闘病 

2007年05月30日(水) 17時24分
東京に帰ってきました。
北海道での闘病生活は終わり。

はしかにかかってたでありますよ。
しかも、私は一回も予防注射をうってないから
大変でしたわ…

熱が40度近くあがるのを解熱剤で下げて
その内、また体温があがってくるのを解熱剤で
下げるの繰り返しで

平均で38度以上が4日間くらいずっと続くから
やっと体温が37、36度になった頃はもう疲れ果ててしまいましたよ。

熱が続いたせいか、はしかが一段落した後に
肝臓の機能が低下してしまって
だるーーーーーーい状態が続いちゃったので
北海道に帰ってきました。
いやぁ、旭川も色々出来ててびっくりしましたわ。
買い物公園にBODY SHOPが復活してたり、TULLY'S COFFEEが
出来てたり、今回帰って知ったんだけど
neo-capsuleとか言うLAとかサンフランから色々直輸入してる
SHOPが出来たり若手アーティスト向けのギャラリーとか出来てたり
何かおしゃれに変わって来たように感じましたよ。

とは言ってもほぼ寝たきり生活だったから
車を運転して出かけたのは東京に帰ってくる前日一日だけでした…。
だから、出来たらしいと言ってもギャラリーには行ってないから
どんな作品があるか分からないんですよ。
neo-capsuleには行ったんだけど、二回も車で通り過ぎちゃって
着くのに大変だったイメージの方が強いんですわ

その他に外出したのは、実家で飼ってるジェイミー(犬)の散歩。
家の近所からちょっと離れたブロックに行くと、ほとんどが
築10年くらいの新しい家ばかりなので、散歩がてら家の散策をしてました。

思ったんだけど、
北海道の一軒家ってほんとデカい
その地区は敷地が広い家が多く
家の前とか車庫を入れれば、車を4台くらい
駐車するのは簡単って家が結構あった。
東京じゃ考えられないよね。
成城とかならあり得るんだろうけどね。

いつかは家欲しいなぁと妄想をかき立てられました。

インターネットのニュース 

2006年12月17日(日) 2時28分
 
  フィギュア グランプリfinalは私にとって、冬の大イベントです。
昨年も熱狂してみてました。

 今年は不本意ながら全然すすんでない卒業論文を抱えながら肺炎に
なってしまう窮地を向かえ、締め切りと完成するかどうかの不安にかられ
ながらの毎日。肺炎はもう治りましたが・・・
そんな気持ちをも安らかにしてくれるのがグランプリfinalなんですよ。

 今日もちゃんと放映時間をチェックして、TVに向かい、鑑賞。
いや〜、最高だった。
とくに真央ちゃんなんて、極寒のロシアに突然訪れた春を喜んで
踊っている妖精のようでしたよキレイだったぁ〜〜美しい
 もちろん、ショートプログラムは一位で突破。

 明日も楽しみだな〜と思って、卒論の本を読んだりしながら
ちょっと、調べものをしようとひらいたインターネットで


「NEW浅田真央 ミス連発で連覇のがす」


って言うニュースの見出しを見てしまいました

 もちろん、私の気持ちはゲンナリです。
TV放映ではゴールデンだけど、実際はロシアでやってるから
放送は生じゃないってことは知ってたけど・・・
 ちょっと早いよ!せっかく、この勢いで連覇して欲しいなぁ〜
とか思ってたのに一気に気持ちが沈んでしまいました

 早く、情報が得られて便利な機能であるインターネットニュースですが
まだ知りたくない情報がある時は気をつけなきゃあきませんな〜

 ショックのあまり、不貞寝をしようと思いますが、
何はともあれ、まだ見ぬ明日のグランプリfinal二日目は楽しみです。

昨日 

2006年10月22日(日) 7時54分
 昨日は久しぶりに撮影でした。

 小田原映画祭に出品する予定の1分作品を2本取りました。
私は助監督でお手伝い。
 その監督と一緒に作品を作るのは二回目でしたが、前の作品に
比べ、自分が現場で動けるようになっていたからちょっと自身に
繋がりましたわ。
動けるようになったって褒められたしね
 まぁ、今度からは美術だからまた全然違うと思うけど・・・。

で、撮影が終って撮影に使わせてもらった役者さんの家で軽く
打ち上げ。打ち上げをしてる最中に酒がまわった役者さんから


「22歳かぁ〜〜私、その頃は人生何でもやれば出来ると思ってたわ
でもね、この歳になってくると限界が見えてくるのよ!」


って言われました。
その現場にいた人の殆どが同意。

昨日のブログでも書いたけど
正直、私は人生頑張れば何でも出来ると思ってるし、
やらないから何も出来ないと感じるだけだと思っていた。

いつかどんどん限界を感じる前に出来ることは
やっておかなくてはならんな〜〜〜と思いましたわ。





3ヶ月ぶり 

2006年10月20日(金) 0時23分
いつの間にか3ヶ月間も更新してませんでしたわ

長かったな・・・

進路も決まり、あとは大学生活は
残りの単位をゲッツして、卒論と卒業を残すのみですね。

あああ〜〜〜

早かったな。

とても楽しかったな・・・大学生活。
最近、段々涼しくなってきたので感傷的になりますね。
結局彼氏は出来なかったな・・・・(汗)

来年の予定はフリーランスで映像関係の仕事に就きます。
映画の美術スタッフを見習いからさせて
頂く予定です。
仕事が無ければ、制作の仕事もするでしょうが、
多分、現場はそれほど続かないと思うので今の
バイトも止めません。

来年はどうしてるのか
私の名前が銀幕デビューしてることを祈りつつ・・・。

最近 

2006年07月19日(水) 8時57分
忙しかった。

部屋にバルサンをかけたその夜。

お爺ちゃんが突然、救急車で病院に運ばれたという連絡を受ける。

お爺ちゃんにはおじさんが一緒についてるという。

お爺ちゃんのことが気になり、どこの病院に
搬送されたのかの連絡を待つ。

連絡は全然来なかった。

次の日、朝一で母親から連絡があり、
母親が直接、消防署に連絡をして昨日、病院に運ばれた人の
事を聞いて、場所が判明。

私はすぐさま、病院に向かった。

こういう時に一番心配なのは
東京にお爺ちゃんの親戚がおじさん以外には
私しかいないと言うこと。
大学一年生の時にお婆ちゃんが
救急車で運ばれた際も一人で病院に向かった。おじいちゃんは一人で
待合室で待っていた。お爺ちゃんは色々な手続きのために一度、家に帰らなければ
いけなかったので、私を残して家に帰っていった。
私が一人で病院で待っているときにお婆ちゃんが亡くなってしまった。

今回もおじさんは一度、家に帰られたのだと看護婦さんが言うので
一人、待合室で待っていた。
凄く、不安だった。

でも、看護婦さんから
お爺ちゃんは命に別状はなく、意識は戻っていると伝えられたので
少し、不安はなくなった。

でも、後悔でいっぱいだった。

バルサンを部屋にかけた日、
自分自身の予定では、お爺ちゃんの家にでも
行って、様子を見に行こうかと思っていた。

だけど、何故か最近、虫が部屋に発生してて、
急遽バイト後にバルサンをかけることにして、
お爺ちゃんの家に行くことは取りやめていた。

お爺ちゃんの症状はベットの横の机に顔をぶつけて流血していた
ことだったらしい。その事故が起こる前夜には、お姉ちゃんやお母さんに
連絡があって、家に一人で寂しいなどの話をしていたらしい。

アルコール反応が出たことから
寂しさをお酒で紛らわせていたようだ。でも、もし
私が何日か前に遊びに行くよ〜とでも連絡して、実際見に行っていれば
こんな事故は起こらなかったかと思うと凄く後悔したのと
それを邪魔した部屋に発生した虫が本当に疎ましく思う。

atsui 

2006年06月28日(水) 23時28分
あてぃ〜〜〜

暑い日が続きますね。
で、私は今日、太陽がガンガンに照ってる中、
殆どの学生が終わりを告げている就活でした。

なので、今日はバイト休み。
水曜日にバイト休みってかなり久々。

で、就活はどうだったかと言うと
牽制しどうしの待ち時間とノリ切れない面接と
ダメダメ筆記試験でした。

一応、就活においてはココに受かれば良いや〜
みたいな結構重要な面接だったのに、なんだかなぁ〜〜〜〜って感じでした。

やっぱプーかな・・・???
自分の活動内容は面接で話すのに、撮影現場とか行ってるし
一杯あるんだけど、なんだかもっと人間としてどうとか言い切れなかった感満載で
うう〜〜〜ん・・・。

って感じですよ。

キャッチィな東京ファンタの話とかしても
実際にした(撮影現場での)仕事は雑用で、人よけとか
レフ版もちとかetc...
で、リハとかで演技演出したみたことあるよ〜(作品化ならず)ってアピールしてみても
相手側は雑用の内容に興味を示していたりよ〜。

雑用なんて、その人が気が利くか利かないかの問題で、
クリエイティブな話に持ってけなかったのがかなり残念だわ。

加えて、
今までずっと忙しくても体調を崩さなかったのに何だか
突然の暑さで、体温調節が上手くいかないのか
ボーっとしてしまって何かメンドイ。

教育実習、WC杯 

2006年06月19日(月) 23時35分

 いやぁ〜
つい一週間前に教育実習から帰ってきました。
うん。実習期間中は凄く勉強した。
ある意味受験を経験していない私にとっては
もしかしたら人生で一番勉強した3週間だったかもしれません。

で、何を思ったかというと結構、教師ってエンターテイナー
なんだなとちょっと思いましたね。
 塾の先生はそういうイメージが結構あったけど、高校の先生も
そうみたいですね。
特に受験とあまり関係がないクラスを受け持ったので
世界史を理解してもらいつつ、楽しんでもらう必要があるので
そう思ったのかも知れないけど・・・

 で、私がエンターテイナーとして合格だったかは・・・だけど、
生徒の一人に「先生は ツボります!」と言われ、
笑わせているんだか、笑われているんだか分からないですが、
その他にも、「授業が面白った」と言われ
楽しんでもらえたようなので、三週間頑張ったのは、私の経験として
だけでなく、生徒にも良かったのかなと思う
正直、大変だったけど、凄く有意義な三週間だった。
実習中にあった、去年教育実習に来てたという講師の先生が言った
「大学に帰ったら、見える世界が変わっているよ。」って言葉が
帰って一週間たって実感します。
どう変わったかはよくは分からないけど。

で、そうこうしてる間に
ワールドカップが開幕しましたね。
開幕日が教育実習最終日とかぶったこともあり、今回はワールド
カップを本腰で応援できてないのが、現実・・・。
今年のために大学ではドイツ語を取ったんですが・・・。
昨日のクロアチア戦はバイト中にラスト作業をしつつラジオで観戦。
ラジオって結構分かりにくいですね。
でも、川口選手がPKを止めたときはみんなで
大声上げて歓喜しましたね。とは言ってもバイトと社員の合計3人ですが。

で、バイトが終って、家に帰ったらもう既に
試合は終っており、結果は0−0のドロー。
前のオーストラリア戦も後半を見れずに敗退。
ブラジル戦はフルで応援出来れば、日本は勝つかしら・・・?


 

2006年03月26日(日) 8時47分
最近、『北斗の拳』にハマってます。

映画公開にあわせて
ちょっと漫画でも読んでみようかなぁ〜ってのが
きっかけ。


最近の忙しさと色々なストレスを吹き飛ばしてくれる
素敵な作品です。アタタタタタタタァァァタ!!!
ってか、私は小さい頃、お兄ちゃんの
影響で『ろくでなしBLUES』(森田まさのり先生作)
をメッチャ読んでました。

どんな作品?って聞かれたら
「高校生がケンカし続ける作品」と答えるでしょうが、
その中には夢もあり、ロマンもあったよ。
親には読んでて、こんな乱暴な漫画は読むな!!と
一回、漫画を隠されたとこもあったな〜。

ま、そんな漫画を読んで育った私は
暴力的どころか、狂おしいほどに平和主義者で、
目の前でケンカでもされようものなら
恐怖でいっぱいですよ。軽くトラウマになってるのかな???

で、何故『ろくでなしBLUES』が出てくるかと言うと
この作者の森田先生が『北斗の拳』のアシスタントを
していたと言うことにあります。

『北斗の拳』を読んでると
まさに現代のケンシロウが前田さん(マニアック?)。
うん。何か前田さんの原型を見たな・・・。と一人
ビビリつつ、関心してました。

ハマり過ぎてトキとか見てると
もしや、キリストは北斗神拳の伝承者だったのでは???
と思ってしまたったりします。ああぁ〜現実逃避は止めます。

加えて気になるのはその中で描かれている男女についてです。

男は戦いで早死にして、女は男の物語りを語りつぐ的な
言いまわしがあり、これは男の物語を語り継ぐ事は
その男の子供を生むという事を意味してます。

私はかなりの部分において結婚願望あるし、
子供も欲しいので別にこれは古い表現だな・・・と
思うくらいだけど、やっぱりコテコテの
ジェンダーなのだろうと思いますね。
男は早死にして、女は生き続けなくてはならないなんて・・・。そんなのせつな過ぎるよ〜。
生きるのは死ぬのと同様に四苦(四苦八苦)の中にあるのにね。

あれ?生きるのも死ぬのも同じ四苦の中にあるのなら
平等なのかな?とも思ったりしますが・・・

ファイヤー!!! 

2006年02月11日(土) 17時31分
いやぁ〜、
疲れた。ってか最近、足の調子が良くない。
この前、バイト中にちょうどヒザの高さにキッチンの
お肉とかが入ってる引き出しが空いてて、振り向きざまに
直激し、足のお皿が一瞬、外れました。

究極に痛かった。
30秒間くらい地べたに座りこんでしまいました。
しかも、どんどんお客さんが来てたので、そんな座ってる余裕はなく、
這い上がりました。



「立て!立つんだ!!」と心で叫びながら(笑)




マジで痛い。
しかも実は私はこの経験が初めてではないのです。
前にも一度、同じような感じでお皿ははずしました。
そのときは一人だったから、誰も「大丈夫?」とは聞いてくれなかった・・・。






今日もまた、バイトでした。
これからサークル。

今日は疲れた。込んだのも歩けど、それ以上に精神的に疲れました。
それは何故かというと
フライヤー(揚げ物)用の油を交換してる際に
手元のスイッチはオフにしてたのに、元の電源を入れてたために、
フライヤーの加熱部分がどんどん熱くなっていました。
途中で気付いたので、元のも消したのですが、
朝のオープン前。

そんな冷えるまで待ってる余裕はなし。
しかも、その前に店長から、新しいルール的なことの指摘を
受け、軽く時間も無かったし、ちょっとテンぱっていた。

「ええ〜い、熱いけど、新しい油を入れてしまえ!!!」と思って
油を注いだ瞬間、ファイヤー!!!!!!!




マジで
ビビりました。
幸い、一二年前に東海地震の脅威で、色んな番組で災害とか家事に関する
対処法の番組を見ていたために、
油から火が出た場合はもっと油を入れれば沈下するって事を知っていました。


ので、恐怖におびえながらも
油投入!!!!!
何とか火は消えましたが、
その後、ずっとテンぱったままでした。

その後、その機械の油の温度が全然上がらなくて、
もしや壊したか!!!と不安でしたが、
ちょっとしたら、温度も上がり、今では胸をなでおろしております。

でも、
人間ってやっぱ、動物ですね。
火は怖い!!!

古田!! 

2006年01月27日(金) 17時21分
今日、ほとんどの授業(テスト)が終わりました!!!!


いやぁった〜。後は、来週の金曜日の西洋思想史のテスト一つを
残すのみです。
にしても、実は再履のドイツ語が一番ヤバい
昨日テストだったんだけど、

一限、ドイツ語 テスト
二限、社会政策 テスト
三限、特別活動論 テスト&レポート提出
四限、地理歴史教育法2c レポート提出
五限、ゼミ

昨日がテストWEEKの中でマックスにヤバい日でした。
レポートもやったりしてるとテスト勉強もままならず・・・。
社会政策なんて一回も勉強せずに挑戦!!!
先生も問題の出し方が記述でありながら答えやすかったために何とかできたけど、
ドイツ語はもう無理です・・・
勉強したけど、先生・・・ひどいよ〜。
原先生〜かえって来て〜。

なんかほっと一息ついてドイツ語のことを思い出すとかなり寂しくなります。
どっかに旅行に行って、現実逃避したい・・・

まぁ、今日の法学のテストは先生がもともと簡単だよと言っていたとおり
そんなに難しくなかったし、出来ました
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像すかし
» 闘病 (2008年10月20日)
アイコン画像ぷるん
» 闘病 (2008年10月06日)
アイコン画像まさる
» 闘病 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 闘病 (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» 闘病 (2008年09月25日)
アイコン画像toru
» インターネットのニュース (2006年12月23日)
アイコン画像はるか
» インターネットのニュース (2006年12月21日)
アイコン画像毒室伏
» 昨日 (2006年10月31日)
アイコン画像toru
» 昨日 (2006年10月26日)
アイコン画像ほぼ室伏
» 昨日 (2006年10月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:toc_co
読者になる
Yapme!一覧
読者になる