歯周病の初期段階である歯肉炎

May 07 [Thu], 2009, 13:52
歯肉炎とは、歯肉にだけ炎症が起きている歯周病の初期症状のことです。歯と歯の間にある歯肉が赤くはれ上がり、口の中がネバっとしてきます。炎症を起こして弱っているので、歯磨きをすると出血しやすくなります。

また、痛みや見た目の変化が大きくないため、自覚症状がないのが歯肉炎の特徴です。健康な歯肉はピンク色をして引き締まっていますが、歯肉炎の場合は炎症が起こっているので赤くはれ上がっています。よく観察すると見分けることができるかもしれません。一番安心なのは定期的に歯医者さんにチェックしてもらうことです。プロの目はごまかせんませんので。

歯肉炎の段階だと、炎症が歯肉にしか起こっていないので、正しいブラッシングを行って歯垢をキレイに取り除けば、治療することが可能です。この歯肉炎を放っておくと、症状が悪化し、炎症が骨の部分にまで到達してしまうと歯周炎の状態になってしまいます。

http://www.periodontal-g.com/kind/page2.html
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tobewi
読者になる
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる