TOEICの結果 

November 15 [Sun], 2009, 14:50
TOEICとは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。
世界約90カ国で実施され年間約500万人が受験、日本では2007年度に163万5,000人が受験しています。
最大の特長はテスト結果が合否ではなく10点から990点までのスコアで評価されることで、その評価基準は常に一定であり、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。
TOEIC○○点なんて、ちょっとかっこよくないですか?

そして 

November 15 [Sun], 2009, 14:47
試験日を定める
各地域、年8回程度試験日が設定されています。
今すぐ資格取得が必要なら猛勉強するしかありませんが
できればゆとりを持って確実に習得するのが懸命でしょう。
お金に余裕のある人は何回受けて
問題や雰囲気に慣れるのもいいでしょう。

まずはどこで英語を使うか 

November 15 [Sun], 2009, 14:44
アメリカで英語を使うならTOEICはお勧めできないです。
受験生の大部分が日本人と韓国人だそうです。
北米大陸ならTOEFLです。
TOEICと同じETSが作成していますが、Speaking,Writingも求められる試験で、かなり難易度は高いです。ただ、
これがあるとアメリカでは公的資格の申請にも使えるぐらいだと聞いています。(何でも、日本の薬剤師の方が、TOEFLで一定以上の得点を持っているとアメリカでも資格の取得が可能だとか。)
まずは目的を整理してみてください。