10月、11月に全国の主要都市79都市で実施されてます。

注意が必要なのは、受験地ごとに実施回数が異なるという事です。

詳しい試験日や受験内容については公式ホームページで確認できますので、事前に確認しましょう。
※TOEIC公式ホームページ
http://www.toeic.or.jp/

公開テスト内容

トーイックの試験は

リスニング(45分間・100問)
リーディング(75分間・100問)

合計2時間で200問です。

試験はマークシート方式で実施。
出題形式は毎回同じ。
解答はすべて問題用紙とは別の解答用紙に記入するよくある方式。

日本語以外に外国語が出来ると言う事は、自分の自信にもつながります。また、現在ではキャリアアップにもとても有効です。ぜひ、英語学習をして自身のスキルアップにつなげて下さい。

トーイックのレベル

トーイックのレベルはだいたい、500から600が平均点数だと言われています。対象によっても平均スコアが違ってきます、受験する学生の年齢、社会人の英語スキルなど、TOEICのレベルは結局、自分次第というところもあります。自分の現在の得点やランクがわかれば、スコアアップするために勉強法やTOEICのレベル対策をどうすればよいかなど明確になってきます。800や900点、さらに満点を目指す人は頑張って行きましょう。

レベル1
トーイック得点が860点以上の高得点の人はレベル1とし、普通に聞き取りが可能であり、自分の英語力で十分なコミュニケーションが可能な得点です。又、英語スクール等で日本人講師の応募基準にはトーイックスコアが850点以上というところもあり、トーイック得点を民間企業等では重く見ています。

レベル2
トーイック得点のレベル2は730点以上です。どんな状況でも自身の英語力で適切なコミュニケーションが出来る能力を持ち合わせていると言えるでしょう。

レベル3
トーイックスコアの得点レベル3は470点以上で自分自身の英語力は日常生活での要望を満たしており、指定された範囲内であれば業務上のコミュニケーションも可能な得点です。

レベル4
トーイック得点のレベル4は220点以上であり、一般会話でなら最小限のコミュニケーションができる得点です。

レベル5
トーイック得点レベル5の220点未満では、その人の英語能力は殆ど駄目ということを現します。

トーイックの勉強法は?

勉強法や対策の問題集など、トーイック(TOEIC)・トイックにはたくさんの参考書等が販売されています。問題集や参考書などはやはりトーイック試験の出題形式等に慣れる為にも大変参考になると思います。

まずシャドーイングという勉強方法を紹介したいと思います。シャドーイングはシンプルな勉強方法で、耳から聞こえた英語をそのまま口にするだけです。簡単に言えば、小さな子どもがそのまま大人の言葉を真似するというしぐさと同様です。このシャドーイングは英語が本当に苦手な人、トーイックのスコアが低い人などに向いている勉強方法だと思います。トーイックの試験のリスニング試験ではアメリカやカナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの多くの国の発音が採用されていますので、致命的となってしまうのは聴き取りが出来ないという事になります。ですので、このシャドーイングで少しでも聴き取りに慣れておけば、早口な英語であっても聴き取れるようになるのではないでしょうか。例えば、お気にの映画などでシャドーイングを行えば、楽しく勉強することも出来るのではないでしょうか。

次に紹介するのは、英会話スクール等のトーイック専門講座です。スクールによっては専門の講座を用意しているところもありますので、それらを利用するのも勉強方法の1つだと思います。高スコアをトーイックで取得する講座ですので、もちろん効果的に勉強でき、それが最大の利点でもあります。何より、貴方と同じような人が、こういった講座を利用していると思われます。ですのでお互いに刺激になりモチベーションアップにもなると思います。仲間がいるという存在だけでも大きな成果につながる事でしょう。少しでも、一人で学習する事に限界を感じているような人は、これらトーイック講座の受講が時間短縮かもしれないですね。ですが、短期集中型のトーイック講座に人気があるようです、短期間に詰め込む事を目的としている為、目先のスコアアップばかりを考えずに本物の実力を身につける講座を選択することも考えた方がいいでしょう。

オフィス等で使われるビジネス的な用語がトーイック試験では多く出てくるようです。また色々な場面の日常会話なども出てきます。それらの対応策として、洋楽を聞く事、洋画の鑑賞、英語サイトのブログ等にコメントするなど常日頃から英語に慣れておくという事がスコアを伸ばすことにつながって行くと思います。

トーイックブリッジ

トーイックブリッジというのはご存知でしょうか?簡単に言えば、トーイックを簡単にした試験の事なのですが、英語を始めたばかりの初心者、または英語能力に自信のない人、さらには中学生や高校生といったティーン向けのトーイックテストと言えます。

TOEICプログラムを開発した世界最大の非営利テスト開発機関ETS により制作されており。トーイックテストの企業、団体、大学などへの幅広い浸透により、大学・高校・中学校などの教育機関や学生・一般の方々から、トーイックよりも「易しくて」「日常的で身近な」「時間の短い」初級学習者向けのテストを求める声が急速に高まって来ました。このようなニーズを受けて、スコア表示による評価方法、信頼性の高いモノサシ機能など、トーイックの特長を備えつつ初・中級レベルの英語能力測定に照準を合わせて設計されたテストこそ、TOEIC Bridgeです。

だいたいのレベルの目安としては、トーイックスコアが450点未満の方に向いているのではないでしょうか。トーイックスコアは10〜990点で出すのに対して、トーイックブリッジは20〜180点で出されるという違いがあります。トーイックブリッジで、だいたい160点くらい取れれば次のレベルに進んで行きます。この時点までくれば、普通のトーイック試験に挑めばいいのではないでしょうか。

トーイックブリッジが、トーイックの簡易版と言っても、やはり回答も説明もトーイックと同じく英文です。記入の方もマークシート形式です。ですが問題数や難易度はトーイックよりは低いといえます。試験時間も1時間となっており、通常のトーイック試験よりは短くなっています。テスト内容は、セクション1のリスニング50問、セクション2のリーディング50問の合計100問です。また各セクションはさらに細かくパート別に分かれており、リスニングパートは3つ、リーディングパートは2つの合計5つのパートです。

トーイックブリッジもトーイックと同じく合格・不合格という形はとってないので、スコアを基準に英語能力が決まります。トーイック・ブリッジ申し込み方法は郵送かインターネットとなります。参考までに、4200円の受験料でトーイックブリッジ試験日の入場時間は10〜10時半、トーイックブリッジ終了時間は12時10分、持ち物は筆記用具、受験票、身分証明書、腕時計などとなっております。

トーイックの歴史

Test of English for International Communicationを略称「TOEIC」(トーイック)と言います。トーイックは故北岡靖男氏(元国際コミュニケーションズ社長、元「タイム」誌 アジア総支配人)が考案した、日本生まれの試験です。トーイック(TOEIC)とは国際コミュニケーション英語能力テストのことです。

年配の方などにはトーイックという言葉は馴染みがないと思います。トーイックの試験は約60カ国で実施されており、年間延べ40万人以上が受験している大規模な英語の資格試験です。フランスの教育高等機関群グランゼコールの中にはトーイックで750点以上の点数を取得することを卒業の要件としている事もありヨーロッパでもトーイックが徐々に浸透していると言えます。

トーイックの試験問題は米国の団体ETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)によって作成され、日本では財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が実施します。その原案は故北岡靖男氏らを中心とする日本人のチームによるものでした。トーイックの歴史は1979年日本経済団体連合会(日経連)と当時の通商産業省の要請に応じて米国ETS(Educational Testing Service:教育試験サービス)が開発したものです。

トーイックの受験者の大半は日本人と韓国人のようです。日本と韓国以外では。世界的にはトーイックの普及度は低いです。トーイック(TOEIC)は英語が母国語でない人を対象とし、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験です。

トーイックの活用方法は?

以前は英語検定試験はあったものの受験する者は少なく、トーイックという物は当然ありませんでした。英語の実力の把握ということが出来なかったと言えるでしょう。それに比べて、現在は英語検定試験にトーイックと英語の資格試験が二つもあり、英語の得意な人にとっては良い時代になったのではないでしょうか。

英語の学習能力向上の英語検定試験とトーイックとを両方受験する人もいます。トーイック受験者は試験の得点から正確に自身の英語の能力を把握することが可能で、次回のトーイックテストの目標が立てることも出来ます。トーイックの得点は10点から990点の得点で評価をしています。

民間企業でのトーイックの活用方法は自己啓発や英語研修の効果を測り、新入社員の英語能力検定や海外出張や駐在の場合の基準、昇格昇進の要件の為と色々な使い方がされています。トーイック(TOEIC)の活用方法は2004年度では日本国内の2500以上の民間企業や官公庁、学校等がトーイック(TOEIC)を採用しています。

トーイックテストの結果は合格、不合格といった形式は取っていません。トーイック得点算出の基準は常に一定で、問題の難易度によってトーイック得点が変化しないようにに調整されています。トーイックの活用方法は教育現場においては授業の効果を測定し、英語課程の単位を認定する基準として活用されています。その他、トーイックは教育課程では語学入学の推薦基準としても活用されています。2006年度のトーイックテスト採用校は大学で436校、短大63校、高専は57校、高校217校で、現在では中学校でも2校がトーイックテストを受けています。

トーイックは英語検定試験のような受験級の区分はありません。ですので、トーイックは自分自身の英語能力を測定するために受験する人も多数いるようです。

トーイックでの判定

トーイック得点別の英語力はレベルにより異なります。トーイックの得点で、会社での差別が出来る程に、トーイックは信頼されている資格試験ということが言えます。日本人は低年齢から英語の教育をしないために、国際的に英語能力は劣っていると言うことが出来ます。そこで、トーイックが出来たわけですが、民間会社にはとてはいい判定材料となっています。トーイックの得点を730点以上得点している社員から選ぶことが多いようです。トーイック得点の平均はおよそですが550点から580点位の様です。

トーイック得点が860点以上の高得点の人はレベル1とし、普通に聞き取りが可能であり、自分の英語力で十分なコミュニケーションが可能な得点です。又、英語スクール等で日本人講師の応募基準にはトーイックスコアが850点以上というところもあり、トーイック得点を民間企業等では重く見ています。

トーイック得点のレベル2は730点以上です。どんな状況でも自身の英語力で適切なコミュニケーションが出来る能力を持ち合わせていると言えるでしょう。

トーイックスコアの得点レベル3は470点以上で自分自身の英語力は日常生活での要望を満たしており、指定された範囲内であれば業務上のコミュニケーションも可能な得点です。

トーイック得点のレベル4は220点以上であり、一般会話でなら最小限のコミュニケーションができる得点です。

トーイック得点レベル5の220点未満では、その人の英語能力は殆ど駄目ということを現します。