【 更新情報 】

スポンサードリンク

銀座の古窯はビーフシチューで有名

ビーフシチューがおいしい古窯(こよう)という山形の上山温泉の有名高級温泉旅館が構えるお店です。場所は銀座の7丁目ですが」ここのビーフシチューが凄いらしいですよ。くるまでに箸袋を見ると「ご来館祈念らくやき画廊」として著名人がたくさんついていますね草野仁、橋本龍太郎、中村玉緒、櫻井よし子、美川憲一、北大路欣也、宮尾登美子、千代の富士(九重親方)、服部幸應、有森裕子、泉ピン子、北杜夫など多くの有名人がここには来ているようですね。という間にビーフシチューがきましたよ。和風ビーフシチューです。グツグツ煮立てた状態で真ん中には卵が載っています。デミグラスソースに牛肉がとけているようです。卵を壊しながらシチューと一緒に食べてください。ふんわりした食感がお気に入りになるはずですよ。最初は取り皿にとりましたが途中から鍋から食べてもいいですね。つけあわせは、ご飯と味噌汁にサラダと漬け物にパンです。和風ということでビーフシチューの中には豆腐が入っていてちょっとびっくりしました。 ごはんはお代わり自由みたいですよ。米沢牛をたっぷりと煮込んだビーフシチューを一度食べてみたいものです。

>>お手軽にビーフシチューを作るなら<<

本格的ビーフシチュー作るぞ

グツグツ煮ることでおいしいビーフシチューは完成します。
ただしお水は一滴も使いません。じゃあ水分はどうするかというと赤ワインや
トマトソースそして野菜自身の中から出る水分で作れば簡単にすごくおいしい
ビーフシチューが出来上がります。材料は好きな部分の牛肉が750gほどで
人参は細くてかまわないので4本、玉ねぎが大きいのが一つ、セロリが2本
にんにく二かけら、あとは赤ワイン500mlにバター大さじ5にお肉にまぶすだけの
小麦粉、チキンかビーフのブイヨン、パスタ用トマトソース、塩小さじ2、
サワークリーム好きなだけという感じかな
まず人参、玉ねぎ、セロリ、肉、にんにくを切ってください。
にんにくのみみじんぎりにする。肉にコショウをかけて、ビニールに入れて小麦粉を入れて
絡ませ肉を取り出す。油をひいたフライパンににんにくを入れて炒め匂いがしてきたら
玉ねぎ入れてしんなりしてきたらセロリや人参も入れて炒め火を止める。肉厚の鍋に
油を入れて中から強で肉を焼くよい焼き色がでてきたら赤ワインを300mlいれておく。
肉がこびり付いてもワインを煮れば取れます。先ほど炒めておいた野菜を入れて
野菜が少し見える程度でいいので赤ワインを入れてトマトソースとブイヨンを入れ
2〜3時間煮込む。肉はやわらかくなったら砂糖大匙1と塩を入れて味を調節しま
す。とろりとしてきたらバターを大さじ1から3くらいを足して完成です。
サワークリームを入れてもとてもおいしいですよ。