TOEFLは独学で学ぶ?学校に通う?
2012.01.02 [Mon] 18:08




TOEFLの試験を受けようと決心するまでには、何らかの目的があって皆さん試験を受けようと決意されていると思います。

例えば、これから留学したかったり、就職するのにTOEFL(一年で何度も受験でき、一日で「読む」「聞く」「話す」「書く」の四つの技能を総合的に測定することができるテストです)が必要だったり、目的は様々でしょう。

試験を受けるとなったら、重要なポイントが勉強方法です。

学校や予備校に通って勉強をするのか、もしくは、独学で地道に勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)をしていくのか決断しなくてはいけません。

目標のスコアにいち早く到達するためには、やはり出題傾向や時間配分などの試験対策も指導してくれるような予備校や講座に通った方が効率がいいです。

独学ですと、上記のような出題傾向だったり、問題形式やどんな解答が必要とされているかなど、初めから自分1人で調べて準備していかなくてはなりません。

このように事前準備などのことも考えると、独学では時間がかかり過ぎてしまうように思います。

しかし、授業料のことを考えると、どこの学校も講座も決して安い金額ではないため悩んでしまいますよね。

でも、最初の1ヶ月だけでも学校などに通ってみるのはどうでしょうか?多少お金は掛かってしまうのですが、きっとスコアを伸ばすコツや勉強の仕方を少しでも身に付ける事ができるでしょう。

例えば、スピーキングやライティングの解答雛形やリスニングを正確に聞き取るためのポイントなど、学校でないと教えてはくれないような試験対策も知ることが出来ます。

授業料を払えば、払った分の知識は必ず得ることができるでしょう。

ある程度試験対策や勉強をするためのコツなどが身についたようであれば、1ヶ月だけ学校に通って、その後からは独学で勉強するのも良いと思います。

人により、独学で勉強した方が効率が良い事もあるそうです。















<PR>
バスポートの料金はどのぐらい? | 海外旅行で注意すること!
ストレッチは健康に良い? | 【健康維持の方法】健康維持のために大事なこと!



 

TOEFLのリスニングの勉強法について!
2012.01.01 [Sun] 18:08




TOEFLの試験には、リスニングセクションがあります。

リスニングセクションで、より高いスコアを獲得するのでに、どのような勉強方法を行いいけば良いか紹介していきたいと思います。

やはり、まずは、たくさんの質の高い英語を聞くことが重要なのです。

それがよく聞き取れるようになるまで、何回も繰り返し同じCDを聞くことがポイントです。

聞き取れるようになれね、実際に過去の問題集を使って模擬試験を行うと良いでしょう。

一度流れただけで単語を聞き取るのも難しいですし、一度では暗記(サヴァン症候群の人は、一度みただけで暗記できることもあるそうですが、内容を理解しているわけではないようです)することは不可能だと思います。

そこで、ポイントとなってくるのが、メモですね。

聞こえてきた物をさっとメモをとることが重要なのです。

細かい人数や個数、場所を聞くような問題は少なくなりますが、会話(コミュニケーション力と言い換えることもできるかもしれません)全体の内容を把握しておくことで、問題に沿った解答をすることが出来るようになるといわれているんですね。

しかし、メモをとる事だけに集中してしまうと、問題の解答となるような重要な部分を聞き逃してしまうことにも成りかねないので注意して下さいね。

あとは、くり返し同じ問題集などを繰り返し行って、毎日耳に英語を入れていきましょう。

毎日聞くのが嫌だからと言って英語から離れてしまうと、母国語ではないので、耳にしっかりと入ってこなくなってしまうのです。

ある程度聞き取れるようになったら、声に出してみるといいかもしれません。

あまり知られていないのですが、声に出して発音することがリスニング能力を高めるための1つの方法だったりもするのです。














<PR>
手術で腱鞘炎を治療する! | 腱鞘炎の治療・簡単に腱鞘炎を治すには!
ブレイクショットのコツ! | 【ビリヤード練習】 ビリーヤードを上達させる秘訣!