■想像してみて(未来日記)

March 22 [Tue], 2011, 18:30
東日本の地震も、地震発生から一週間でようやく落ち着いてきた。都内の混乱も、計画停電にもすっかり慣れて電気に頼らない生活を模索し始めた。また、これを機会に、徒歩での通勤や自転車での通勤を始める人も増えてきたのはいいことでしょう。そして、東北太平洋沿岸の被災地、そして原子力発電所はというと、被災地からは、続々とhttp://www.baobabsecurite.com/救助の知らせが。自衛隊の方々、消防の方々、そして全世界からのレスキューがその力をいかんなく発揮し、次々と生存者が確認された。また、隠れた避難場所も次々と確認されて救援物資も次々と運び込まれた。僕の知り合いも、結局はちゃんと避難できていてその場所でみんなを勇気づけていたと聞いて心からよかった、と思った。今回の地震では、過去の教訓がたくさん活かされてお互いが助け合い、励まし合って、この信じられない危機を乗り切ってきた。大きな混乱もなく、いま町は確実に、そして災害に強い街が新たに作られています。ライフラインの復活には時間がかかったが、それでも懸命な努力によって、町に灯がともり始めた。ガスも、水道も、物流も復活し始めた。被災した人たちの笑顔が戻ってきた。自衛隊のみなさんは、もうやることもなくいものように税金泥棒と言われて苦笑いしている自衛隊のみなさんが役に立たない世界がこんなに平和で素晴らしいということを改めて実感した。素晴らしい活躍をありがとうございます。そして自衛隊や、消防の方たちに助けられた子供たちの多くが大きくなって、自分もいざという時に人を助けられる仕事に就こうと決心した。義援金、ボランティアにいて、東日本のこの災害に対して、西日本が立った過去に例を見ないぐらいのボランティア、精神的ケア、そして、大量の義援金が集まった。東日本の方々も、大変な中、募金活動により沢山のお金による支援を続けてこられた。街が、人が、日本人としての誇りと笑顔を取り戻した。原子力発電所に関しては、残念ながら応急処置により大規模な災害にはながらなかったが、それでも、被害が出た。そのことによって、また新たなエネルギーに対する新しい考え方と、その使い方、そして開発が進むこととなった。ただただ刺激を求めて消費する生活から、自分の今できることをそれぞれの人が考え、自然に感謝し、エネルギーの循環、祈りの優しさ、そういった今まで注目されなかったものに注目が集まり、人の意識が明らかに変わってきた。所有するという、お金や物、地位、人までも自分のものとする今までの考え方から、全てを、自然に、循環し、分かち合う、そして助け合う、応援し合う、そんな社会へと変貌を遂げた。もちろん、悪いこともあるし犯罪もある。でも、そういったこともすべて経験し、包括しながらこの日本は、未送Lの大災害をやっぱりちゃんと乗り越えてあらためて世界のリーダーとなり、世界の意識も動かし始めた。政治家のみなさんも、よく頑張りました。ありがとうございます。ひとがみんな、不足感不安感からくる怖れを乗り越え、人を信頼し、安心しながら笑顔で協力していける、そんな社会がとうとう実現しました。今回のない何もなくなったことを体験して初めてあるの大切さを、いま、かみしめています。幸せですこれから、私は新しい自分の在り方にいて、思いを巡らせたいと思います。自分の使命を果たすために本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。仁之助さんのブログに、この未来日記に追記してみてと書かれていたので、私なりに最後の6行を追記してみました。転載は自由とのことですが、転載されたら是非仁之助さんに連絡してあげてください。たくさんの方が、追記するなかでこの未来の姿をイメージし続けたらワクワクしますね。心理カウンセラー心屋仁之助さん公式ブログ心が風に、なる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tocabj81b4
読者になる
2011年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tocabj81b4/index1_0.rdf