前の彼氏が部屋の合鍵を持っている気持ち悪さ

May 01 [Fri], 2015, 20:26
別れた彼氏が合鍵を返してくれない、

これってとっても多いトラブルなんです。

ラブラブの時は、同棲状態だったので、合鍵を渡していたんだけど、別れてしまった後は、やっぱり鍵を返してほしいですよね。

元カレのこと、信用しているけど、ちょっとストーカーみたいなことをされてしまうと、だんだんと不安になってきます。


合鍵を使って、留守の間に部屋に入られているんじゃないかって考えるだけで、とっても気持ち悪いですよね。

合鍵を返してっていっても、返してくれない時に、取り返すのはほとんど無理のようです。

たとえ警察に相談しても、犯罪を犯している証拠があるわけではないので、捜査に動いてくれる可能性はほとんどないし、

仮に裁判とかを起こしても、その費用や手間を考えると現実的ではないですね、

それより、鍵を交換してしまう方が、確実だし、すっきりします。

鍵の交換にかかる費用は、彼氏との関係を清算するために必要だったと考えて、さっさと鍵を変えてしまいましょう。


鍵を変えてしまえば、それ以降の部屋の侵入はひとまず考えなくていいので、不安で気持ち悪い感じもちょっと収まってくると思いますが、もう一つ心配なのが盗聴です。

特に、なにげに元カレと話しをした時に、あなただけしか知らないこと、部屋で電話していた時の内容をそれとなく知られているような感じがした時、

これもかなり気持ちが悪いとおもいます。

もしかして、盗聴器を仕掛けられているのかもって。


心配な時は、怪しい場所を先ずは探してみてください、盗聴器は電波を使うので、電源が必要です、なので、コンセントの周りとかに仕掛けることが多いんです。

但し、盗聴器は、いろんなものに隠して仕掛けられているので、どんなものがあるのかを知っておく必要があります。

主な盗聴器の種類を書いておきますね

1.コンセント型盗聴器

コンセントに差し込むだけで、周囲の音を拾って、盗聴できます。

これは、電源にさしている間は半永久的に盗聴し続けることができるので、とっても厄介です。

見た目はよくある三穴コンセントで、普通に使えるので、見ただけでそれとは分からないですね。
自分で買ったもの以外の三穴コンセントがあれば、怪しいって思った方が良いです。

怪しいなって思ったら、コンセントから抜いてしまえば、それ以降は盗聴はできません、
中を開けてみると、色んな配線があれば、盗聴器と思って間違いないです。


2.テーブルタップ型盗聴器

コンセントに差し込むだけで、周囲の音を拾って盗聴できます。

これも、電源に差し込んでいる間は、半永久的に盗聴し続けることができるので、とっても厄介です。

見た目は、普通のテーブルタップです、普通に使えてしまいます。

パッと見で見分ける方法はほとんどないので、自分で買ったもの以外のテーブルタップがあれば、怪しいと疑ってかかった方がいいでしょう。

電源から抜いてしまえばそれ以降は盗聴できません、怪しいと思ったら、コンセントから抜いて使わないことです。

そして、中を開けてみて、配線がごちゃごちゃしていれば、盗聴器と思って間違いないです。


3.クリップ型盗聴器

家庭用電源をクリップで挟むだけで、周囲の音を盗聴できます。

コンセントの白いカバーを止めてあるネジを外して、コンセントの裏に仕掛けることで、仕掛けられていることを発見されることなく盗聴できます。

そして、一度仕掛けたら半永久的に盗聴できる点がとっても厄介です。

コンセントの裏に仕掛けるので、これを見た目で発見することは不可能です。

唯一仕掛けた痕跡があるとしたら、コンセントの白いカバーを止めているネジに新しい傷があって最近カバーを開けたことがわかるかどうかぐらいです。

コンセントの白いカバーを外せば、中にあるとすぐわかるので、怪しいところを片っ端から開けて確認するのも一つの方法です。


4.電卓型盗聴器

普通の卓上電卓の中に盗聴器を仕掛けたものです。

自分で買った記憶がない電卓があれば、怪しいと疑いましょう。

ソーラー電卓として普通に使えますが、盗聴器は電池で動きます、
なので、電池が切れたらそれ以降は盗聴は出来ないので、時間とともに盗聴のリスクは減っていきます。

心配な時は、買った記憶がない電卓は捨ててしまいましょう。


主な盗聴器について特長を列記しました、気になる時は、自分で不審なものがないかをチェックしてみるましょう。

上の説明でも書きましたが、コンセントに仕掛けるタイプの盗聴器は、電源につながっているので、半永久的に盗聴できる点がとっても厄介です。

自分で調べてみたけど、全部チェックできたか自信がない時は、盗聴器があるかを調べてもらうこともできます。

探偵事務所に相談すれば、ほとんどの探偵事務所がやってくれると思うので、相談してみるのも良いと思います。

料金は、安いところでワンルームの広さで3万円から4万円ぐらい、
部屋が広くなるに従って、高くなっていく感じです。

女性の一人暮らしとか、部屋に知らない人を上げるのが嫌だっていう場合は、盗聴器発見器を購入して、自分で調べてみるのもいいですね。

ホームセンターとかでも盗聴器発見器として売られているものがありますが、おもちゃみたいで、本当に発見できているのか信用できないものもあるようです。

というのも、冷蔵庫やビデオデッキ等から電波が出ていることもあって、本当に盗聴器からの電波かどうか、そして、盗聴器がどこにあるのかを見極めるのもコツがあるからなんですね。

盗聴器をちゃんと調べたいっていう人には、原一探偵事務所が推奨している発見器が良いと思います。

盗聴器発見のプロが推奨しているので、安心ですよね。

そして、女性やお年寄り等、機械が苦手な人でも盗聴器が発見できるように、3つの特典がついているんです。


・特典1 写真付きのオリジナル取り扱い説明書

盗聴器発見器の操作方法について、分かりやすい説明書です。


・特典2 原一監修の「よくわかる盗聴器の基本」

盗聴器とは何か、から始まって、盗聴器の基本を解説してくれています。
盗聴器を発見するために必要な盗聴器の基本がわかりますよ。


・特典3 緊急事態に対応する電話サポート

マニュアルや解説にない事態に対応するために、電話サポートがついています。
緊急事態の時に電話でサポートを受けることができるので、安心ですね。


3つの特典もついていて、機会が苦手な人でも、大丈夫ですね、
一度盗聴器の見つけ方をマスターしてしまえば、不安な時に、すぐにチェックできるので、安心感があります。

探偵事務所に依頼した場合とほぼ同じぐらいの価格で購入できるので、何度もチェックできることを考えると、お得だと思います。

詳しいことを知りたい人は、下の画像をクリックして、内容を確認してください
↓↓↓↓↓↓↓↓



盗聴が気になる貴方へ…。