その工事や設置作業をする段階までにKDDIでは

February 07 [Sun], 2016, 10:12
同じ光ファイバー回線を利用しているのがau光と、そしてフレッツ光になります。

この2つの回線は全てが同じという事ではなく、それぞれの特徴というか違いが有りますので説明してみたいと思います。


先ずはNTTが提供している「フレッツ光」についてです。

利点としては、契約して開通するまでの期間が早いと言う事、つまり対応が迅速という事が挙げられます。


1番時間がかかるのが光ファイバー回線が現在、導入されていない地域に光をつながるようにする事で、その工事や設置作業をするまでにKDDIでは2ヶ月もの時間を必要とする事があるのです。


それとは逆にNTTの場合はさすが大手というべきでしょうか、遅くともひと月あれば開通までには至ると言う事ですので、早めにインターネット環境を整えたいと思う人にはオススメできるのサービスだといえるでしょう。


NTTのフレッツ光の場合は多彩な料金プラン、それに付随するプロバイダーやサポート体制も多く整えられているようです。


対してKDDIが提供している「au光」についてです。

au光のメリットと言うとやっぱり通信速度が速いと言う事です。


開通までの時間がちょっとかかってしまうと言うデメリットは有るものの、一度取り入れさえすれば通信速度が速い環境で長く使う事が可能になるのです。


この速さは他の光ファイバーを使用している回線の10倍もの速度が期待できるといいます。


他の光回線ではマンションタイプを利用している場合にはたくさんの人数での使用になる為に通信速度が落ちてしまう場合もありますが、au光ではそうした心配もないといううことなのです。


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/toeczcao7st6pn/index1_0.rdf